強い洗顔剤や化粧品を使用して、お肌がピリピリと痛んだり、
赤みや肌荒れを引き起こしてしまったという経験はないでしょうか?

そのような方はもしかしたら敏感肌である可能性があります。
敏感肌の方は、普通の人には何でもない物質や刺激に対して、過敏に反応する肌質です。

お肌が敏感に傾いてしまう原因には様々ありますが
最近は食生活の乱れによって、敏感肌となる方が増加していると言います。

そこで今回は、敏感肌を改善する食事法について、ご紹介します。

<Sponsored Link>

敏感肌の種類

2015-07-31b

敏感肌には、2種類あります。
先天的なアレルギー型敏感肌
後天的敏感肌

正しい食生活や正しいスキンケアを行っているのに
敏感肌が改善しないという方は前者の先天的な敏感肌であると言えます。

この場合、肌質を変えることは難しい為、
肌トラブルを減少させるスキンケアを行っていくことがベストです。

低刺激、高保湿の化粧品でケアを続けましょう。


食事ケアで、美肌に?

後天的敏感肌の方は、ストレスや寝不足、間違ったスキンケア、
そして食生活が原因で引き起こされている可能性があります。

敏感肌を改善・予防するには、化粧品でのケアも大切ですが
それと同じくらい食事でのケアも重要とされています。

食の欧米化で、敏感肌に!?
栄養バランスに富んだ和食のおかげで、
肌トラブルが少ないと言われてきた日本人ですが
食の欧米化が進むに伴い、肌荒れに悩む方が増加していると言います。

乾燥肌の悪化で、敏感肌に!?
また偏食や間違ったダイエットなどで、
栄養不足により、乾燥肌になってしまう場合があります。

乾燥肌は、お肌のバリア機能が低下した状態です。
放置すると敏感肌になってしまうと言われています。

敏感肌にNGな食事とは

炭水化物
パスタ、ラーメンなどの炭水化物は、栄養バランスが悪い為、
お肌の生成に必要な栄養素が不足しがち。

また小麦や大麦、ライ麦などに含まれるグルテンは
敏感肌の元になるアレルギーを引き起こす恐れが高いと言われています。

冷えた飲食物
体が冷えて、血行が悪くなるとお肌の新陳代謝が低下します。
その為、必要な栄養素が行き届かなくなり、乾燥肌になる恐れがあります。

生野菜のサラダや氷の入ったドリンク、冷えた果物などの過剰摂取はNGです。

お酒&カフェイン
お酒を飲みすぎるとアルコールの分解に水分がたくさん必要になります。
その為、体内やお肌が水分不足となり、乾燥を招きます。

コーヒー、紅茶、緑茶、烏龍茶などにはカフェインが含まれています。
カフェインは神経を高ぶらせる物質なので、
特に夜に大量に飲むと睡眠不足になり、お肌の再生が上手く行われなくなります。

また飲みすぎは、せっかく摂取したビタミンやミネラルなどの
お肌に大切な栄養分を排出してしまいますので、注意しましょう。

敏感肌に良い食事とは

敏感肌を改善・予防するには、2つのポイントがあります。
・保水力をUPさせる
・角質層を厚くさせる

このポイントに合った食事を心がけることが大切です。

ビタミンA、Cで、美肌に!
ビタミンAは、皮膚や粘膜を生成して、潤いの源になると言われています。
また傷ついた肌の再生をサポートしてくれます。

ビタミンCは、コラーゲンの生成をサポートして、
しみやしわなどを防いでくれる美肌には欠かせない成分です。

ビタミンA、ビタミンCが豊富な食材
・ 鶏
・ 豚
・ 牛肉(特にレバー)
・ うなぎ
・ じゃがいも
・ さつまいも
・ ピーマン
・ パセリ
・ ほうれん草
・ にんじん
・ ブロッコリー
・ オクラ
・ キウイ
・ いちご
・ アセロラ

ビタミンEで、うるうる肌に!
ビタミンEは、血液をサラサラにする作用があります。
これにより、新陳代謝がUPして、
しっかりと水分を保持する角質層が作られやすくなります。

そして、お肌の水分バランスが整えられて、
お肌トラブルが改善・予防されていきます。

また抗酸化作用に優れている為、
老化の原因である活性酸素からお肌を守ります。

ビタミンEが豊富な食材


参照:http://item.rakuten.co.jp/
・ アーモンド
・ ごま油
・ ほうれん草
・ かぼちゃ
・ たらこ
・ モロヘイヤ

アーモンドのお探しはこちら

セラミドで、うるうるをキープ!
セラミドは肌の角質層で、細胞と細胞の中で
スポンジのように水分や油分を蓄える働きがあります。

敏感肌の方は、セラミドが少ない為、
角質が剥がれやすいと言われています。

ですので、角質と角質をしっかりとつないで、
角質層を厚くするセラミドが豊富に含まれる食材を摂取するのも有効です。

セラミドが豊富な食材
・ こんにゃく
・ しらたき
・ 黒こしょう
・ 黒豆
・ 小豆
・ 黒ゴマ
・ ひじき
・ わかめ
・ ごぼう
・ そば
・ コーヒー
・ 紅茶

まとめ

2015-07-31c

このように食事を改善することで、敏感肌を改善・予防することが出来ます。
化粧品でのケアも大切ですが毎日の食事によって、お肌は変化します。

敏感肌に良くない食事をやめるだけでもお肌は強くなりますので、是非、実践してみましょう。