夏になると結膜炎になる子供が多く、プールも禁止されてしまいます。
眼科でアレルギー性結膜炎と診断されたけど、プールは止めた方がいい?など気になります。

同じ結膜炎という病名がついていますが、
細菌やウィルスが原因ではないので、プールは症状がひどくなければ、入っても影響はありません。

アレルギー性結膜炎はアレルギーが原因で、眼に症状が出ている病気です。
そのアレルギー性結膜炎について説明させて頂きます。

<Sponsored Link>

普通の結膜炎との違い

2016-08-28b

一般に結膜炎と言っているものは、細菌性結膜炎ウィルス性結膜炎咽頭結膜炎などです。

細菌性結膜炎は、普段から身の回りにいる黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌が、
身体の抵抗力が弱まった時に病気の原因となる結膜炎です。

感染力は、強くありませんが抵抗力の弱い人には感染することがあります。
ウィルス性結膜炎は、「はやり目」と言われている結膜炎です。

アデノウィルス、エンテロウィルスが原因となり、感染力は強いです。
咽頭結膜炎は、「プール熱」とも呼ばれていて、アデノウィルス3型が原因です。

プールで感染することが多く、
結膜炎の症状のほかに、発熱、喉の腫れなどの症状がでます。
アレルギー性結膜炎は、細菌やウィルスが原因ではないので、感染することはありません。

ハウスダスト、花粉などのアレルゲンが原因となってアレルギーをおこし、目に症状が出る病気です。
目の結膜は、常に外界と接しているので、アレルゲンが入りやすく、
アレルギーの原因となる物質が涙で溶けやすく、アレルギー症状が出やすいといわれています。

プールやお風呂の対応は?

プールは、眼が少し充血している程度なら問題ありません。
ただ、プールの塩素で症状が悪化するのを防ぐためにゴーグルを使えば問題ありません。

症状がひどくて、目や瞼が腫れ、目やにがひどい場合は中止したほうがいいそうです。
症状が落ち着いて来たら大丈夫とは思いますが、
入る時期など悩んだときは、眼科の先生に相談してください。

プールの後の目の洗浄をしたほうがいいといいますが、
水道水は悪化してしまうことがあるので、目薬などで洗うほうがいいそうです。

お風呂は、感染の心配はないので問題はありません。
水道水の塩素でも、悪化することはあるようなので、
できるだけ目にお湯やシャンプーなどが入らないように注意したほうがいいです。
お子さんの場合は、どうしても入ってしまうので、
髪を洗うときは、シャンプーハットや、ゴーグルを使うと目に入らないですよ。

普通に売っている目薬は差しても大丈夫?

目が少し充血している程度なら市販の点眼薬で症状は落ち着きます。
目やにがひどい、目が腫れるなどの症状がある場合は、眼科を受診して処方された点眼薬を使ってください。

放置すると目のかゆみで掻いていると、目を傷つけてしまいます。
市販の目薬を使う場合は、抗アレルギー抗ヒスタミン薬と表示されているものがお勧めです。
それぞれの口コミと一緒にご紹介します。

サジテン点眼薬

参照:http://item.rakuten.co.jp/

[私自身も去年は店員の薦めでザジテンAL点眼薬を利用しました。
花粉症で目がかゆい&頭がボーっとする&頭痛で悩んでいた旦那さんが、
これを差すと「すごくスッキリする。助かった」と大絶賛。
私は花粉症でくしゃみが止まらないときに、ザジテンの鼻炎スプレーを使いますが、これまたピタリとくしゃみが止まります。
医薬品に分類されているだけあって、効果テキメンです。ホント超おすすめです〜!!]
サジテン点眼薬のお求めはこちら

ロートアルガード

参照:http://item.rakuten.co.jp/

[目だけかゆくなる花粉症なので花粉でデリケートになった目や
ハウスダストを感じ際に無性に目が痒くなるのですが「ロート アルガード」
スタンダードタイプを3滴くらいさすとスッと痒みがおさまります!]
ロートアルガードのお求めはこちら

アルピタット

参照:http://item.rakuten.co.jp/

[アルピタットのクールタイプを使ってます。
私は、眼と鼻ともにハウスダストや花粉のアレルギーがひどく、
かゆくなりだすと止まらないので、その都度眼科に行って目薬をもらっていました。
眼科の目薬も効くのですが、この目薬はすごくいいです。
市販のとは思えないくらいで、クールタイプと言っても少ししみる程度で強い刺激はなく、
むしろ炎症を抑えてくれるようで心地よく感じました。あまりに良かったので書き込みしてむした笑(^O^)]
アルピタットのお求めはこちら

サンテアルフリー新目薬

参照:http://item.rakuten.co.jp/

[購入して大正解。目がスーッとして気持ち良いです。かきむしった後にはしみるけど、それ以外のときはちょうどいい冷涼感。そしてかゆみもピタッとおさまります。一番ひどいときでも3時間おきに差すくらいで済みました。アレルギー用の目薬の中では、今のところこれが一番良く効きます。]
サンテアルフリー新目薬のお求めはこちら

[レビュー引用元:@cosme]

アレルギー性結膜炎の予防と対策

アレルギー性結膜炎は、殆どが、花粉が原因といいます。
花粉はスギだけでなく、
イネ科でもアレルギーの原因になるので、ほぼ1年通して飛んでいます。

ゴーグルやマスクを着用して、
体内にアレルゲンを入れないことが予防になります。

花粉を家に入れないことも大切で、家に入る前に花粉を落とす、
布団を外に干さないなどの対策は必要です。
ハウスダストが原因の場合は、小まめな掃除が必要で、
枕カバーやシーツを小まめに洗濯するとアレルゲンを減らすことができるそうです。

まとめ2016-08-28c

アレルギー性結膜炎は、
細菌やウィルスが原因ではないので、感染することはありません。
プールや水道水の塩素で症状がひどくなることもあるので、ゴーグルは使ってください。
一番の予防は、花粉やハウスダストを、体に入れないようにすることです。

体の調子が悪くなるとアレルギー症状もひどくなることが多いようです。
花粉症の人は、アレルギー性結膜炎を起こしている人がほとんどです。

鼻水などの症状もあります。
目と鼻はつながっているので両方のケアをすると症状も軽くなります。
アレルギーがひどくなると、喘息を起こす場合もあるので、その前に病院にいきましょう。