アンテベートクリームはステロイド外用薬です。
痒みを抑える効果があり、
ひどい痒みで掻きむしりが起きる時に効果を発揮する薬と言って良いでしょう。

虫刺されにも効果があり頭皮にも使え、効果が高い為利用しやすい薬です。
塗る場合は少量を広げるような塗り方をすると良いとされています。

アンテベートクリームの効能

2016-06-02b

アンテベートクリームはステロイド外用薬なので医師の指導の元使用する事が求められます。

ステロイド外用薬とは副腎皮質ホルモンを含んだ薬と言う事で、
炎症と身体の免疫機能を抑えこむ性質があります。
これによって痒みを抑えているのです。

ステロイド薬はその強さを5段階に分類していて、
このアンテベートは上から2番目の強さを持つ薬となっています。
強い薬は薬効が強力で痒みを早く止める力があります。

しかし、その一方で免疫や皮膚組織などを弱体化させる作用もあり、
そもそも対症療法の薬である事から根本的な治療にはならない為、
強い痒みを抑える為の短期使用を目的とした薬です。
主に痒みによる掻きむしりによって患部の治癒が進まない時に使用されます。


虫刺されなど単発的な症状ならこれだけで治る場合もあります。

アンテベートクリームの使用方法

アンテベートには軟膏、クリーム、ローションが発売されていて、
クリームは軟膏と比べてべとつかず、
ローションのように流れない為使いやすい形状と言って良いでしょう。

特に頭皮などの蒸れやすく曲面になっている部分には
クリームを使うのが良いと考えられます。

ただし、使用の判断は医師と相談の上行ってください。
塗り方としては1日1回から数回
チューブから少量を取り出して患部に広げるように塗布します。

患部以外の所には極力塗らないようにしましょう。
特に皮膚の弱い部分、顔や脇の下、
足の付根の鼠径部などには使わないようにしてください。

前述したようにこの薬には免疫力を低下させる作用がある為、
細菌などが原因の皮膚疾患などに使うと悪化させる場合がありますので、
くれぐれも余っていたから痒い所に使おうと思ったりせずに医師の判断を仰ぎましょう。

また、長期治療によって様々な副作用が懸念される薬でもあります。
くれぐれも自己判断での使用は避けてください。

虫刺されとアンテベート

虫刺されと言っても刺された虫によってその症状は違います。
アンテベートが効果を発揮する虫刺されは痒みをもたらすタイプの虫刺されです。

痒みのある虫刺されは皮下に注入されたアレルゲンに身体が反応する事で痒みが
発生するので、これを治めるにはアレルギー反応を抑えこむ必要があります。

そこで活躍するのがステロイド外用薬という訳です。
特に痒みが強い場合は強いステロイド外用薬が必要となるので
強めの薬であるアンテベートが処方される事が多くなります。

この症状がアレルギー反応である以上はその症状も人それぞれという事になり、
特に過敏に反応する方の場合はひどく腫れたり水ぶくれが出来たりして、
酷い痒みを発症してしまう事があります。

それを無意識に掻く事で傷を作ったり化膿させたりと
症状を悪化させる場合があるので早めのステロイド外用薬の使用によって
最初の段階で痒みを止めて悪化を防ぐという目的があります。


痒みが酷い方にはとても頼もしい薬ですが、
強い薬なのでくれぐれも医師に処方してもらうようにしてくださいね。

実はよく分かってないステロイド薬

2016-06-02c

ステロイド薬というのは
人の身体の副腎という臓器で作られる副腎皮質ホルモンの中のステロイドホルモンを利用した薬です。

このステロイドホルモンは身体の中で
様々な調整を行う為に分泌されるホルモンである事、
そして強力な抗炎症作用と免疫抑制作用を持つ事が分かっています。

発見時には様々な病気に効果がある万能薬のような物としてもてはやされました。
その一方で様々な副作用があります。
元々身体の中に存在する物なので危ない物ではないのでは?と思うかもしれませんが、
ホルモンという物は身体がその全体の調整をする為のいわば命令書のような物です。

つまり外部から投入されるホルモンは本来の司令官以外から出された命令書です。
船頭多くして船山に登るということわざがありますが、
外部からのホルモン投与が長期間に及ぶと身体に様々な変調が現れる事となります。

顔が丸くなったり、毛深くなったり、
塗布続けた皮膚が荒れたりと色々な弊害があるのです。

なによりもステロイド薬は効果がある事は分かっていても
具体的にどうして効果があるのか未だ分かっていません。
ステロイド薬を使う事に賛否両論ある理由がここにあるという訳です。

未だ解明されていないものを長期的に使用するのは不安ですよね。
ステロイドはとてもひどい時だけ使うようにし、
症状が比較的落ち着いている時は天然由来のオイルやクリームで
保湿し、かゆみをやわらげましょう。