冬場によく見られるあかぎれ・・・ぱっくりとひび割れてしまい、
血が滲み出て、痛みを感じることもあると思います。
日常生活のさまざまな場面でしみて痛むことでしょう。

そんなつらいあかぎれにはビタミンが効果的とは、どういうことなのでしょうか?
あかぎれの原因や症状、効果のあるビタミンについて紹介していきます!

<Sponsored Link>

あかぎれとはいったい何?

2013289811745

寒い冬になると空気が乾燥し、どうしても肌が乾燥しやすくなります。
肌には溝があり、乾燥するとその溝にそってひびが入ってしまいます
地面が乾いて亀裂が入るのと同じ状態です。

このひびが入って表面が割れた状態が進行し、真皮層まで裂けてしまうことをあかぎれといいます。

詳しくはこちら!


あかぎれの原因は、冬の空気の乾燥だけではなく、冷えも関係しているのです。
体が冷えてしまうと、血行が悪くなります。

血行が悪くなると、細胞に栄養が行き渡らなくなるので、
細胞の生まれ変わりに必要な栄養が不足し、肌のターンオーバーが遅れてしまうのです。
血行がよければ傷ついてもすぐに回復できるのですが、
血行が悪くターンオーバーが遅れてしまうと、
傷の治りが遅くなってひびが治りにくくなるのです。

そして、ひびから症状が進行してしまい、あかぎれになってしまうのです。

また、あかぎれの原因として、生活習慣もあります。
水仕事や美容師など水に触れる機会が多いと、
シャンプーの洗浄成分で皮脂が奪われて肌のバリア機能が低下してしまうのです。

このバリア機能の低下が手荒れを招き、あかぎれになってしまうことがあるのです。
冬は乾燥や寒さなどが厳しく、特にあかぎれができやすい季節なので、
いつも以上に肌の保水保湿を心がけておくようにしましょう。

あかぎれの症状とは?

あかぎれとは、一般的には「主婦湿疹」とも呼ばれていて、
手のひらや甲など手にできる湿疹のことを言います。

あかぎれの症状としては、
「手の皮膚の乾燥」、
「手や指ににかゆみをともなった小さな赤いポツポツができる
「手や指の皮膚が硬くなる」、「手や指に亀裂ができる
「手や指の皮膚が剥けてしまう」というものがあります。

症状といっても人によって違いはあるのですが、
ただの手荒れだと軽く考えて治療を怠ってしまうことも多いのです。

あかぎれの症状が出た場合、自分の判断で手荒れ用の保湿剤や
ハンドクリームなどでケアしてしまうことも多いでしょう。
中には、かゆみを伴った湿疹の場合、とても強いかゆみを伴う場合もあります。

かゆみがおさまると、皮膚が硬くなって亀裂ができ、
皮膚が剥けてしまう状態になることもあります。
症状の重い人では、冬だけではなく夏場にも手荒れを起こしてしまう人もいます

もし、自分ではただの手荒れだと思っていても、
皮膚科へ行ってみると、「手湿疹」などと診断されることもあります。
日常的に手荒れに悩んでるのであれば、一度皮膚科へ行って診察してもらうことおススメします

手湿疹」の原因は、肌のバリア機能が低下してしまい、手や指先の水分が不足することです。
よって、手に刺激や摩擦などが加わることで、手の乾燥、
ひび割れ、あかぎれ、強いかゆみなどの症状を伴います。

あかぎれに効果のあるビタミンとは?

ef1c27be105aa2355f0aa293de260937

あかぎれは、痛いしかゆいし本当につらいものです。

あかぎれのない手で過ごしたいという方は、クリームなどの外からの対策だけではなく、
食べ物による内側からの対策をすることをおススメしたいと思います。
肌の健康を保つために重要な栄養素は、やはりビタミンなのです。

手荒れだけではなく、美肌にも良いので、ビタミンは普段から積極的に摂取したい栄養素です。

あかぎれに効果的な主なビタミンの働きを紹介します。

ビタミンA
お肌の抵抗力を高めます
ビタミンB2
ひび割れ、炎症を予防します
ビタミンC
メラニン色素の生成を予防します
ビタミンE
抗酸化作用、血行を良くします

これらのビタミンをバランスよく摂取することで、
あかぎれを予防することができ、しかも美肌にも効果抜群なのです。

そして、ビタミンが多く含まれている代表的な食品としては、
ビタミンA(かぼちゃ・にんじん・ほうれん草などの緑黄色野菜
油での吸収が良いので、炒め物などで摂取するとよいでしょう。

ビタミンB2(豚肉、のり、チーズなど)
ビタミンC(レモン・パセリ・じゃがいも)もおススメです。

ただし、ビタミンCは水・空気・熱に弱いので、
早めに調理して食べるようにしょう。
これらに合わせて、ビタミンE(アーモンド・ナッツ類・煎茶)も含め、
バランスよく毎日の食事に取り入れるようにしましょう。

ドレッシングにアーモンドを砕いて入れるとすごくおいしいですよ( *´艸`)
お野菜も摂れていいことづくめですね(*^^*)

まとめ

最後になりますが、あかぎれには外側からの対策だけではなく、
内側からのビタミンによる対策もおこなうようにして、予防していきましょう。