汗をたくさんかく季節になると、汗の臭いが気になってきます。
汗臭いのは嫌だけど、市販のデオドラント剤では香料が気になってしまう。

そんな人にはミョウバンの効果を実践してみて下さい。
汗だけでなく足の臭いなどにも効果を発揮するミョウバンの使い方を説明しましょう。

<Sponsored Link>

ミョウバンが汗臭さを抑える訳

2015-06-02b

ミョウバンは茄子の漬物などを作る時に、
色が落ちないように知るために使われるものでもあります。

食べ物に使われるものでもありますので、体に使っても副作用がありません。

スーパーや薬局、もちろん通販でも手軽に購入でき、
しかも価格も安いので気軽に使うことができます。

汗臭い臭いの元になる細菌はアルカリ性を好むといわれています。
ミョウバンは水に溶けると酸性になりますので、
ミョウバン水を使って殺菌することで表面を酸性にすることができるのです。

抗菌作用と殺菌作用の双方に効果が出ますから、
結果として汗の臭いを抑えてくれる効果があるのです。

臭いの元となる細菌の繁殖を抑えつつ、消臭作用も高いので
汗臭さだけでなく足の臭いやペットの消臭にも効果を発揮してくれるのです。

ミョウバン水の作り方

汗の臭いを消臭してくれるミョウバン水の作り方は実に簡単です。
価格も安いので安心してたくさん使うこともできます。

そのミョウバン水の作り方をご紹介します。

ミョウバン50g
水1.5ℓ
空のペットボトル

これらの素材を入れて良く混ぜて溶かすだけです。
ミョウバンは水に溶けにくいので、一晩置いて使うのが良いでしょう。

スプレーで肌に直接付ける場合はこれを原液として、
10分の1に薄めて使ってください。肌から発する臭いを抑えることができる上、
発汗作用を抑えてくれる効果もあります。

ちなみに肌に直接付けたい場合は、パッチテストを行って
自分の肌に合うかどうか確認するようにしてから使いましょう。

いきなり使って肌に合わずに腫れてしまうなどありましたら、
すぐに水で流して皮膚科の受診を受けて下さい。

ミョウバン水の使い方

汗臭さが気になっている場合は、
ミョウバンスプレーをそのままつけるのが効果的です。

また、お風呂に50~70mlほど入れて入浴してみても良いでしょう。
アトピーにも効果があります。

洗顔時にミョウバン水を使ってみると、ニキビにも効果があります。
頭髪からの臭いが気になる方は、洗髪後に髪を乾かした後に
スプレーで軽くミョウバン水を吹きかけてみて下さい。
気になる臭いを抑えることができます。

体全体に行きなりスプレーしてしまうと、
収れん作用のために汗をかきにくくなってしまい、
体温調節が上手くできなくなってしまいます。

気になる部分へのスプレーで、臭いを抑えるようにしましょう。

洗濯時に一緒にミョウバン水を入れれば、
洗濯物の臭いも抑えることができる上汗をかいても臭わなくなります。

靴の消臭には足のつま先部分にスプレーし、
風通しの良いところで乾かすのが良いでしょう。

臭いのスーパーグッズ、ミョウバン水

2015-06-02c

ミョウバンは漬物の色を良くするために使われる、塩のような結晶です。
これをミョウバン50g水1.5ℓの割合でよく溶かして、原液として使います。

肌に直接吹きかける時には10倍に希釈してください。
汗臭い肌に直接スプレーしても、入浴剤としてお風呂に入れても、
洗濯機に入れてみても、足の臭いが気になる時は靴や足にスプレーしても、すぐに効果があらわれます。

ただし体中にスプレーするなどすると、収れん作用で発汗が行いにくくなり、
体温調節の妨げになる場合がありますので注意して下さい。

まれに肌が弱い人などはかぶれてしまう場合もありますので、
肌に直接使う時はその前にパッチテストを行って炎症を起こさないか確認してから使いましょう。