「そんながあるなんて!」

かくと化粧が崩れちゃう!
なんてことこれから暖かくなる時期に多くなってきますよね。

においも気になるし、日中ハラハラしてしまうことありませんか?

制汗スプレーや脇パットをしても気休め程度にしかならない!

そういうあなた!汗を止める薬、実はあるんです!飲み薬、塗り薬とあります。
ここでは汗を止めるという薬について説明したいと思います。

<Sponsored Link>

どうして大量に汗がでるの?

2015-04-10b

多汗症かも…
多汗症は精神面に関係なく、交感神経が敏感なために汗がでやすいとされています。
リラックスしている状態でも汗が出てしまう。そんな症状がみられます。

危険な病気のサイン!?
女性で更年期障害の症状の一つにカッと汗をかきすぐにひくというのがあります。
これはエストロゲンというホルモンが減少するためにおこる症状です。

また、甲状腺機能亢進症の症状にもあります。
この病気になると基礎代謝が異常に高まり、全身から大量の汗が出てきてしまいます。
病気の場合は汗の他に症状が出るので、
変だなと思ったら一度病院へ相談してみてはどうでしょうか。

汗を止める薬って?

塗り薬
最近どんどん新しい制汗剤がでてきましたね。でも効果はイマイチ…;つД`)
なんてことないですか?

汗を抑えることに効果的なのは塩化アルミニウム(アルミニウムクロリッド)です。
この成分を含む市販品ではテノール液というものがあります。

寝る前に使用するのがいいとされており、
布手袋に薬を染み込ませその上にゴム手袋をはめて寝るだけです。

副作用として刺激性皮膚炎があげられます。
お肌が弱いあなたは濃度が薄いものからはじめてみてはいかがでしょう!

飲み薬
飲み薬で汗が止まるなんて驚きですよね!

飲み薬は個人輸入で手に入れることができますが、
初めは病院で処方してもらうことをオススメします。保険がききますしね!

(1) プロパンテリン臭化物(プロ・バンサイン錠)

主な作用は内臓の平滑筋のけいれんや胃酸の分泌を抑えます。
胃炎や下痢、胆石などによる腹痛に効きます。

アセチルコリンが消化器官系臓器の働きを強めるので、
そのアセチルコリンを抑えることで消化器官系臓器の異常な収縮が抑えられるのです。

一見汗とは関係ないように見えますが、
アセチルコリンは汗腺を刺激して汗を出させる物質です。

だからこのアセチルコリンを抑えるプロパンテリン臭化物
汗をも抑えてくれるというわけなんです!納得ですね(*’▽’)

しかし、緑内障や排尿障害がある、
重い心疾患細菌性下痢症などがあると服用できません。

飲み合わせでも安定剤や抗うつ薬、
風邪薬などと一緒に服用してはいけません。

副作用は口の渇きを訴える人が多いです。
他には便秘、尿が出にくくなる、目がかすむなどがあり人によっては
副作用が強く出てしまう場合があるので注意しましょう。

(2) グランダキシン
主な作用は自律神経の調子を整えます。
自律神経の乱れで多汗症になっている場合があります。

汗が異常に出てしまうのは交感神経が優位になってしまうことで起こるので、
自律神経を整えることでが正常になるというわけです。

このお薬でも緑内障筋無力症があると服用できません。
副作用は眠気、めまい、口の渇き、便秘などが挙げられます。
また依存性が低いとされますが全くないわけではないので正しく服用することが絶対です。

まとめ

2015-04-10c

いかがだったでしょうか?
塗り薬や飲み薬、を抑えるはあったんですね!

塗り薬は塗ったところのみ汗を抑えてくれますが、薬は全体的に止まります。
体温を下げるために汗が出ているので夏場は熱中症などに気を付けましょう!

たくさん汗かく時期だからって薬の使い過ぎは危険ですよ(; ・`д・´)
飲み薬は病院で処方してもらえますが、もともとの使用は汗を抑えるためではありません。

ですので「汗を抑えたいから薬をください」
と言っても処方してくれないかもしれません。

また、上でも述べたように病気のサインであるかもしれませんので
一度病院で受診されることをオススメします。