最近耳にする機会が増えた逆流性食道炎ですが、
どういうものなのかよくわからない方も多いのではないでしょうか。

忙しい現代人、誰しも起こりうる身近な逆流性食道炎の症状について
原因や市販薬などと一緒に掘り下げていこうと思います。

実は寝不足が原因だった?
残業が多くて常にストレスに晒されている働き盛りの世代は特に必見です。

よく知っておいて、予防できるものは予防していきましょう。
最近寝てなくて吐き気が・・・という方は市販薬を服用する前に改善法を見つけてみましょう!

<Sponsored Link>

逆流性食道炎について

2016-10-29b

胃食道逆流症GERDと呼ばれる
疾患のひとつが逆流性食道炎なのですが読んで字のごとく、
胃の中のものが胃酸などと一緒に食道に逆流して食道が炎症を起こす疾患です。

想像通りかもしれませんが、胸やけなどの症状が現れます。

どうして逆流してしまうかというと、
通常食道と胃の境にある下部食道括約帯
通称LESが逆流を防止している弁の役割をしているのですがそれが開いてしまう時があるのです。

ゲップをする時に
空気が下から込み上げてくるような感覚がありませんか。
これはLESが弛緩して空気を逆流させているからなのです。


胃を圧迫したり、LESの機能が弱っている状態で横になってしまうと
LESが弛緩したままになったりして、逆流性食道炎になることも。
横になりたくても我慢ですね。

逆流性食道炎についてはこちらの記事もご参考に(*^^*)

寝不足が原因だった?

もともと胃腸はストレスに弱く、寝不足の影響をもろに受けてしまいます。
眠っている間に動いたり休んだりする胃腸を
常に動かし続けることはどれほどの負担になるか、想像しやすいですよね。


なんとなく不調の原因ってわかるものですよね。
それでも寝ずに頑張らなければならない時もあると思いますが気を付けたいものです。

忙しさで寝られないなら、
どうにか作業を片付けて眠れる可能性はありますが
眠たくても寝られない、不眠症の方は辛い状態だと思います。

不眠症には、なかなか寝付けない人や
途中で起きてしまって眠れなくなる方など様々ですが、
どれも交感神経の働きを抑制することがカギになります。

交感神経を抑制して、
リラックスをもたらす副交感神経を働かせるためには
生活リズムを整えて毎朝同じ時間に起床したり、
30分ほど毎日ウォーキングして軽く疲れを伴ったりしても効果的です。

また、眠る前には体を温めて、
間接照明などのムーディーな光のもと床に就くと良質な睡眠が取りやすいそうです。

痛み止め薬ロキソニン

就寝3時間前から食事を控えるのも不眠解消の一端ですが、
薬の服用自体が逆流性食道炎には良くないそうです。

もともと食道には胃酸に耐えられる防御壁がなく、
基本胃腸で吸収させて効果を得る薬はどれも効果がないそう。
辛いと薬を飲みたくなりますが、別の方法で改善していきましょう。

ロキソニンは医師も処方するお薬ですが、
胃が荒れやすく胃腸薬と一緒に飲むのが良いそうですが、できれば頼りたくないものです。

もし、お薬に頼らずに改善できる程度なら、
まず生活環境の改善を目指しましょう。

お薬で症状を抑制できたとしても、
根本が解決していなければ何にもなりません。
難しいかもしれませんが、
長い人は一生、逆流性食道炎と付き合っていると聞きます。

根気よくじっくり治していく覚悟で挑みましょう。

筋弛緩法

うつ自律神経失調症の治療にも用いられる筋弛緩法ですが、
わかりやすく言うと体をリラックスさせる方法です。

マラソンの後や水泳の授業のあと、
眠くなったりしたことはありませんか?
筋肉に力を入れた状態から
一気にリラックスさせることで体がほぐれてほわっと温まり、
適度な疲れで副交感神経が優位になり眠くなります。

不眠症の改善にも通ずる治療法ですね。
詳しい筋弛緩法のやり方はわかりやすい動画でどうぞ。

70~80%の力を入れ、急に脱力するのがポイントです。
全身や、首、顔、肩など部分的に行うのも良いそうです。

参照:http://item.rakuten.co.jp/
リラクゼーション効果のある音楽を聴きながら行うと
より、肩の力が抜けて良いのではないでしょうか(*^^*)
リラックス練習用CD(筋弛緩法・自律訓練法)のお求めはこちら

逆流性食道炎を予防する

どのような病にも言えることかもしれませんが、
まず生活環境を整えるのが何よりの予防になります。

規則正しい生活と適度な運動、バランスの良い食事。
現在では難しいことなのかもしれませんが、
何かひとつずつでも改善していけば道は開けるはずです。


改善方法を呟いている方も多数。
励まされている、という声も多いです。
やっぱり同じ症状の方がいるとちょっぴり勇気が出ますよね。

まとめ

2016-10-29c

とても身近な病だからこそ、
近くに同じ苦しみを味わっている人がいる可能性も。

そして、同じ生活をしていると同じ病にかかりやすいよ、
とアドバイスも出来ます。

そうやって支え合って、絆は生まれるものなのかもしれません。
同じ痛みを理解してあげられて、
同じ喜びを分かち合えるために病があるなら
いつか病に感謝できる日が来るかもしれません。

治って良かったね、と笑い合えるように、
改善できる環境はしっかりと改善して絆にも健康な体にも感謝できる日が来るよう祈ります。