ドライマウスは唾液の分泌する量が減ってしまうことが原因で
口の中が乾いてしまい口臭の要因になってしまう恐ろしい病気なのです。

そんなドライマウスには昆布茶が効果があるようで、
飲むことで唾液の分泌量を増やしてくれるようなのです。

ここではドライマウスに昆布茶が効果がある理由と昆布茶の他にも
ドライマウスの対処法について詳しく紹介していきます!

<Sponsored Link>

ドライマウスには昆布茶が効果的って本当?

1d5m-080

ドライマウスには昆布茶が効果があると言われていて、
ここ最近注目を集めているようです。

ドライマウス予備軍は推定で3000万人もいるとされていて、
いつ誰がなってもおかしくない病気で、その原因は加齢や糖尿病、
薬の副作用といろいろな原因があると言われています。

ドライマウスには昆布茶のうまみ成分が効果的!?

口の奥にあるうまみ成分を感知する受容体がうまみ成分を感知することで反射的に唾液が出ます
この唾液は、他の4つの味覚(甘味、塩味、酸味、苦味)によって分泌される
唾液よりもネバネバしていて量も多く、保湿効果も高いとされているのです。

ですから、うまみ成分によって唾液を分泌させることが、
ドライマウスでカラカラに乾燥した口には最適
というわけなのです。

そこで、実際に医療現場でも使われているのがうまみ成分の入った飲み物、昆布茶なのです。

1日に150mlに0.5グラムくらいの量の昆布茶を3~4杯ぐらい飲んでいる患者さんもいるそうです。

ドライマウスに効果的な昆布茶のメリットとは?

昆布茶を使ったドライマウスの治療のメリットは、
やはり副作用がないということと普通より粘り気のある唾液がたくさん出ることと、
そして何よりもおいしいというところにあると思います。

ドライマウスには昆布茶以外にもガムが効果的!?

ドライマウスの対処法として、昆布茶の他にも効果のあるものは?

Fotolia_40580560_Subscription_XXL

ここではドライマウスの対処 法として、昆布茶の他にも効果的な方法を紹介します。

酸味のある食べ物を食べる

ドライマウスになってしまった時の対処法として、
酸味のある食べ物を食べる」ということです。

例えば、お酢、レモン、梅干しなど酸味があれば、どんな食材でも大丈夫です。
でも、いったいなぜ酸味の強い食べ物を食べると、ドライマウスに効果があるのでしょうか?

これは、酸味の強い食べ物を食べることで、単純に唾液の分泌量が増えるからです。
中には、レモンや梅干しといった言葉を聞くだけでも、
唾液の分泌量が増える人もいると思います。
それぐらい、唾液の出やすい食べ物ということなのです。

ドライマウスになってしまうと、唾液の分泌する量が減るので、
酸味の強い食べ物を食べて唾液の分泌量を増やすことがドライマウスには効果抜群なのです。

唾液腺マッサージを行う

ドライマウスになってしまったときの2つ目の対処法として、「唾液腺マッサージ」を行うことです。

実は口のまわりには、唾液腺があり、この唾液腺をマッサージすることによって、
唾液の分泌する量が増えるのです。
ですから、ドライマウスの方は、唾液腺マッサージを行うことがとても重要になるのです。

では、どのように唾液腺マッサージを行えばよいのでしょうか?

これはとても簡単で、一般的なマッサージと何ら変わりません。
手で耳たぶの下やあごのラインの少し上あたりを優しく丁寧にマッサージしてあげましょう。
これだけでも、唾液の分泌する量は増えるので、
今現在ドライマウスで悩んでいる方は、ぜひ一度試してみてください。

こまめに水分補給を行う

ドライマウスになってしまったときの3つ目の対処法として、
こまめに水分を補給する」ということです。

ドライマウスになってしまうと、口の中が乾燥して口臭や虫歯、
口の中が痛むなどいろいろと不快な症状があらわれます。
なので、こまめに水分を補給して、口の中を潤してあげましょう。
ただし、甘いジュースでこまめに水分を補給をしてしまうと、
糖分の摂り過ぎになり肥満や虫歯の原因となってしまうので、
水分補給は水やお茶で行うことをおススメします。

きちんと病院で治療を受ける

ドライマウスになってしまったときの対処法として、
やはり最終的には病院での治療になります。

ドライマウスの症状の状態にもよるのですが、
口の中に痛みが出るなど重症化している場合は病院へ行って治療を受けることをおススメします。
病院での治療としては、投薬による治療が基本になり、
漢方や西洋薬などを処方されるので、それを服用するようにしましょう。

また、ドライマウスは何か他の病気が原因で起こっている可能性もあるのです。
例えば、糖尿病シェーグレン症候群が原因で、
ドライマウスの口の渇きなどの症状が出ている場合があります。

このような病気が原因のドライマウスは、まずその病気自体の治療を行わなくてはいけません。

いずれにしても、病院での治療が必要になってくるので、
口の渇きなどドライマウス症状があまりに長引く場合は、
早めに病院へ行き医師と相談して、自分に合った治療を受けるようにしましょう。

こちらもぜひ参考にしてください!

まとめ

最後になりますが、ドライマウスには昆布茶が効果があるようです。
昆布茶は名前の通りお茶なので、体には無害でドライマウスの症状を和らげてくれるすばらしいお茶です。

今は通販などでも購入することもできるので、
苦手な人のために飲みやすく作られた昆布茶などもあるのでぜひ一度試してみてください。

また、ドライマウスになってしまったときの対処法として、
酸味の強いものを食べる、唾液腺マッサージ、水分補給、病院での治療などがあるので、
これらもぜひ参考して試してみてください。