少し前に話題になったエボラ出血熱。
出血を伴った高熱が出るもので、死者も出ましたよね…。

でも、エボラの原因となっているエボラウイルスについて
知っている人は少ないのではないでしょうか。

今回は、そんな危険なエボラウイルスについて
感染を防ぐために仕組みを知っておきましょう。

<Sponsored Link>

エボラウイルスはどのくらい危険なのか

エボラ出血熱をもたらすエボラウイルスは、アフリカ西部で流行し、
以前に比べて潜伏期間が長いため大流行してしまいました。
これまでに約1300人が亡くなり、死亡率は50?90%。

エボラ出血熱に関する実態が分かる動画。
とても恐ろしいです。

エボラウイルスは、人の免疫系を不能にし、
血管系を分解することで強毒性を発揮するウイルス。

一般的に人は、体内に侵入したウイルスの増殖を防ぐため、
感染細胞を追い出す白血球を活性化しますが
エボラウイルスはまず樹状細胞に感染してしまうので
白血球が活性化される信号がストップしてしまいます。

そうすることでエボラウイルスの増殖を早めてしまうのです。

外敵を攻撃するリンパ球は直接感染することはありませんが
白血球が活性化されないことでリンパ球がウイルスと戦うことができなってしまいます。

なぜ、エボラ出血熱という名前なのか

次に、エボラウイルスに感染すると出血してしまうのでしょう。
これはタンパク質分解酵素に関係があります。

エボラ出血熱の始まりは普通の風邪と同じです。
最短3日で発病し、体の違和感を感じる程度です。

エボラウイルスは骨格筋以外の体細胞すべてに感染し、
その感染力や増殖能力はとても強いのです。

感染細胞を破壊するので、細胞の壊死を防ぐ細胞性免疫の能力が追いつかなくなります。

これにより、タンパク分解酵素(組織に障害をもたらす)が放出されます。
この酵素は細胞間をつなぐ「細胞外基質」に働きかけるので、皮膚や臓器が壊れやすくなります。
それに伴って体のあらゆるところから出血してしまうのです。

エボラ出血熱に関する詳しい知識はこちらの動画から!

考えたくないけど…もし感染してしまったら??

ここからは感染についてお話します。
まず、エボラ出血熱の感染ルートは2つあります。

エボラ出血熱の原因ウイルスを持つオオコウモリ
このオオコウモリが動物を噛んで動物が感染、
その動物の血液や分泌物に接触した人間が感染、
その人間から他人へ(血液や分泌物に触れることで)感染。

オオコウモリが人に直接噛みついて感染
感染した人から他人へ感染して広がること。

いずれにせよ、人から人へ感染するので非常に危険です。
感染してしまったら多くの場合死亡に至りますし、
特効薬やワクチンもないので治しようもないのです。

もしアフリカなどに行って感染してしまったら日本でも大きなニュースになるでしょう。
唯一の治療法は脱水症状を防ぐ点滴のみ。
きっと隔離されてしまいますよね・・・。

では感染しないためにはどうすればいいの?

日本で普通に生活している限り、エボラウイルスに感染することはありません。
しかも、感染経路は血液や体液なので空気感染もありません。

しかし、エボラウイルスがもし日本で流行してしまったら…
そう考えると予防法を知っておく必要もあるでしょう。


https://twitter.com/nyao46/status/695953879628787712
可能性は「ゼロ」ではありませんもんね。

まず、感染者と接するときは手袋・マスク・防護服必須。


参照:楽天市場

ウイルスブロック率の高いものをえらびましょう。
手洗いや消毒も欠かせません。

血液や分泌物の直接の接触を避ければ良いのですから
同じ場に居てはいけないということはありません。

自分や家族の身は自分で守る。
難しいですが、そのような時代になってしまったということでしょうか。

サージカルマスクのお求めはこちら

まとめ

2016-04-13c

デング熱にジカ熱、MARS、そしてエボラ出血熱。
近年様々な感染が世界中で話題になっています。

そしてその多くの原因が動物などの自然から来るものです。

自然の力には勝てないとよく言いますが、このエボラ出血熱もまさにその通りで、
自然がもたらすものによって私たち人間の命が奪われてしまった例ですよね。

一時期ニュースで日本に帰国した人が、
エボラ感染の疑いがあったというものがありましたが、日本でもありえなくはないことなのです。

いくらそのウイルス自体が終息しつつあっても
自然の力ですからまたいつ流行するかも分かりません。

本当はアフリカなどの国に行かないというのがベスト。
しかし、どうしても行く必要が出たら、血液などでの接触には十分気を付けてくださいね。