五月病って、新入学生や新入社員が入社して早々にダウンしちゃう事!
なんですが、実は違う病気が潜んでいたりするんです。

五月病でも睡魔が襲う事はありますが、長く続く時は注意が必要です。
五月病と間違える睡魔が長く続く病気について、説明しましょう。

もし気になれば、早めの受診に役立ててくださいね。

<Sponsored Link>

五月病って?

2015-05-10b

五月病って5月頃になる人が多いので、この名前が通称となってますが、
診断名がつくとすると適応障害となります。

ですから、五月病自体も病気なんですよ。
新しい仕事、新しい学校で頑張ろう!と意気込んでいたのに、
1ヶ月過ぎた頃から眠れない、頭が痛い、食欲がないなどと、
抑うつ状態になってしまうのが、五月病です。

環境が変わるって、実はとてもストレスが溜まってしまう事です。
精神的な緊張が続く中、
頑張ろうという思いに比例した収穫があれば良いのですが、
思いばかりでから回りだったりすると、GWなどの長い休みで、
気持ちが途切れてしまいスランプ状態になっちゃうんです。

五月病になりやすい人っていうのは、
完璧主義で几帳面でまじめなタイプだとされていますが、そうじゃない人だってなります。

五月病を治すのは、頑張り過ぎない事です。
出来ない時は出来ない!って諦める事も大事です。

またストレス解消の為に、リラックス出来る方法を考えましょう。
お風呂にゆっくり入ったり、プチ旅行に行ったり、
友達に愚痴を聞いてもらうのも良いかもしれません。

それでもダメな時は、受診です!


五月病で睡魔が襲う訳は?

五月病では眠れなくなる事がよくあります。
「明日は初めての大事な会議がある」とか、緊張するような事が控えていると
布団に入っても中々寝付けなくなります。

次の日すぐに眠れれば良いけど、今度は会議の事を思い出して中々寝付けない。

そうやっている内に、眠れない事がストレスになり、
ストレスでまた眠れなくなり、負のスパイラルにはまってしまうんです。

早めに対策とって、リラックス出来る方法を考えれば良いのですが
最初はこれくらい大丈夫、すぐ眠れるようになるって思っちゃうんですね。

眠れない日が続くと、日中に眠くなります。
なぜかというと、脳はどこかで休息してリセットする必要があるからなんです。

昼休みなどに、30分でも眠る事が出来れば、
問題は大分解決出来るはずなんですが、
昼寝が出来ない職場なら眠りたい脳と、働きたい身体の闘いです!

睡魔と闘いながら、仕事をしなきゃいけないって事態になっちゃうんですね。

五月病に似た睡魔が襲う病気って?

五月病のように、眠れなくなって日中睡魔が襲う病気にはうつ病があります。
五月病=うつ病とされる事もあります。

夜眠れないので、日中に眠気が現れる場合があります。
五月病は、GW開けくらいから始まりやすいんですが、
1ヶ月以内に回復する事が多いんです。

でも1ヶ月以上続く場合は、うつ病かもしれませんので、注意してください。
うつ病になっている場合は、リラックス法だけでは治りません。

病院での治療が必要です。

また、夜眠れないから日中眠くなるのではなく、
夜眠れているのに眠くなる場合は、ナルコレプシーや、睡眠時無呼吸症候群かもしれません。

ナルコレプシーとは、過眠症の事です。日中に猛烈な睡魔が襲います。
また睡眠の時の特徴として、眠りについてすぐに全身の力が抜ける為に、
動こうとしても動けず、金縛りにあった!となる事があります。

睡眠時無呼吸症候群は、最近良く聞く名前になりましたよね。
寝ている間に呼吸が何度も止まってしまうものです。

これは寝ているようでしっかり眠れていません。
なので、日中眠くなるんです。

横向きに寝ることで気道がふさがるのを予防できるのですが、
寝ている時に横を向いて寝れているなんてわかりませんよね。


参照:楽天市場

そんな時は、横向きに寝るのをサポートしてくれるまくらがオススメです。
真ん中がくぼんでいるので自然と横向きになるように設計されています。
中の綿を取り出し、高さを調節できるので寝やすい角度を自分で調節することができます。

グースリーパーの詳細はこちら

五月病で気分が落ち込んでいる時に、
五月病以外の病気も潜んでいる場合があるんですよ。

睡魔が襲う違う病気の時もあるので注意!

2015-05-10c

どうでしょうか?5月頃に起こると、
五月病と間違えてしまう病気があるってわかってもらえましたか?

五月病が長引くとうつ病になっている可能性や、
五月病と他の病気がミックスされている場合があるという事です。

五月病でも日中睡魔が襲う事はあるので、
眠いとなっても、五月病だから仕方がないと思ってしまう場合があります。

でも五月病自体が病気なんですから、
うつ状態が続けば受診しないといけません。

またナルコレプシーや睡眠時無呼吸症候群も、放っておいては治りません。
ただナルコレプシーは眠い以外に大きな症状がないし、
睡眠時無呼吸症候群は1人暮らしだったら、
夜呼吸が止まっているなんてわからないので見つけにくいんですね。

日中睡魔が続くようだったら、こんな病気かも!
って気付いてください。そして早めに病院へ行きましょう。