心の病の一つとして知られるパニック障害ですが、
この発作は夏に多発する傾向があると言われています。

それに深く関わりがあるとされているのが、「脱水症状」。
水分不足から来る脱水症状と、精神疾患のパニック障害にはどんな関係性があるのでしょうか。

その他の病気と脱水症状の関係についても併せてお伝えします。

<Sponsored Link>

パニック障害とは?

パニック障害とは、何の前触れもなくいきなり動悸や息苦しさ、発汗や震え、
窒息感などが生じ、「このまま死んでしまうのではないか」という不安感に襲われてしまう発作がたびたび起こる病気です。

原因は、不安や恐怖を司る「ノルアドレナリン」、
興奮を抑えて心の安定を司る「セロトニン」という
二つの神経伝達物質のバランスが崩れることで起こると考えられています。

パニック障害の恐ろしいところは、発作そのものの苦しさはもちろんですが、
その発作を経験したのちに「また発作が出たらどうしよう
人前で大変なことになったらどうしよう」などという予期不安から、外出自体が恐怖になってしまうことです。

そして、外出への恐怖・いつ生じるかわからない発作への恐怖が悪循環となって
うつ病を併発することが珍しくありません。

パニック障害と診断されたら、投薬をして発作を治療し、
少しずつ時間をかけて薬を減らしながら心と身体を健康に戻していきます。

脱水症状とパニック障害の関係

パニック障害の発作は、夏に起こりやすい傾向があると言われています。

その理由の一つとして、夏の暑さの下で活動していると脱水症状を起こしやすく、
熱中症になりやすいからという説があります。

熱中症の症状は、震えや動悸などパニック障害と共通するものがありますよね。


↑このように、パニック障害と脱水症状を併発する人が少なくありません。

心と身体の不調は密接な関りがあるため、脱水症状を起こしている身体は、
パニック発作もより強く出やすくなるのではと考えられます。

また、パニック障害を持つ人は自律神経のバランスが崩れやすくなっているため、
暑さから身体を守るための自律神経の働きが弱まり、健康な人よりも身体の水分が抜けやすいという特徴もあります。

透析患者が脱水症状になる?

パニック障害のほか、腎臓に疾患があって人工透析を受けている人も
脱水症状には注意しなければいけないことをご存知でしょうか。

人工透析とは、簡単に言うと正しく機能しなくなった腎臓の働きを、
機械が人工的に行うことです。

透析を行っている人は尿を自分で作り出すことができない(または少量しか作れない)ため、
水分量に厳しい制限がかけられます。

でも、やはり暑い季節には汗をかきやすくなるため、体内の限られた水分はどんどん失われていきます。

健康な人のように「汗をかいたらたくさん水を飲めばいい」という対処法ができないため、
厳密に保たれた体内の水分バランスが崩れやすくなり、少しの水分不足で脱水症状を起こしやすくなるのです。

脱水症状についてはこちらの記事もご参考に!

脱水症状から起こりうる病気

健康な人でも起こる脱水症状。
自覚症状が無く重症になる人も多く、油断はできません。

脱水症状により起こる病気の代表格としては、皆さんもご存知の熱中症があります。
また、血液中の水分が少なくなることから血栓ができやすくなり、脳梗塞心筋梗塞を引き起こしやすくなります。

そして、女性に多いのが膀胱炎
寒い季節に起こしやすいと言われていますが、脱水症状が進んで尿の量が減ると、
細菌が侵入しやすくなり膀胱炎を起こしやすくなるのです。

たかが水分不足と考えられがちの脱水症状ですが、
それによって起こる病気は間接的なものを含めると数え切れません。
夏はもちろん、その他の季節も脱水予防に努めましょう。

脱水症状予防のためには

脱水症状を予防するために大切なことは、まずはとにかく水分補給。
お茶やコーヒーは利尿作用があり、却って体内の水分を排出してしまうのでできれば水やスポーツドリンクを飲みましょう。

もし、具合が悪く感じるほどの脱水症状などの場合や
体調が悪い場合の水分補給には経口補水液で補給をすると、
効率よく脱水の症状を和らげることができますよ(*^^*)

水分補給のタイミングは、汗をたくさんかいた後やトイレに行った後などが良いでしょう。
出た分+αを補う」という考え方で飲めば、水分を摂り忘れることが少なくなります。

また、暑い季節は過剰に汗をかいてしまうような高温多湿の場所に長時間留まらない、
体温調節をしやすい服装をするということも大切です。

これらは透析をしていない人向けの対策です。
透析を行っている人は、脱水症状対策はかかりつけの医師の指示に従いましょう。

まだ寒さが続く中、脱水症状のことは忘れがちになりますが、
そんな時に限ってサウナや温泉施設で脱水になる人が頻発する傾向があります。

常に水分補給を意識した生活を送るようにしたいものですね。