アレルギー性鼻炎って辛いですよね。
薬を処方してもらえば楽になるけど、種類もいろいろあります。
何がいいのでしょうか?

民間療法的かもしれないけど・・・
ビオフェルミンビタミンDがいいと聞いたけど本当なのでしょうか?
ヴェポラップで少し楽になりのでしょうか?

メカニズムを知れば対処がわかるかもしれません。

<Sponsored Link>

アレルギー性鼻炎の原因

2016-07-24b

アレルギー性鼻炎は、透明のサラサラした鼻水が出ること、
鼻づまり、連発して出る発作的なくしゃみが主な3つの症状を出すアレルギー疾患です。

原因の多くは花粉やハウスダストなどの原因物質を吸い込むことで
鼻の粘膜から体内に入り起きるアレルギー反応です。

アレルギー性鼻炎には2種類あり、
毎年同じ時期に花粉などを原因として
起きる季節性アレルギー性鼻炎(花粉症)と
季節に関係なくハウスダストなどを原因に起きる通年性アレルギー性鼻炎があります。

どちらにも敏感に反応してしまう人が多いようです。

アレルギー性鼻炎の原因となるほとんどの抗原は、
呼吸することで体内に入ってくる吸入性のものです。

繰り返し抗原を吸い込むことでアレルギー反応が起きて不快な症状が出てしまいます。

アレルギー性鼻炎になるのはその人自身の
遺伝的な体質によるところが大きいために完全に予防することは困難です。
生活環境から原因となる抗原を取り除き原因を避けることで症状を軽くなると言われています。

症状別に効く薬

薬物治療は一般的に抗アレルギー薬を中心に必要に応じて
症状を和らげる効果の薬を併用する治療法です。

抗アレルギー薬のケミカルメディエーター遊離抑制薬は、
効き目が現れるのが遅く1~2週間は飲み続けるなければ効き目がありません。

続けることで鼻づまりを解消する率が上がります。
ケミカルメディエーター受容体拮抗薬の
第2世代ヒスタミン拮抗薬(抗ヒスタミン薬)は症状全般を改善できます。

十分な効果が出るまでに2週間程度を要しますが
初期に開発された第1世代ヒスタミン拮抗薬よりも眠気などの副作用が少くなっています。

トロンボキサンA2拮抗薬は鼻づまりをはじめ、
くしゃみ、鼻水にも効果がありますが
血小板が固まるのを抑えてしまうために脳血管障害・虚血性心疾患の
抗血栓治療などをしている場合は併用に注意が必要です。

ロイコトリエン拮抗薬は鼻の粘膜の腫れを抑えて鼻づまりを改善するので、
第2世代ヒスタミン拮抗薬よりも効果が早く出ます。

併用してステロイド薬の局所ステロイド薬(点鼻薬)・飲み薬で
鼻粘膜の炎症を抑えて鼻水・鼻づまり・くしゃみに優れた効果があります。
比較的早く効果があり抗アレルギー剤の経口薬と併用して使用することで
症状を抑える効果が高くなります。

α交感神経刺激薬の点鼻薬は自律神経作用薬で
鼻づまりはすぐに治まりますが継続して使用すると効果が持続しなくなり、
かえって慢性的な鼻づまりを引き起こしてしまうことがあります。

薬は継続して使うことで効果が出るものが多く、副作用もある場合が
あるので症状をみながら症状が軽減できるように
自分の症状にあった薬選びが必要になります。

ずっと飲み続けられればいいのですが、
何か他にもいい方法があるのでしょうか?

薬以外で何か改善できるものはないのでしょうか?

新ビオフェルミンSはご存知ビフィズス菌です。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

直接効くのではなく、アレルギー体質の人は腸内環境が良くないと言われています。

腸内環境を整えて体質を改善するという意味では
副作用も少ないと言われているので
継続的に使えて体質改善することになるのかもしれません。

新ビオフェルミンSのお求めはこちら

ビタミンDは皮膚の殺菌・バリア機能を高めてくれる効果があると言われています。
バリア機能が正常に働けばアレルギーの元を体に取り込みにくくできますね?

アレルギー疾患をかかえている人は
ビタミンDが不足していることが多くあるそうです。
しかし、ビタミンDは過剰に摂取すると副作用があります。

摂取の上限が2,000IUと決められています。
食事のバランスを整えて日光浴することで体に生成されることが望ましいようです。

太陽を浴びる機会が少ない人は、適度に外出することも大事です。

ビタミンDの話の動画はこちら

ヴィックスヴェポラップは風邪の時などに
胸に塗って鼻を通すと言われている物ですね。
これを鼻の下に少し塗ると鼻が通るそうです。

でも鼻の下では荒れてしまうこともありますよね・・・
そんな時は何かにつけてそのメントールの匂いを感じるだけでも効き目が少しあるようです。

まとめ

2016-07-24c

アレルギー性鼻炎は一度なってしまうとなかかな完治できません。
何かのきっかけですっかり治ったという話を聞くこともあります。
薬で上手にコントロールしながら、
副作用の少ない体質改善や対処をしながら少しでも快適に過ごせるといいですね。