アスペルガー症候群とは自閉症に良く似ている発達障害といわれています。
特徴としては子供同士の付き合いが難しく、興味の方向が限定的になり、
日常の行動パターンが同じようなものになってしまったりします。

そのアスペルガー症候群の人は車の運転が上手くないといわれていますが
本当のところはどうなのでしょうか。

<Sponsored Link>

アスペルガー症候群の症状

2015-06-03b

アスペルガー症候群の方は、他人の気持ちを上手くくみ取ったり、
その場の空気を読んだりすることが苦手といわれています。

そのため人の輪の中に入ることができず、友達を作りにくい傾向があります。
アスペルガー症候群は厳密には自閉症と異なり、
言葉の発達や知能に遅れは見られないのですが、
言葉の使い方が標準的なものとは少し違うとも言われています。

変わった印象を持たれてしまうため、
子供の間に入るといじめの対象にされてしまう場合もあります。

また、アスペルガー症候群は興味があることには熱心ですが、
その興味が限定されてしまう場合も多くありません。

例えば車好きでも車種を覚えることには熱心で、
運転することに関しては興味がないといった具合になります。

自分がこうと決めたパターンを崩さないようにこだわってしまうのも特徴です。
子供の時にこうした傾向が見られた場合には、
専門機関へ相談してみるのも良いと思われます。

アスペルガー症候群と運転

アスペルガー症候群の人が運転することが苦手だと思われている理由は、
このパターンを崩すことが苦手だからではないでしょうか。

運転は同じことを繰り返すという訳ではなく、
突発的な出来事に冷静に対処しなければならないことも多いものです。

アスペルガー症候群の人の同じ行動パターンを繰り返すというものと、
相容れないと思われてしまいがちです。

しかし、車の運転の基本はアクセルを踏む、
ブレーキをかけるなどの二つの行為が主な行動になります。

自動車を運転する前のミラーの調節、シートベルト着用、
後方確認といった一連の動作を行うには、
むしろパターン化された行動が得意なアスペルガー症候群の人の方が
正しく行っているのかもしれません。

アスペルガー症候群といっても人によって差異が生じているので、
突発的な事態に対処できる方もいれば、
そうした行為が苦手という方もいることでしょう。

一概にアスペルガー症候群は運転できないと
決めつけるのは乱暴なのではないでしょうか。

アスペルガー症候群で運転が不向きな人は?

アスペルガー症候群の人は運転できないというのが
偏見であることを先ほど書きましたが、
中には本当に運転が苦手という方も多いようです。

日本国内において運転免許証はパスポートと同じく大切な証明書になります。
そのため運転免許証を取得したいと思われる方も多いのではないでしょうか。

しかし、運転免許証はその名の通り社会で車を運転できる許可証です。
車は人を殺すことができる凶器でもあります。

これを動かすことに責任がないという訳にはいきません。
アスペルガー症候群の人でも、自分がアスペルガー症候群とは
気付かないまま免許を取りに教習所へ行ったことがあるでしょう。

もちろん教習所というところは、時間をかければ
免許が取れるシステムになっていますので、免許を取得された方も多いでしょう。

しかし、もし教習所で教習を受けている時に何カ月もかかっていたり、
検定で何度も落ちたり、車をぶつけたりした経験があるのならば、
あなたは運転が苦手なアスペルガー症候群といわざるを得ません。

できればそういう人に車を運転して欲しくないというのが本音です。
車は人の命さえ奪ってしまう凶器なのですから。

アスペルガー症候群は運転が苦手?

2015-06-03c

アスペルガー症候群の方が運転が苦手だと思われる理由は、
生活パターンを崩すことが苦手だからでしょう。

車の運転には臨機応変さが求められます。
パターンを崩せないアスペルガー症候群の方には、
苦手な分野と思われていても不思議ではありません。

アスペルガー症候群と一概に言っても、個人により様々な違いがあります。
もちろん運転の上手なアスペルガー症候群の方もいることでしょう。

しかし、中には教習所の段階で何度も検定に落ちたり、
車をぶつけてしまったりする方もいるのではないでしょうか。

そういう方はハッキリ言って運転には向いていません。車は走る凶器です。
人の命を奪ってしまう危険性を秘めているものなので、
できれば運転して欲しくないというのが本音です。

自分が運転に向いているかどうか、しっかりと自己判断を下して
車の運転の可否を決めて欲しいものです。


参照:楽天市場

症状が人それぞれで難しい病気のアスペルガー症候群。
ネットで調べてもたくさん情報があります。
書籍でも詳しく説明されているので一度じっくり読んで向き合ってみてくださいね。

アスペルガー症候群の本のお求めはこちら