夏になるとなぜか腰痛になる・・・そんな悩みはありませんか?

寒い季節は血行が悪くなるもの。
冬場に血行不良により肩や腰、背中などが痛くなるのはよく聞く話です。

しかし最近は、夏場のエアコン(クーラー)による冷えで、
腰痛になる人がかなり多いようです。

クーラーで身体が冷やされると、どうしても血行が悪くなります。
その疲労が腰にたまって、腰痛になってしまうんですね。

策としてはとにかく冷やさないことと、
普段から血行のよくなる習慣を身に着けることになります。

具体的にどのようなことを心がければよいのでしょうか?

<Sponsored Link>

職場などでの過剰なクーラー

2015-05-24b

最近はエアコンが発達しており、
一年中快適にオフィスで過ごすことができるようになっています。

また家庭用にも性能のよいエアコンが次々と発売されているので、
四季による身体の不調は少なくなっている・・・と、普通は考えるでしょう。

しかし日本の四季に慣れている私達の身体は、
夏場に急激に冷えること、またその逆の環境などに慣れていません。

さらに最近のオフィスは、夏場のクーラーの設定温度が必要以上に低かったりします。

基本的には男性のが女性よりも暑がりで、
やはり職場には男性が多数の場合が多いです。

そのため、男性が快適に感じる温度に
クーラーが設定されていることがほとんどなんですね。

女性や冷え性気味の男性などは、
その環境では身体に負担がかかりっぱなしなのです。


腰周りの筋肉にクーラーの冷えが直撃!

過剰にクーラーが効いていると、全身の血行が悪くなります。
特に疲れている箇所や疲労のたまりやすい箇所は決まっていて、その最たる場所が腰なんです。

人間は立ったり座ったりしますが、
オフィスでは座っている時間が圧倒的に多くなります。

実は座っている状態というのは、それだけで腰に負担がかかるんですよね・・・
適温のときでさえも、デスクワークでは腰痛になる場合が多いのですから。

オフィスに限らず、クーラーが効いている場所というのは
座る機会が多い場所です。家などでもそうですね。

そして腰に負担がかかった状態のままクーラーで冷やされると、
腰周りの筋肉は緊張して硬くなってしまいます。

この腰の筋肉が硬くなることが、腰痛の直接的な原因なんです。

つらい腰痛・・・どんな対策があるのでしょうか?

家ならまだしもオフィスの設定温度を
変更することなどはちょっと難しいですよね。

そうするとやはり、個人で対策をするしかありません。
自分の身は自分で守りましょう!

簡単にできる対策としては、ブランケットなどで腰周りを温めること。
これだけでも大分違います。
温めると筋肉の緊張もほぐれて柔らかくなり、腰痛も緩和されます。

また飲み物などにも気をつけましょう。
夏だから冷たいものを飲みたくなるのは仕方ないのですが、
可能なかぎり温かいものを飲むようにしましょう。

身体の冷えに敏感な人だと、
一年中温かいものしか飲まないという人もいるくらいです。

内蔵が冷えると内臓周りの筋肉、
またその外側の筋肉も冷えて固まり、腰痛や肩こりなどにつながるんです。

暑い季節に温かい飲み物なんか飲みたくない!という方は、
例えば水を常温で飲むなど、少しでも温度の高い飲み物に切り替えるとよいでしょう。

半身浴や運動も効果的!
また筋肉を温める方法として、半身浴はとてもお勧めです。
血行がよくなるのはもちろんですが、
身体の代謝もよくなり身体全体の調子がよくなりますよ~。

夏場ではシャワーしか浴びないという人も大勢いますが、
湯船につかることはとても大切。

その中でも無理なく長時間お湯に浸かっていられる半身浴はとっても健康によいです。

入浴剤やアロマキャンドルをつけることで
リラックス効果も得られますし、お気に入りの香りで
長風呂の退屈も軽減されるかもしれません。

是非、日々の習慣に取り入れてみてくださいね。

また軽い運動も効果的です。
特に有酸素運動(ジョギングや自転車など)は
全身の血行も代謝もあがるため、腰痛にもとっても効果的ですよ♪

ただしジョギングをする際には、
膝に負担がかかるため無理をしないようにしましょう。

ウォーキングでも十分効果があるので、
身体の調子をみて運動の内容をアレンジしていきましょう。

日常習慣でクーラー対策を

2015-05-24c

このように、割と簡単にクーラーによる腰痛対策はできます。

運動などは少し大変かもしれませんが、
飲み物に気をつける、腰を温めるなどはすぐにできると思いますので、
腰痛で悩んでいる場合はすぐにでも実践してみてくださいね。

どうしても治らない場合は、整骨院などでマッサージしてもらうのも手です。
整骨院の先生は身体の状態をみてくれますので、
腰痛対策のアドバイスなどを聞いてみるのもいいかもしれません。

ちょっとした工夫で腰痛は防げます。
悩んでいる場合は是非これらの対策をお試しになってみてくださいね。