ひと昔前は赤ちゃん太陽の光を一杯に浴びるのが健康的と言われていましたが、
紫外線の有害性が分かってきた現代では、どうなのでしょうか。

ですが、いくら紫外線が身体に悪いからと、全く日に当てずに赤ちゃんを過ごさせるとそれもまた良くないのだとか。

今回は、赤ちゃんと日焼け、そしてその対策についてご説明します。

<Sponsored Link>

赤ちゃんを紫外線に当てすぎるのは良くない!

昔は、発がん性シミなどの紫外線の害がわかっていなかったため、
赤ちゃんはどんどん日光に当たって日焼けするべきと言われていました。

でも、現在ではその常識は覆されたようです。
今は、赤ちゃんも紫外線に当てすぎるのは良くないという考えが主流です。

やはり、研究が進んで紫外線の害がわかってきたため、
赤ちゃんの繊細なお肌にはダメージが強すぎるというのが理由です。

赤ちゃんが紫外線に当たり過ぎると、シミシワなどの肌老化の原因になり、
お肌の免疫力が落ち、そしてやはり皮膚がんの発症率が上がると考えられています。
また、白内障の発症率も上昇するとのこと。

赤ちゃんのお肌は弱くて未熟なので、
大人よりも紫外線の影響を受けやすいとも言われています。
そのため、日焼けはさせないように配慮するのが正解のようです。

ところで、日焼けは夏にするものだと思われがちですが、の紫外線も意外と強いため侮れません。

冬は露出が少ないため大人はあまり日焼けを意識しませんが、
赤ちゃんの敏感な肌にはしっかりダメージが与えられているものと思いましょう。

日光を避けすぎるのも害がある

なぜ、昔は子供は日光にどんどん当たるべきと言われていたのかというと、
それは紫外線を浴びることによって体内でビタミンDが合成されるということがわかっていたからです。

ビタミンDは、カルシウムの吸収に必要なビタミンで、成長期の子供には欠かせない栄養素です。
現在でも、ビタミンDを日光浴で合成するべきだという考え方は変わりません。

日光に当たらずに育った子供は「くる病」という骨格が異常に曲がる病気を発症しやすくなってしまうため、適度に光に当てた方が良いのは確かです。

赤ちゃんの紫外線対策は

晴れた日の外出は、大人なら日焼け止めを塗って終わりにしたくなりますが、赤ちゃんにはそれは危険です。
お肌が弱い赤ちゃんの場合、日焼け止めは負担になることもあるからです。

なるべくお肌の露出を避けるファッションをして、日傘をさして光を遮るのが先です。
ただ、あまり着せると暑さで赤ちゃんの具合が悪くなる夏場は日焼け止めの出番です。

こんな時は大人と同じ日焼け止めではなく、ベビー用の日焼け止めを塗りましょう。
ベビー用を選ぶなら、石鹸で落ちるもの、そしてノンケミカルのものを選ぶのがおすすめです。

これらは泡立てた石鹸で撫でるように洗うだけで落ちるので、お肌への負担が気になりません。
逆に、落としやすいということは汗でも落ちてしまうということなので、こまめに塗りなおして下さいね。

ただ、生後3か月までの赤ちゃんの場合、
ベビー用でも日焼け止めはなるべく避けるべきと言われているので、
長時間外に出さないようにして、やむを得ない場合はやはり布などで光を避けるようにしましょう。

日焼け対策についてはこちらの記事もご参考に!

もし、日焼けしてしまったら

もしも、以上のような配慮をしても赤ちゃんのお肌に日焼けができてしまったら、
まずは冷やしてあげるのが鉄則です。
冷やす」と言っても、氷水でガンガンに冷たくするのではなく、水道水くらいの温度の水で濡らした布を当てる程度にして下さい。

そして、ほてりが無くなったら、ワセリンなどで日焼けした部分を保護して様子を見ます。
帰宅後に日焼けに気付いたならこれだけで良いですが、外出先で日焼けに気付いた場合は
手当した上からまた日焼け止めを塗って、ダメージが重なるのを防ぎましょう。


赤ちゃん用ワセリンを外出時に持ち歩くと安心ですね。

日焼け部分が赤くなっているくらいならこれだけできれいに治ることが多いですが、
水ぶくれができていたり、ただれたりしている場合は念のため病院で診てもらって下さいね。

まとめ

いかがでしたでしょうか。
赤ちゃん日焼け、そして紫外線対策についてお伝えしました。

赤ちゃんにも紫外線を当てない方が良いと言われるようになったのは2000年ごろ、
それほど昔ではありません。

それが今では、皮膚病、免疫力、そして白内障と、たくさんがあることがわかり、
ベビー用日焼け対策グッズもたくさん登場しました。

たくさんあるベビー用日焼け止めを選ぶのは迷ってしまいそうですが、
ノンケミカル、無添加、石鹸で落とせるものならまず大丈夫でしょう。

少し高くても、赤ちゃんに負担の無いものを選んであげて下さいね。