辛い花粉症の季節がやってきました。
毎日頭痛はするし、鼻もむずむずしてどうしようもない時は薬に頼りますよね。

なかでも人気のあるアレグラは毎年大量に消費すること必須です。
この記事ではアレグラよりやすく手に入るアレグラのジェネリック効く効かないか、
効かないとしたらどんな原因が考えられるかについて書きます。

<Sponsored Link>

ジェネリックとは?

新しい薬品が開発されるためには相当な金銭的、時間的投資とたくさんの人の手がかかります。

しかし、新薬が開発されてから約20年以上経つと特許が切れて、
主成分が同じ類似品を開発した会社以外が作れるようになります。

ジェネリックとは、ある薬が開発されてから新薬と有効成分が同じで、
同じ効果や安全性が保証された医薬品のことをいいます。

新薬との効果の違いは?

主成分が同じでもその成分をコーティングするために使われている添加物
製剤特許が切れていなければ、錠剤やカプセルのような薬の剤形を先発医薬品と同じにはできません。

ですから効き方に差が出てくるのです。

例えば、胃で効果を発揮する成分が胃で溶けるカプセルの中に入っていたとします。
しかし、このカプセルの製剤特許が取れないとなると似たような作用をする異なるカプセルで代用しなければいけません。

すると同じ胃で溶けるものだったとしても溶けるのにかかる時間などが異なってたりします。
これが効果の違いを生むのです。

アレグラの効果についてはこちらの記事もご参考に!

アレグラのジェネリック

アレグラ2000年に厚生省から製造承認されました。
そして、ジェネリック品は2012年に製造・販売が始まりました。

そのアレグラのジェネリックとしてFexadyne(フェクサダイン)があります。
これは抗ヒスタミン系の花粉症改善薬でヒスタミンはアレルギー症状を引き起こす原因となる物質です。

アレグラ含めこの薬は第二世代のヒスタミン薬と言われ、
フェキソフェナジン塩酸塩」を配合した鼻炎薬です。

第一世代と比較すると強い眠気が抑えられています。
お医者さんや薬剤師さんからの支持が熱いお薬なのです。

花粉症に悩まされている人は毎日アレグラを飲まなければいけない人もいると思います。
アレグラは一粒(60㎎)70円ですから、月に2500円くらいの出費となりますね。

ドラッグストアでも購入が可能ですよね。

一方で個人輸入のアレグラ・ジェネリックなら6分の1の値段で済みます。
お医者様から用法容量を聞けない上、
本家アレグラとは剤形に使用されている成分が違う可能性があるので、
ちょっと躊躇しますが月420円くらいで済むのなら購入を検討してもいいですね。

そんな方々のために飲み方と注意事項を紹介しておきますね。
この通りに飲んだのに問題が起きても、責任は取れませんので悪しからず…

フェクサダインは120㎎が出回っているようなので半分に割って朝と夜の二回、
割った半分を服用するのが良いみたいです。
シーズンの1か月くらい前から飲んでいればより良いそうですね。

グレープフルーツなどのかんきつ類と飲むと効果が減弱するそうです!

薬以外の花粉症の予防方法は?

花粉症は腸内の免疫細胞バランスの乱れによって生じやすくなると言われています。
ですから、日頃から腸内環境を整えて花粉の時期に備えることが一番の予防策だと考えられます。

最近では腸まで届く特定の乳酸菌の入ったヨーグルトがいいなんて言われていますよ。

まとめ

辛い春の花粉症を安く予防できることがわかりました。
安くアレグラと同じ成分のお薬が変えるなんてしっかり前もって飲んでおけますね。

わたしも他の薬で個人輸入などで処方箋なしでお薬を買っていますが
処方してもらうのと比べても遜色ありませんよ。

この機に考えてみるのも、ありかもしれませんね!