最近、食欲不振や睡眠不足、そして倦怠感があるなぁ~などと思いつつも、
五月病だろうと軽く見ていると、そのうちどんどん重い病気になることがあるってご存知ですか?

名前の通り一過性のものだろうと思っているだけではなかなか回復せず、
むしろ重くなって慢性化したり、治療が難しくなったりします。

そのため、五月病からくる倦怠感としっかり向き合い、早めに回復させましょう。

<Sponsored Link>

 五月病からくる症状

2015-05-13b

五月病になる原因
五月病は新しい環境へなかなか慣れず、
戸惑いからくるストレスフラストレーションが溜まったり、
食事の栄養バランスが崩れることから心身に影響をもたらすものです。

毎年4月に新生活を始める方が多く、
ストレスが溜まってきたところにゴールデンウィークが入ります。

この瞬間に緊張の糸が切れてしまうことが原因と考えられ、
この時期がちょうど5月にたたるため五月病と一般的に呼ばれていますが、
この時期だけでなく他の時期でも例えば、転勤して新天地に行った際や、
最近では早くて小学生ぐらいからでも長期休暇明けに学校に行けなくなることも五月病と言われています。

五月病にはどんな症状がみられるの
五月病になると、精神面では気持ちが冴えず、何事にもやる気が起きなくなります。
また、学業や仕事に対して思考力や集中力が低下して
ミスが重なるようになり、自信を無くすようになります。

そうするとネガティブな考えが浮かびやすくなり、
目標を見失ってしまうといった状態になります。

体調面では倦怠感だけでなく、過度な疲労感、食欲不振、
睡眠障害、頭痛、腹痛などの症状が見られます。

このような症状から、一旦学校や仕事を休んでしまうと、
その後、社会に戻ることが出来にくくなるようになり、
メンタル的にも更に悪化してしまいキャリアにも影響が出てきます。

五月病を放っておくと大変!

基本的には一過性のもの
五月病は、基本的には一時的に起きる症状ですので、
学校や職場に慣れてくると徐々に気持ちも落ち着いてきます。

それまでにかかる時間は、あなたの置かれた状況によっても変わりますが、
自分に合ったストレス解消法などを実践して、できるだけ早く回復できるように努めましょう。

五月病が長引いてしまうと
一過性のものだと五月病を甘く見て、そのうち治ると放置しておくと、
症状が数週間以上も長引きます。

学校や会社に行くのが困難になる状態はかなり深刻化していて、
その後うつ病など本格的なメンタルヘルス不調を発症してしまうことがあります。

自分自身で疲れが取れない時は
五月病は長期化すると深刻ですのが、倦怠感を無くそうと、
栄養のある食事や睡眠などを心がけてもなかなか改善が見られない時は、
臆せずに病院で診てもらうことをお勧めします。

倦怠感のような精神的な要素も含まれるものは、
内科では問題が見つけられにくいので、心療内科へ行きましょう。

最近では心療内科へ訪れる人が増え、
一般的なものとなっていますので、気にせず積極的に利用しましょう。

お風呂は一人でリラックスできる空間ですよね。

その空間に好きな香りのアロマの香りをプラスすることで
リラックス効果があがり、ゆっくりお風呂につかることもできるので
体が温まり、寝つきもよくなることで疲れが取れるかもしれませんね。

まとめ

2015-05-13c

五月病からくる疲労感や倦怠感を、少し疲れているだけだ、
そのうち治るから大丈夫だろう、と放っておくとうつ病などに繋がることがあるとわかりました。

これら精神的な疾患は、治療や完全治癒が難しくなりますので、
症状が悪化していると感じたらすぐにお医者さんに診てもらうことが大事ですね。

五月病は、いつでも、そして誰にでも起こる可能性のある症状です。
起きてしまったら自分を責めることなく、とにかくリラックスしてストレス解消を心がけましょう。

もちろん、普段からあまり周囲のことに気を回しすぎず、
適度に息抜きをしながら過ごすことも大切です。