「最近よく足つっちゃうなぁ…。」なんてことありませんか?

「こむらがえりくらい誰でもあるし、ほっといてもいいんじゃないの?」

いいえ、もしかすると足がつる原因は高血圧のせいかもしれません!
ここでは足がつる事と高血圧との関係を説明したいと思います。

もしかすると病気のサインであるかも!?

そもそも足はどうしてつるの?

2015-03-30b

・栄養不足
「水分補給は水だけで十分でしょー(‘ω’)」
お水だけじゃよくないですよ;つД`)汗で出るのはだけじゃない!

筋肉の収縮には電解質が必要です。
電解質は化学などで習いましたね?そう、ナトリウムカリウム等のこと!ミネラルです。

運動などで多量の汗をかくと体内の電解質のバランスが崩れてしまいます。
そんな状況でお水だけ補給してしまうと水中毒という症状が起きる場合が。

これは低ナトリウム血症けいれんが起きてしまいます。
筋肉の異常収縮が起きてしまうのです。

・加齢による筋肉量の低下
「若い時はいくら運動してもつらなかったのに(; ・`д・´)」

年を重ねるごとに足がつることが多くなったとは思いませんか?
久しぶりにジョギングをしてみるとビキッと…(/_;)ひどいときには肉離れ

いきなり激しい運動をすると筋肉もびっくりしてしまいますよね(笑)
若い時よりも足がつるのが多くなるのは筋肉量が落ちているからです。
30代以降は20代をピークに年間1%の割合で減少してしまい、段々と衰えていきます。

ふくらはぎは第二の心臓とも言われています。
下半身へ流れた血液を心臓まで運ぶことができるからです。

しかし筋肉量が落ちてしまうとなると、
血液循環がうまくいかなくなりミネラルなどの栄養が補給されにくくなります。

これは先ほどの栄養不足と同じですね。

・体の冷え
「夜中に足がビキッ!?布団から足だけ出てた… (;一_一)」
冷やしちゃダメダメ( ;∀;)筋肉は冷えるとうまく機能しない!

冷えることで筋肉が緊張状態になり少しの刺激で異常に収縮してしまいます。
寒い場所にいくと体がこわばりますよね?
手が冷えていると、文字を書こうとしても上手く書けなくなる現象は
冷えることで体からのサインがうまくいかなくなるからなんです。

それと同様、足の温度の低下も体からのサインがうまく伝わらず
そして足がつってしまうというわけです!

また足だけでなくが冷えていることも足がつってしまう原因の一つです。
腰に手を当ててみて、手より冷たかったら冷えている証拠です(*_*)


危険な病気のサインかも!?

〈閉塞性動脈硬化症〉
閉塞性動脈硬化症とは、手や足の血管の動脈硬化により
血流が悪くなることで手足に様々な障害が現れる病気です。
閉塞性動脈硬化症の症状の一つに頻繁に足がつるというのがあります。

〈糖尿病〉
糖尿病は血管や神経に負担をかけてしまい、合併症を伴う場合があります。
その合併症の一つに神経障害というのがあります。これは足がつる症状だそうです。

〈薬の影響〉
高血圧の薬の副作用や、利尿剤などです。
高血圧の薬は血圧を下げる効果があるため、
血液が体の末端まで届きにくくなっている可能性があります。
そのため足がつってしまうというわけです。

さて、この三つの病気の共通点は何でしょう!?

正解は「高血圧」です!!
足がつるのと高血圧は関係していたんです!

日常生活で行うと効果的

・水分補給にはミネラルもとって(*^▽^*)
スポーツドリンクがオススメですが、
なければお塩ひとつまみをお水やお茶に溶かしてください。
味は変わりません!熱中症対策としてよくとられていますねーとってもお手軽!

・運動前後にはしっかりストレッチを!
急に激しい運動をすることは筋肉に負担をかけてしまいます。
ゆっくりと血流を良くするようなストレッチを組み込んで運動をするとよいですね。
つってしまった場合はそっと伸ばして筋肉をほぐしてあげましょう。
温めるのも効果的です。

・体を温める
冬場は特に冷えないように靴下を履くなど、肌を覆うことがいいですね。

最近モデルさんたちが行っているかっさマッサージ
血流循環を良くしてくれるのでオススメです。

入浴後、ジェルやクリームで滑りやすくしてから
マッサージをおこなってくださいね。
そうすれば保湿効果も得られますよ(*^^*)

高血圧が関係している

頻繁に足がつる場合はお医者さんへ!
病気のサインの場合があるかも!?
薬で足がつるのを抑えることができます。漢方成分で改善させるようです。
しかし、高血圧等の薬を服用している場合だとお医者さんと要相談(; ・`д・´)
また、お医者さんから治療を受けることができるそうです。

高血圧の改善
もはや現代病の高血圧。
お医者さんへいくと第一に日々の生活の改善をするように指摘されます。
血圧を下げるには塩分脂肪分アルコールたばこを控え、
適正体重であること、適度な運動をすることが挙げられています。
日々の生活であるがゆえに改善しにくい部分はあると思いますが、
少しづつ改善していくことで長く続けられます。
まずは一週間の減塩生活から始めてみてはいかがでしょうか?

まとめ

2015-03-30c

いかかだったでしょうか?
高血圧に関する病気の症状の中に足がつるというのがありましたね。

高血圧は血管等に大きな負担をかけてしまっています。
足がつる原因は血流の流れに関係しているので、高血圧の影響を受けやすいのです。

足がつることはやはり高血圧からなる病気のサインかもしれません。
もちろん高血圧以外の病気のサインである場合もあります。

高血圧は生活習慣病であるため改善は難しいとされています。
それゆえ高血圧の状態が続き、足がつる症状が起きてしまうのです。

高血圧は5年、10年後に影響が出やすいので、
放っておくのは爆弾を抱えているのと同じです。

まずは日々の生活から行える対処、対策を試してみましょう。
日々の生活から健康は作られます(*^-^*)