美味しいだけではなく、健康にも良いとされるアーモンド

脂質が多い印象があるナッツ類の一つですが、
上手に活用すればダイエットにも使えると、
あさいちでも紹介されて話題になりました。

今回は、アーモンドの効果
ダイエットに使う方法などについてご説明します。

アーモンドはどんな食べ物?

2016-11-24b

アーモンドバラ科モモ属
つまり私たちが普段フルーツとして食べている桃やあんず、
さくらんぼのお仲間に当たります。

これらのフルーツは果肉を食べますが、
アーモンドは種子を食べるという違いがあります。

アジア西南部が原産の植物で、
現在は南ヨーロッパやアメリカ、
オーストラリアが主な生産地ですが、
少量ながら日本でも小豆島で栽培されています。

アーモンドの利用法としては、
種子をそのまま、または味付けして食べるだけではなく、
細かく刻んだり粉末にしてお菓子に利用したり、
種子を水に浸けてやわらかくし、
それを絞ってアーモンドミルクを作って
牛乳の代用飲料にするなど幅広く活用されています。

また、アーモンドから絞られた
アーモンドオイルは料理だけではなく、
化粧品マッサージオイルなど美容にも使われます。

身体にどんな良い効果をもたらすの?

世界中で親しまれている美味しいアーモンドですが、
美容や健康にも良いということは最近話題になっていますよね。

例えば、アーモンドには豊富なビタミンEが含まれています。
若返りのビタミンとも呼ばれるビタミンEを手軽に摂取できるのです。

そして、食物繊維が豊富なことから
便通が良くなるということも嬉しいポイントです。

また、アーモンドには「AGE(終末糖化産物)」というお肌や
血管の老化原因となる物質の生成を阻害する働きがあることがわかっています。

AGEは血糖から作られる物質のため、
誰の体内にもありますが、
これが多いと見た目の老化だけではなく、
認知症ガンなどを引き起こすとも言われています。

つまり、アーモンドを適度に食べる習慣を付けると、
見た目が若返るだけではなく、
体内も若返り、健康を維持できるということです。

あさイチで紹介のアーモンドダイエットとは

そんなアーモンドでダイエットする方法を、
数年前の「あさイチ」で紹介されていたことを覚えているでしょうか。

あさイチで推奨していたアーモンドの食べ方は、
一日手のひら一杯、25gを数回に分けて食べるというもの。

これを、最低5カ月は続ける必要があるとのことでした。
このようにしてアーモンドを食べ続けることで、
食物繊維による便秘解消からダイエット効果が期待できます。

また、アーモンドの働きによって
脂肪の吸収が抑制される利点もあります。

このように、ダイエットの観点から見て
効果が高いことがわかるアーモンドですが、
先にお話ししたように
美容や健康への効果もあるのですから、
試さないわけにはいきませんよね。

こちらの記事もご参考に♪

アーモンド、今買うなら?

ここでお話しした方法を紹介した「あさイチ」は、
2012年に放送された内容ですが、
放送直後はどのお店でも
アーモンドが品薄になるという現象が起きたため、
当時は入手できなかったという人もいるのではないでしょうか。


このように、放送初日に買いだめする人が多く、
少し出遅れると手に入らないという事態でした。

でも、今ならかなり入手しやすくなっています。
確実に手に入れるなら、ネット通販を利用するのがおすすめですね。

素焼きではなくをおすすめします。

生だと話題のアーモンドミルクも作れますし、
(ダイエットには向きませんが)お菓子作りにも使えるからです。

健康のためにそのまま食べる場合は、
トースターなどでその都度焼けば香ばしいものがいつでも食べられますよ。

まとめ

2016-11-24c

いかがでしたでしょうか。

ダイエット美容のためという目的からは離れてしまいますが、
たまに屋台などで見かけるドイツの焼きアーモンドって、とても美味しいですよね。

砂糖とシナモンなどを絡ませた、カリカリのあのおやつです。
一時、あの焼きアーモンドが好きで毎日たくさん食べていたことがありますが、

その頃は、便秘知らずの生活を送っていたように思います。

もちろん、アーモンドの食べ過ぎで
ニキビが出たり、太ったという覚えもありません。

ダイエットを目的とするなら、
当然味付けしていないアーモンドの方が適していますが、
美味しく食べることを優先するなら、
たまには甘いアーモンドやしょっぱいアーモンドを食べてみるのも良いのではないでしょうか。