病原性大腸菌というと、耳慣れない方が多いかと思われますが、
o157病原性大腸菌と言うと、おわかり頂けるかと思います。

o157が流行したのは10年以上前の話になりますが、
その感染力と毒性で、日本国民を震え上がらせました。
10年以上前の話だからといって、今の時期にも、流行する可能性はゼロじゃないです。

感染した場合、整腸剤は効くのか?
といった治療法や、感染を防ぐための予防方法を学びましょう。

<Sponsored Link>

o157病原性大腸菌とは

2016-05-20b

大腸菌は、人の腸内にも多く存在している細菌。
本来は病気を起こすことは無いのですが、
病原性が強く、下痢、腹痛等の原因となるものがあり、
これが、病原性大腸菌と呼ばれています。

病原性大腸菌の中でも最も代表的なものが、o157病原性大腸菌です。
ベロ毒素と呼ばれる協力な毒素を作り、主な感染経路は、経口感染です。

o157病原性大腸菌は、感染力が非常に強く、重症化しやすいので要注意です。

o157病原性大腸菌食中毒の症状

o157病原性大腸菌食中毒は、菌が体内に侵入してから3〜9日後に症状が現れます。

発熱はすることがっても一過性で、高熱になることは少ないです。
他の食中毒の時と同様に、最初は下痢や腹痛等の症状が現れます。
この時点では、o157病原性大腸に感染したとはなかなか気付けませんが、
その後、血便を伴う下痢の症状が現れたら、感染を疑い、直ぐに病院へ。

血便を伴う下痢の症状は、o157病原性大腸菌特有の症状です。
この出血性蹴りの原因となるのが、ベロ毒素。
腸の粘膜、赤血球、血小板を破壊しながら全身を回り、血便となって排出されるのです。

治療方法は?

o157病原性大腸菌食中毒の主な症状は血便を伴う下痢なので、
治療は、下痢に対するものが主になります。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

整腸剤のビオフェルミンは、服用によるデメリットはほぼ無く、
o157の殺菌作用があるという報告もあります。
ただし、整腸剤は対症療法なので、根本的な下痢の治療にはなりません。

血便の症状を確認したら、
お近くの病院へ受診して、医師の適切な判断を仰ぎましょう。

治療方法としては、菌を排除するための抗生剤を処方されたり、
体力の低下が見られる場合は、点滴を施されることもあります。

下痢止め薬は、腸の動きを止めてしまう作用があり、
腸内で菌を大量発生させ、悪化させる恐れがあるので使用されません。

重篤化していなければ、およそ一週間程で完治することが多いです。

新ビオフェルミンS錠のお求めはこちら

流行する時期とは

o157というと・・・


昔流行した食中毒というイメージが強く持たれていますが、
o157病原性大腸菌は、気温が高く水分の多い時期を好んで繁殖するため、
主に春から秋にかけて発生しやすいと言われています。

季節の他にも、菌が繁殖しやすい環境になってしまう重要なポイントがふたつ。

ひとつめは、夏バテや疲労などにより体力が低下していること。
ふたつめは、高温多湿で、体力を消耗しやすくなっていること。

夏特有の環境で体力が落ち、
食料も腐りやすく、菌が増殖するにはうってつけです。

このため、最も流行しやすいのは夏場でしょう。

対処・予防方法は

病原性大腸菌は、ご家庭での食事でも発生するため、
調理の際は、十分に気をつける必要があります。

  • 調理を開始する前に、石鹸で丁寧に手洗い。
  • 加熱調理の際は、内部まで十分に熱が通るように。
  • 菌の特に繁殖しやすい夏場は、生ものの摂取を控える。
  • 食品を温め直す時は、加熱を十分に。
  • 時間が経ち過ぎた場合等、少しでも怪しい食品は迷わず捨てる。
  • まな板、包丁は、こまめに熱湯消毒。
  • 食器を拭いた後のふきんは、洗剤等でよく洗う。
  • トイレは常に清潔に。用便後、トイレ掃除後は流水でしっかり流す。

上記の点が、主な予防策。
夏場は特に、調理環境を清潔に保つように心がけましょう。

まとめ

o157の一番の特徴は、血便を伴う下痢。
この症状が見られたら、すぐさま病院へ行き、治療を受けると良いでしょう。

安易な自己判断で、下痢止め薬を使ってしまうと
症状を悪化させる恐れもあるので、ご注意を。
怪しいな、と思ったら医師の診察を受けるのが一番です。

調理環境を清潔に保つ、怪しい食材は口にしない、
といった予防策に気をつけて、病原性大腸菌を寄せ付けないようにしましょう。

清潔感ある生活を心がけていれば、o157なんて怖くありません!