外反母趾って痛いですよね・・・
どうしてこんなことになるのかまず原因を知って対策を考えましょう。

テーピングでの治し方をしてみたいけど簡単なのでしょうか?
足裏に痛みもある場合の対処方法も知っておきたいですね。
病院に行く暇がないけど整形外科でもらえるようなインソールが市販であれば少しは軽減できそうです。

外反母趾の原因

2016-06-20b

外反母趾と聞くとハイヒールなどの先の細い靴を無理して履いて
いるから?と思われがちですが男性や子供も外反母趾になります。
日常の立ち方・歩き方にも問題があるようです。

外反母趾の人の歩き方の特徴で多いのが足の裏だけを使っていることがあります。
足の指を使わないで歩くことで足の指まわりの筋肉が衰えてしまいます。
筋肉がないことで指が関節から曲がっていってしまうようです。

また、運動不足の場合は
土踏まずの筋肉も衰え足の裏全体のバランスが悪くなります。
土踏まずがないことで正しい歩き方や立ち方ができなくなります。
バランスが崩れることで無理な力がかかり曲がってしまいます。

正しく指をつかって歩いていても
合わない靴を履き続けることでも外反母趾になります。
キツイ靴は足の指を動かせる場所がないので、指を使って歩けません。

逆に大きい靴は靴が脱げないように変な力を入れてしまうことによって
不自然に力を入れてしまいます。

いろいろな原因がありますが、
足の裏だけでなく指も使って正しく歩けないことに原因があるようです。

外反母趾のテーピングでの治し方

外反母趾は親指の付け根から曲がっています。
その曲がってしまっていることによって痛みが起きます。
その痛みの原因になる曲がった状態を正しい形にちかづけるためにテーピングで固定します。

正しい形に戻るようにテーピングで補助して、歩き方や靴など
見なおして正しい足の力の入れ方を練習することで足指に筋肉をつけていけるようにします。

外反母趾を自分で治すテーピングの方法動画

足の裏にも痛みがある場合は貼り方が少し違うようなので参考にしてみてください。

足裏バランステープの貼り方

テーピングをしたら2,3日に一度は取り替えてください。
そして外したら一日あけてからまた貼ってください。
皮膚をかぶれさせないためです。
テープでかぶれるようなら包帯を巻いてからテーピングをします。

インソールを使って外反母趾を予防

病院でインソールをもらって治すこともあるようですが、
市販でもいろいろと売られています。

土踏まずを作るようなインソールや指の付け根のアーチを
作るようなインソールがあります。

外反母趾になると親指に力が入りにくくなるので、
どんどん症状が進行してしまいます。
それを防止して正しく力を入れられ痛みを軽減できるような
インソールを使用することで歩きやすくなります。

インソールを使えば足裏を安定させてしっかりと足裏と指を使って歩くことができます。

横アーチに筋肉をつけて解消

テーピングやインソールを使って痛みが軽減したら、
外反母趾の原因になっている足の横アーチ筋という筋肉(足の甲の骨と骨の間に
あります)を気にして歩いてみてください。

そこに正しく筋肉がないことで外反母趾になり、痛みが出ています。
ここに筋肉をつけることが解消する方法になるようです。
足指に力を入れる癖をつけるには、足指の運動なども効果があるようです。

テーピングやインソールはあくまでも補助的な役割です。

まとめ

2016-06-20c

時間をかけて歩き方の癖などでなってしまった外反母趾を
治すのにも時間がかかるようです。

病院で手術をするほどでなくても痛いですよね・・・
テーピングやインソールなどを使って痛みを軽減しながら、
足の指まで使って正しい歩き方をして自分で指のまわりに筋肉を
つけられるようになれるように練習してみてください。