腸内環境改善を行うことで本当にアトピーは改善されるのでしょうか?

腸内環境が悪化することによって便秘になってしまうのですが、
便秘になってしまうとアトピーの症状が悪化する傾向にあるようです。

ここでは腸内環境が悪化して便秘になってしまうとアトピーの症状が
悪化する原因と腸内環境改善について紹介していきます!

<Sponsored Link>

便秘になるとアトピーも悪化するのはなぜ?

abdominalpain

腸内環境が悪化して便秘に悩んでいるアトピー性皮膚炎の患者さんは多いものです。
また、便秘になるとアトピーの症状が悪化するという傾向もあるようなのですが、
これはいったいどうしてなのでしょうか。

便秘の人は、以下のいずれか問題があります。

腸の蠕動(ぜんどう)運動に問題がある

蠕動(ぜんどう)運動」とは、腸を伸び縮みさせる動きのことを言います。
この動きによって、腸は食べ物を移動させて消化していきます。

蠕動運動が低下してしまうと、腸内に食べ物が停滞しやすくなってしまいます。
そして、食べ物が腸内にとどまる時間が長くなると、
水分が必要以上に吸収されてしまい便が硬くなってしまい便秘になります。
さらに食べ物が異常発酵(腐敗)を起こし、腸内環境も悪くなってしまいます。

肛門括約筋に問題がある

肛門括約(かつやく)筋とは、便の出口にある筋肉のことです。
直腸が拡張して便が下りてくると、肛門括約筋が反応して脳にサインが送られ、
便意を感じるのです。

肛門括約筋の反応が鈍いと、脳から排便のサインが送られにくくなり
便がたまりや
すくなってしまうのです。

自律神経が安定していない

自律神経のバランスが崩れてしまい交感神経が高まりすぎると、
副交感神経が下がり、 腸の蠕動運動が低下して、便が出にくくなってしまいます。
腸の蠕動運動は、主に副交感神経の働きによって収縮します。

よって副交感神経が高まって体がリラックスしている状態になると、
便が出やすくなるのです。アトピー性皮膚炎の症状が悪化すると、
自律神経のバランスは交感神経が高まっている状態にあります。

交感神経が高まる→体が緊張する→腸の蠕動運動が低下する→便秘になる
というサイクルに陥りやすいので、 便秘とアトピー症状の悪化を
繰り返しやすいのです。

腸内環境改善を行えばアトピーなどいろいろな病気が改善される?

腸内環境の悪化による便秘を解消するためにはいったいどうしたらいいのでしょうか。

腸内環境が悪い」などとよく言うのですが、
これは悪玉の腸内細菌(大腸菌など)が多い状態のことを言います。
悪玉菌を減らして、善玉菌(ビフィズス菌など)を増やすことで、
腸内環境は整って改善されるのです。

腸の中には約60〜100種類の腸内細菌が1.5kgも存在していて
排出される便の約半分を腸内細菌が占めています。
腸内細菌は、善玉菌悪玉菌日和見菌の3つに分けることができます。

善玉菌

善玉菌は腸の消化吸収の働きを助け、免疫力(病気に対する抵抗力)
を高めるなど体に有益な働き
をします。

悪玉菌

悪玉菌は、腸内で炎症を起こしたり発がん性物質を作る体にとってとても有害な菌です。

日和見菌

日和見菌は善玉菌と悪玉菌のちょうど中間で、 優勢になった菌の味方をします。

一般的に腸内の善玉菌・悪玉菌・日和見菌の割合は、2:1:7で、
多数派の日和見菌がどちらの味方につくかで、腸内環境が決まるのです。
よって日和見菌を善玉菌の味方にすることが、腸内環境を整えるポイントになってきます。

腸内の善玉菌を増やすことで、副交感神経が高まるという動物実験のデータがあります。
つまり、腸内環境を整えることで、 自律神経のバランスもよくなるのです。
自律神経は血管の伸縮をコントロールしているので、
バランスがとれていることで
体全体の血行がよくなり、
糖尿病などいろいろな病気の改善につながるのです。

たがって、腸内環境を整えて便秘を改善することで、体全体のバランスが整っていのです。

腸内環境改善で腸内の善玉菌を増やすにはどうすればよいの?

yazuya_c14_02

では、いったいどうやって腸内環境の改善で腸内の善玉菌を増やせばよいのでしょうか。

まずはじめに腸内を掃除するために食物繊維を摂るようにします。

そして、ビフィズス菌など善玉菌が含まれる食品(ヨーグルトや味噌などの発酵食品)
善玉菌のエサとなるオリゴ糖などを摂って善玉菌を増やしていきます。

砂糖と置き換えるだけなので手軽に摂取できますね(*^^*)

さらに根本的に腸内環境を整えるために、腸の蠕動運動を高めていきます。
蠕動運動が活発になれば、腸内の腐敗物は排出されるので、
善玉菌が活躍しやすいキレイな環境へと変わります。
日和見菌が善玉菌の味方につきやすい状況になれば、一気に腸内環境は整います。

そのために必要なことは、やはり腸の蠕動運動を支配している副交感神経を高めることです。
自律神経にはリズムがあり、このリズムをうまく活用することで、
自律神経をコントロールして副交感神経を高めることができるのです。

まとめ

最後になりますが、腸の調子をよくすれば、自律神経が安定してきます。
自律神経が安定すれば、アトピーが改善されていきます。
腸内環境の改善を行い、アトピーをきちんと根本から治療するようにしましょう。

こちらもぜひ参考にしてください!