海外セレブの間でブームがおこり、日本でも注目されるようになった
「ココナッツオイル」は、健康や美容にいろいろな効能や効果があるとされている万能オイルです。
そんなココナッツオイルの効能は、がんや認知症にまであるようなのです。

ここではココナッツオイルについてとココナッツオイルの効能として
がんや認知症への効果について詳しく紹介していきます!

ココナッツオイルとはどんなもの?

o0405027713002176177

ココナッツオイルは、ココヤシという木になった実(ヤシの実)を搾ったオイルのことを言います。
ココナッツオイルをヤシ油と混同する人いるかもしれないのですが、

全くの別物です。

ココヤシは何千年も前から現地の人々の主食や調味料、
油、飲み物として親しまれていて、病気や傷を癒す薬としても活用されてきました。

ココナッツを中心とした食生活をしている人々は、体が健康的で
美しく引き締まっていて、生活習慣病などの病気になる人は少ないと言われています。
ココナッツは「生命の木」と呼ばれるぐらい、
熱帯地域に暮らす人々の健康の維持に欠かせない食べ物であることは間違いないのです。

このような健康効果をもたらすココナッツの果肉から抽出されたものが、
ココナッツオイルなのです。
ココナッツオイルは、90%以上が飽和脂肪酸で構成されていて、
多くは「中鎖脂肪酸」という脂肪酸で構成されています。
中鎖脂肪酸はエネルギー効率がとても良いので、脂肪が体につきにくいという特徴があります。

近年の研究では、以上のことからココナッツオイルには脳梗塞や
心臓血管系の病気、がんや認知症の予防、さらに抗菌作用など
多くの健康効果があることがわかってきているようです。

ココナッツオイルの効能によるがんの予防とは?

3e65b527d1a8787e110c705435818c43

ココナッツオイルの効能でがんを予防するのに効果的とされている理由は、
簡単にいうとココナッツオイルが良い油だからです。
逆に、悪い油はがんを引き起こす要因になるとされています。

なぜ悪い油ががんを引き起こす要因になるのかというと、
摂り過ぎてしまうことによって免疫力が低下し、体内で活性酸素が多く発生します。
この活性酸素が中性脂肪やコレステロールといった脂質を酸化させしまい、
過酸化脂質と呼ばれる物質に変えてしまうのです。
その結果、この過酸化脂質が原因となってがんを招いてしまうことになるのです。
悪い油というのは、主にトランス脂肪酸のことを言います。

一方、ココナッツオイルには中鎖脂肪酸が多く含まれています。
中鎖脂肪酸はトランス脂肪酸とは違い酸化しにくいことが特徴で、
過酸化脂質の状態になりにくいという強みを持っているのです。

そして、ココナッツオイルにはビタミンEをはじめとする抗酸化物質がたくさんと含まれています。
抗酸化物質は体を活性酸素から守ってくれる働きをして、
さらにがんを招く過酸化物質が発生してしまうことを抑制してくれるのです。

また、がん細胞はブドウ糖を栄養源にして増えるのですが、
これをできなくするためにココナッツオイルを用いて糖質制限食にすることも良いでしょう。
脳の栄養源はブドウ糖なので、糖質を制限することで
脳細胞の栄養源がなくなるのではないかと心配する人もいるかもしれないのですが、
ココナッツオイルに含まれる中鎖脂肪酸から合成されるケトン体が代わりを果たしてくれるといわれています。

ココナッツオイルの効能として認知症の症状を緩和する効果とは?

c7609fcde2b3105292437754b5598aea

上でも述べたように脳の栄養といえばブドウ糖なのですが、
認知症(アルツハイマー型痴呆症)の原因は、ブドウ糖が脳細胞に吸収されにくくなること
によって起きる病気であることが最近の研究でわかってきたようです。

そもそも、認知症とはどのような病気なのでしょうか?

認知症とは、脳へ栄養が供給されずに、脳細胞が死んでいくという病気です。

そして、もうひとつあまり知られていないのですが、脳の栄養として
「ケトン体」という物質があります。
ケトン体は、脂肪酸が分解する過程で肝臓によって生成される物質で、
古く昔より非常時に人間の身体を守る仕組みとして備わったものと考えられています。

人間が安定して食料を確保できるようになったのはつい最近のことなので、
それまでは常に飢餓状態との戦いだったのです。

認知症によって、脳は栄養源のブドウ糖を吸収しにくくなってしまいます。
そこで、ブドウ糖に代わって緊急時の栄養素であるケトン体で栄養を補うことで、
脳細胞が死んでいくのをくい止めることができるのです。
ココナッツオイルに多く含まれている中鎖脂肪酸がブドウ糖に代わって、
脳の栄養になるケトン体の元になるのです。

したがって、ココナッツオイルを普段の食事の中に取り入れることで、
認知症を予防する効果や認知症の人に対して
症状を緩和する効果を期待することができるのです。

まとめ

最後になりますが、ココナッツオイルは効能として
がんや認知症の予防に効果があるようです。
いずれも、ココナッツオイルに多く含まれている中鎖脂肪酸が役に立つようですね。

ココナッツオイルの摂取量の目安は、1回の食事で大さじ1~2杯、
1日3回の食事と一緒に取り入れることで効果を実感することができるでしょう。
一度に大量に摂取するより、毎日少量でも続けることが大切です。

こちらもぜひ参考にしてください!