ココナッツオイルには効能としていろいろと健康や美容に嬉しい効果があるようです。
そんなココナッツオイルは、なんと糖尿病にも役に立つというのです。
これは気になります!

そこで、ここではココナッツオイルの効能として
糖尿病にも役に立つ理由とココナッツオイルの効能で
健康面へのメリットについて紹介していきます!

ココナッツオイルの効能は糖尿病にも?

0530-coconut

ココナッツオイルの効能として、糖尿病にも役に立つようなのですが、
いったいどういうことなのでしょうか?

ココナッツオイルの成分は、67%が中鎖脂肪酸です。
この中鎖脂肪酸が他の油と違うかたちで吸収されることによって糖尿病などに役立つというのです。

糖尿病に役に立つ理由として、具体的には以下のようになります。

人間の体の細胞というのは、代謝するために必要なエネルギーのすべてを
ブドウ糖と脂肪酸から得ています。
中鎖脂肪酸ではなく、長鎖脂肪酸やブドウ糖は細胞の壁を通過するときに
インスリンというホルモンが必要になってくるのです。

つまり、インスリンがないとブドウ糖や長鎖脂肪酸は細胞の中に入ることができないのです。

ですから、Ⅱ型糖尿病の患者の方はこのインスリンがきちんと必要な量を分泌されないので、
細胞のエネルギーが不足するという状態になってしまうのです。
細胞のエネルギーが不足して取り込めないということは、
細胞の死滅を招いてしまいます。
このようなことが、糖尿病の怖いところなのです。

しかしながら、ココナッツオイルの成分である中鎖脂肪酸は、
細胞の中に入るためにインスリンを必要としないのです。
インスリンを必要としないので、すい臓への負担を軽くすることができ、
糖尿病を患っている方だけではなく、赤ちゃんやお年寄りなど
消化系の疾患がある方にもとても優しい食べ物なのです。

また、中鎖脂肪酸トリグリセリド(MCT)が早生児のための
ミルクにも配合されているのは、消化器系や酵素系に負担をかけないで
消化吸収させることができるという理由からなのです。

以上がココナッツオイルの効能として、含まれる中鎖脂肪酸が糖尿病に役立つ理由になります。

ココナッツオイルの効能で健康面へのメリットとは?

0b4b1a12f2b5b02c89855a9d32f7803c4870670a

ココナッツオイルの効能として、糖尿病以外にもいろいろと
健康面で嬉しい効能を期待することができます。

甲状腺への働き

研究によると、ココナッツオイルの中鎖脂肪酸によって
甲状腺への代謝を高めることが分かっているので、体にエネルギーを与えてくれます。

カンジダ菌の殺菌作用

ココナッツオイルに含まれているカプリル酸によって、
有害な細菌をターゲットとするので、過剰なカンジダ菌を殺すことが知られています。

コレステロール値を下げる

ココナッツオイルに含まれているラウリン酸によって、
総コレステロールを減らし、善玉コレステロールを増やしてくれます。

糖尿病の予防

上でも紹介したように、ココナッツオイルに含まれている
中鎖脂肪酸によってインスリンの分泌を改善することで血糖値を改善するのに役に立ちます。

心臓血管系疾患を減らす

ポリネシアやスリランカなど太平洋諸島の人たちは、
心臓血管系疾患になることがほとんどないそうです。
そこに注目して調査した結果、総摂取カロリー量の
30~60%にココナッツオイルが含まれていることがわかったようです。

体の免疫機能をサポートする

ココナッツオイルには体の免疫機能をサポートしてくれるラウリン酸などが豊富に含まれているのです。

消化吸収不良の病気を予防

ココナッツオイルとビタミンEのサプリメントを併用することで、
胃腸の消化吸収不良の病気の予防につながる代替療法になることが証明されています。

認知症などの予防や改善

ココナッツオイルは研究によって認知症の予防や改善につながることが明らかになっています。

他にもココナッツオイルには嬉しい効果が!?

まとめ

最後になりますが、ココナッツオイルの効能として含まれている
中鎖脂肪酸を取り入れることで糖尿病に役に立つようです。

今現在健康診断で糖尿病と診断されていなくても、
植物油からココナッツオイルに変えるだけで糖尿病の予防につながるようなので、
ココナッツオイルはぜひ普段の生活の中に取り入れていただきたいオススメのオイルです。