下痢は体の中の毒素を排出するものという事実もだいぶ周知されてきました。

ただ、毒素を排出するにもタイミングがありまして、
例えば冷たいものを飲みすぎた時や
刺激の強いものを食べすぎた時に下すのは、
溜まりに溜まった毒素があふれ出している限界状態。

東洋医学の考え方のひとつに
めんげん」と呼ばれるものがあります。

野菜のような名前ですが、
日本古来からある「頭寒足熱」という健康法に基づいて体の冷えをとり、
任意に体の毒素を排出させた場合の反応のことを指します。

毒を出すので健康体に近付く、イコール健康的に痩せる、
という結果に結びつくわけですがなぜか痩せない・・・という方も。
どうしてなのか、少し掘り下げていきましょう!

<Sponsored Link>

下痢になるメカニズム

2016-10-27b

人間は胃で分解した栄養素を腸で吸収します。

水分も腸で吸収されるのですが
何らかの要因で腸が過剰に運動している状態だと、
水分が十分に吸収されないまま消化物が早く通り過ぎてしまいます。
その水分が便と混ざって下痢として体外に排出されるのです。

ウイルスや細菌、
食中毒などによる急性の胃腸炎が原因で下痢になるのですが、
これは体内の防御機能の働きによるものです。

早く外に出そうとすればするほど水っぽい下痢になるそうです。
ただノロウイルスロタウイルスなどが原因の下痢は
ひどい腹痛吐き気を伴うのが特徴です。

めんげんについて

下痢は毒素を排出するものという体のメカニズムですが
めんげん好転反応とも言われ、冷えとりとも言われます。

毒出し作業における結果、
下痢になったり熱が出たりすることをめんげんといいます。

病気のサインのような反応で戸惑う方も多いと思いますが、
任意に毒出しを行っていない場合はめんげんではなく
別の病気の場合がありますので、検査をお勧めします。


めんげんグッズとして一番有名なのは重ね履き靴下です。
シルクがいいそう(*^^*)
穴が開いている場所で体の悪い場所がわかるそうです。
体調の変化もけっこうある様子(゚O゚)


自分の体と向き合ってあげられるのは自分だけ。
毒出しは辛い症状もありますが自分の体のためと思えば見返りは大きいものです。


新しい自分に出会うために・・・
生まれ変わった瞬間は正にシンデレラ気分かもしれません♪


参照:http://item.rakuten.co.jp/
上記でもご紹介した冷えとり靴下とはコレ。
5本指なので、最初は足がだるい感じがする場合もありますが、
慣れると本当にポカポカして心地よいですよ(*^^*)
冷えとり靴下のお求めはこちら

冷えとりは体が喜ぶ行為!もし冷えとりを行わなかったら?
現役の看護師さんの、ためになる動画をどうぞ。

ダイエットになるの?

めんげんは体の余計な毒素を出すので健康体に近付きます。
そのため、痩せる方も多いです。

じゃあ下痢を出せば出すほど痩せる!
と安易に考えて下剤で無理やり出す人もいますがこちらは危険な行為です。

体への負担が大きいので、無理やりはやめましょう。
何事も無理やりは良くなく、
デトックス効果が高いと謳うお茶やサプリメントなどで下す方もいますが
だいたい痩せない、と嘆く傾向にあります。

個人差はありますが、
下痢はきちんと体に栄養が行き渡らない状態でもあります。
基礎代謝が低下して、体が脂肪を溜め込もうとすると逆に太ってしまうようです。

めんげんをはじめ、ダイエット
自分の体を知って体調を見ながら適宜安全に行いましょう。

他のダイエット方法もご参考に(*^^*)

下痢は予防できる?

急に下痢になってしまったりすると慌ててしまいがちですが、
ここは冷静になってきちんと原因を特定するのが先決です。

お薬などもありますが、急に手に入らない場合もありますので、
下痢になった場合の対処法は身に着けておくに越したことはありません。

上にも挙げたデトックス効果の高いお茶や
サプリメントが効きすぎてしまったり、
体調が悪い時になる下痢は、生活の中に原因があります。

生活習慣病の予防にも通ずる、
悪習慣を正すのが一番の予防法です。
規則正しい生活や栄養バランスの良い食事を心がける、
という医者も口を酸っぱくするような
聞き慣れすぎた言葉かもしれませんが少しずつでも改善していきましょう。

まとめ

2016-10-27c

体は正直です。
辛い時は辛い、嬉しい時は嬉しいと常に正直に言葉を発しています。

体にとって嬉しい行為を続けて
健康的に過ごしている人はとても美しい体型を保っているのです。

スリムな体型が持てはやされる日本ですが、
無理に痩せると肌荒れもひどくなり美しさから遠ざかってしまうこともあります。

何を行うと自分の体は喜んでくれるのか、
よく観察しながら、
しっかりと体の声を聞いて自分に素直に美しい生活を心がけていきましょう!