足汗と聞いてもいまいちピンとこないという方が多いかもしれません。
ですが、足汗は冬場にもかく汗で、このようにピンポイントな悩みを抱える方もいると思います。

足汗って、たんに汗っかきだけなのでは?
などと甘く考えていると深刻化してしまう恐れもあるのです。
そこで、今回は足汗とはいったいどのようなものなのかや
自宅で簡単にできる対処法を紹介していきます!

<Sponsored Link>

足汗とはいったい何?

4afbc913400228954d106e0d80a9b51d_s

ここ最近、足汗に悩む方は増えてきているのです。
一般的には、熱い夏場に多いようなイメージだと思いますが、
季節に関係なく足汗をかく場合も少なくありません。

足汗の原因としては、大きく2つに分けることができます。

1つ目は、エクリン腺による何か身体的な原因で足汗をかく場合です。
エクリン腺が原因になるときは、雑菌が繁殖してしまい臭いの原因となるので、
最も危険な状態なのです。

雑菌の繁殖の仕方によっては、臭いやそれに伴う形で
また別の疾患の原因にもなってしまう恐れがあります。
一度雑菌による足汗の症状の悪化を起こしてしまうと、
改善に時間がかかることがあるので気を付けましょう。

2つ目は、精神的な原因によって足汗をかく場合です。
この精神的な原因にはストレス過度の緊張などがいろいろあるのですが、
手の平に汗をかいてしまうときと同じように、
足も緊張やストレスなどによって汗をかいてしまい、臭いとなっていくのです。

そして、靴下を1日中履いていると、靴下が汗を吸うことで蒸れてしまい、
湿度が上がって更に汗をかきやすくなってしまうのです。

上記の身体的な原因と精神的な原因は深く関連しているので、
連鎖的に悪循環を起こしてしまう恐れもあるのです。

したがって、身体的な足汗が原因で精神的不安を誘発⇒足汗をかく⇒不安といった流れになります。

また、冬場はブーツや厚手の靴などを履くことが多くなるので、
さらに蒸れやすく足汗をかきやすくなってしまうのです。

上記の2つ以外にも多汗症も足汗の原因になると言われており、
汗をかくようなことをしていなくても、少し暑いと感じただけで汗をかいてしまいますし、
多汗症を自覚している人は汗が気になってまた更に汗をかいてしまうのです。
これもまた悪循環と言えるでしょう。

足汗の原因はもうすでにわかっているのにそのままにすることは最も良くないので、
早め早めの対処が必要となってきます。

冬の足汗の自宅でできる簡単な対処法とは?

7488ab17

たとえ季節が寒い冬であっても、足汗に悩む方は多いようです。

そこで、今回は自宅で簡単にできる対処法について紹介します。
あくまで自宅でできる簡単な方法なので、これだけに頼ることの無いようにしてください。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

冬に足汗を対処する簡単な方法として、足汗をかきやすいところに
ベビーパウダーをつけるという方法があります。
なんだそんなことか、と思うかも知れないのですが、決して侮れない方法なのです。

当たり前のことですが、ベビーパウダーは汗を吸着してくれると言われています。
本来、赤ちゃんに使うものとして作られているので、その安全性には確実性があるのです。
よって、何度も付けられるというメリットがあります。
そして、毛穴を引き締めるという効果もあります。

ベビーパウダーの付け方としては、ストッキングや靴下を履く前に足につけるようにします。
ですが、ストッキングしか履かない女性の場合、
ベビーパウダーが目立ってしまうこともあるので、
つけ過ぎには十分に注意しましょう。

ベビーパウダーのお探しはこちら

そして、ワキ汗用の制汗スプレーを吹きかけることも
自宅で簡単にできる足汗の対処法としてでおススメします。
これは少し応用的な使い方になります。

足指の間などに吹きかけるだけなので手は汚れないですし、
小さなスプレー缶なら持ち運ぶこともできます。
ですが、制汗スプレーはあまりにもつけすぎるのは危険ということは意識しておきましょう。

あくまで「抑えてしまうもの」という視点をもって最小限に使用するようにしましょう。

また、女性は恥ずかしくて抵抗があるかもしれないのですが、
5本指に分かれている靴下を履くだけという簡単なことでも足汗の対処につながるので、
寒い冬ならなおさら靴下の方をおススメします。

これらの冬の足汗対処法を全てまとめて行うことも、
効果が期待できると言われているので、参考にしてみてください。

まとめ

最後になりますが、足汗は季節問わず悩まされるものなので、
ここで紹介した自宅で簡単にできる足汗の対処法をぜひ参考にして、実践してみてください。

こちらもぜひ参考にしてください!