ドライマウスはいろいろな原因によって唾液の分泌量が減ってしまい、
口の中が乾燥した状態になることです。
唾液の量が減ってしまう、口の中で細菌が増殖しやすくなり、
口臭の原因にもなってしまいます。

そんなドライマウスの治した方には、どのような方法があるのでしょうか?
ここではドライマウスの治し方について原因ごとに詳しく紹介していきます!

<Sponsored Link>

ドライマウスの治し方とは?

Fotolia_31332435_Subscription_XXL

ドライマウス治し方として、根本的な治療にはやはり原因をきちんと理解したうえで、
口呼吸や糖尿病、高血圧などの生活習慣病、ストレス、
食生活、生活環境などを見直して改善していくことがポイントになってきます。

ドライマウスの原因についてこちらを参考にしてください!

以下でドライマウスのいろいろな原因のによるそれぞれの治し方について紹介していきます。

口呼吸が原因

口呼吸は、歯並びの関係で上下の前歯が噛み合わなくなってしまい、
口が開いてしまう場合唇などの筋力が弱くて口が開いてしまう場合があります。

噛み合わせが原因の口呼吸の場合はやはり矯正治療を行わなくてはいけないのですが、
唇の筋力が弱い場合には口の筋肉トレーニング器具などを使って
口の筋肉を鍛えることで口呼吸を改善できる場合があります。

口の筋肉トレーニング器具として、パタカラという器具があるようなので、
試してみてはいかがでしょうか。

糖尿病や高血圧などの生活習慣病とその治療薬の副作用が原因

糖尿病や高血圧などの生活習慣病は、多くの場合体内の活性酸素が
増えることが原因で引き起こされているようなのですが、
活性酸素を除去するソデッシュという
抗酸化サプリメントなどを用いて体質改善する歯科治療を行うことで、
糖尿病や高血圧などの生活習慣病が改善し、その結果としてドライマウスが改善する
という効果が期待できるようです。

抗酸化サプリは色々ありますので
このような専門書を一度見てみると良いかもしれません

ストレスが原因

これは当たり前のことなのですが、ストレスを軽減することで
ドライマウスが改善されると思うので、気分転換やリラックスして
普段の生活をするなど、なるべくストレスを溜めないようにする生活
心がけることが治療のポイントになります。

食生活が原因

いつもやわらかい食べ物を好んで多く食べているようであれば
、意識して野菜や肉、魚など噛みごたえのある食べ物をよく噛んで食べる
ようにすることで噛む筋肉や脳への刺激が増え、唾液の分泌量を増やすことにつながり、
その結果ドライマウスが改善されるでしょう。

生活環境が原因

あまり部屋の掃除をしなかったり、いつも部屋を閉め切って生活しているようであれば、
定期的に部屋の掃除をしたり、窓を開けて換気をするなどして
ハウスダストやダニなどアレルギーの原因となる物質が少なくなるように心がけることで、
鼻炎の症状などの解消され、結果的にドライマウスの改善にもつながるでしょう。

薬の副作用が原因

今現在服用している薬の中に、唾液の分泌量を少なくする副作用があるものについては、
自分の担当医と相談して、薬の種類を変えるか量を減らすなどすると
唾液の分泌量が増えてドライマウスを改善することができるでしょう。

唾液の量が原因

一般的に唾液の分泌量を増やすためには、噛む筋肉や
脳に刺激を与えなくてはいけないので、
キシリトールガムなどのシュガーレスガムを噛むことによって、
唾液の分泌量を増やすことができるでしょう。

まとめ

最後になりますが、ドライマウスの治し方としては
それぞれの原因に対しての対策を行うことが重要になってきます。

よって、自分がどの原因によってドライマウスになってしまっているのかを
きちんと確認してからそれぞれの治し方を行うようにしましょう。