ここ最近注目されている腸内フローラ・・・
肥満や糖尿病、性格、しわなど健康面や美容面に深く関係しているようなのですが、
改善するためにはどうすればよいのでしょうか?

そんな腸内フローラは、食べ物で改善することができるようです。

今回は腸内フローラをよくする食べ物や腸内フローラとは
どのようなものかなどについて詳しく紹介していきます!

腸内フローラは食べ物で改善しよう!

2015-03-05-01b

腸内フローラ、つまり腸内環境をよくする食べ物として良く知られているのは、
やはり乳酸菌ではないでしょうか?

乳酸菌は腸の中で善玉菌として健康に良い働きをしてくれるので、
健康に悪い影響を与えてしまう悪玉菌を減らすことができると言われています。

乳酸菌を多く含む食べ物・食品として、ヨーグルトチーズ納豆味噌などがあり、
主に発酵食品に乳酸菌が豊富に含まれています。

ヨーグルトにもたくさんの種類があるので
自分のお腹に合ったものを探してみてくださいね(*^^*)

ただし、腸内フローラのバランスをよくする食べ物としては、
食物繊維がポイントだと言われています。

食物繊維は、腸を刺激して蠕動運動など正常に働かせることで
便を体の外へ排出するのを手助けしたり、あるいは善玉菌のエサとなるので、
善玉菌を増やしたりする作用があるなど腸内フローラにとってはとても良い成分だと言われています。

実際のところ、乳酸菌はあまり腸内環境をよくするために効果はないのではないか
という意見もあるようです。
口から摂取した乳酸菌は腸の中で生きて働くことはできず、
死んでしまってから腸の中の善玉菌のエサにしかならないのではないかという声があります。

これに対して、食物繊維が腸内フローラを改善するということに対しては、
反対意見はあまり出てきていないのです。
ですから、腸内フローラを改善するためには、
やはり食物繊維が良いのではないかと考えることができるでしょう。

ただし、たんに食物繊維を摂取していれば腸内フローラを良くするのかといえば、
そういうわけではありません。
食物繊維を摂取するうえで大切なことは、バランスなのです。

食物繊維には種類が2種類あり、水溶性食物繊維不溶性食物繊維があります。

まず水溶性食物繊維は、その名前からもわかるように水に溶ける食物繊維で、
わかめや昆布などの海藻類に豊富に含まれています。

わかめスープやお味噌汁なら毎日気軽に摂取できますよね(*^^*)

次に不溶性食物繊維は、反対に水に溶けない食物繊維で、
レタスやキャベツなどをはじめいろいろな野菜などに不溶性食物繊維は含まれています。

そして、食物繊維を摂取する上で大切なバランスは、
「水溶性食物繊維:不溶性食物繊維」=1:2が理想的と言われています。
したがって、積極的にレタスやキャベツなどの野菜類を食べることに加えて、
一緒にわかめなどの海藻類も食べることをおススメします。

また、腸内フローラを悪くする食べ物としては、肉類、つまりたんぱく質脂質を含む食べ物になります。
肉類を食べすぎてしまうと、腸の中で善玉菌より悪玉菌が優位な状態になりやすいので、
腸内フローラを良くするためには、たんぱく質や脂質をなるべく控えるように心がけましょう。

腸内フローラっていったい何?

腸内フローラとは、簡単に言えば腸内細菌という花を咲かせるお花畑のことです。
健康的な人間の腸の中には400種類を越える総数で約100兆個もの腸内細菌がバランスよく存在しています。
人間の体を構成している細胞の数は約60兆個とも言われているので、
いかに多くの細菌が存在しているのかということがわかると思います。

特に小腸の終わりから大腸にかけての様子は、お花畑に例えられて
腸内フローラ」と呼ばれています。
この腸内フローラとは、まさに腸の中でお花畑のように腸内細菌が
びっしりと敷き詰められている状態のことなのです。

腸内細菌とは?

腸内細菌は、病原菌などの有害な菌が簡単に体の中へ入らないよう
守ってくれている存在で、人間の体にとって必要不可欠の存在なのです。

腸内細菌は善玉菌悪玉菌・日見和菌と大きく3つの種類に分けることができ、
これらの細菌は腸の中の畑の中で自分たちの畑の面積を増やそうと勢力争いをしているのです。

腸内細菌のバランスが悪いとどうなるの?

普段は一定のバランスを保って存在している腸内細菌が老化やストレス、
病気、環境変化、食生活などによってそのバランスが崩れてしまうと、
私たちの体に便秘や下痢、免疫力の低下、副交感神経の機能を抑えてしまう
などというような影響を与えてしまうので気を付けましょう!

まとめ

最後になりますが、腸内フローラをよくする食べ物としては、
良く知られている乳酸菌よりも食物繊維をおススメします。

そして、食物繊維を摂取するうえではバランスが大切になってくるようなので、
理想的な「水溶性食物繊維:不溶性食物繊維」=1:2のバランスを頭の中に入れておき、
積極的に野菜類を食べながら海藻類も食べるように心がけましょう。