毎朝洗顔料を使って洗顔しているそこのあなた!
実は、水洗顔の方が朝はおススメってことは知っていますか?

水洗顔は、きちんとケアしているのに全然肌荒れがよくならない
という状態になってから行う最終的な手段で、朝と夜両方とも水洗顔はあまり良くないようです。

今回は肌荒れへの水洗顔の効果と肌荒れに水洗顔が良い理由について詳しく紹介していきます!

<Sponsored Link>

肌荒れには水洗顔!?その効果とは?

2015-03-05-02b

水洗顔で毛穴の開きを改善

洗いすぎによっても広がってしまう毛穴・・・
水洗顔を始めたばかりのころは悪化してしまうこともあるのですが、
少しずつ肌の再生力が復活して、肌の水分バランスも整ってくるので
毛穴の開きが改善されてスッキリとしていきます。

「水だけだと汚れが落ちない」や「乾燥するから化粧水をつけておけばいい」
と考えている方もいるのですが、実際に水洗顔を行うと乾燥もしないし汚れもきちんと落ちます。
朝晩ずっと水洗顔をしていればいいというわけではないので、
数日に1回、夜に洗顔料を使って汚れを落とすと大丈夫です。

水洗顔で角栓の詰まりを改善

角栓は洗顔で落としきれなかった汚れです。
水で角栓が落ちるわけがないと感じるのは仕方のないことなのですが、
肌の再生力が高まってくると角栓が自然と落ちていき、
角栓が皮膚表面に溜まらなくなっていくのです。

水洗顔を行うことで黒くなって悩んでいた肌もいつの間にか解消されて
スッキリとして毛穴が引き締まります。とはいっても、
数日に1度は洗顔料を使ってしっかりと洗うことも必要になります。

水洗顔で肌のバリア機能の改善

水洗顔の最大のメリットととも言えるのが「肌のバリア機能の再生」です。

水洗顔を行うことで皮膚の硬化も和らげられて、
しっかりとした肌の細胞が形成されます。
その結果、水だけで落ちるぐらいサラサラな角質細胞へと変化して、
角栓も溜まりにくくなるのです。

角栓は取るのではなく、根本的な原因である肌質を変える必要があり、
水洗顔を行えばその原因もキレイさっぱりと洗い流すことができるのです。

肌荒れに水洗顔が良い理由とは?

1.寝起きは美容成分がたっぷり

肌は寝ている間に再生していて、特にゴールデンタイムと呼ばれる22時~2時の間は、
成長ホルモンの分泌が活発になり、肌のターンオーバーが行われています。

女性の場合、洗顔したあと化粧水や乳液、美容液などを使っていることが多いので、
朝洗顔をしてしまうと、お風呂あがりや寝る前につけた美容成分が全て洗い流れてしまうのです。
必ずしも翌日まで美容成分の効果が残っているとは言い切れないのですが、
寝ている間に作られた保湿成分や保護膜は大事にしなければいけません。

せっかく作られたものを無くさないためにも、朝はなるべく洗わないように心がけましょう。
中には「保護膜を壊さないために朝は水洗顔をしている」という有名人もたくさんいます。

2.洗顔料を使う必要はない

1日過ごした後は、皮脂や汗、ホコリなどが肌に付着して、
女性の場合はクレンジングできちんとメイクを落とさないといけないのですが、
寝起きというのはそれほど汚れていません。

皮脂やホコリも日中に比べると、あまり付着していないので水だけで十分なのです。

人間の肌には「自浄作用」というものがあり、ぬるま湯でもきちんと
汚れが落ちる仕組みになっているので、寝ている間によっぽどのことがない限り、
朝は水だけで洗えば十分なのです!

まずは数日間試すだけでも不思議と水だけで汚れが落ちるような状態に
肌質がかわってくるので、ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

3.洗いすぎ

洗いすぎによる肌への影響はとても大きいのです。
肌が乾燥して皮脂が過剰に分泌されると、ニキビが治ったにもかかわらずまたすぐにできてしまいます。

このような状態が続いてしまうと、少しずつ肌のバリア機能が低下する、
少しの刺激でも肌がヒリヒリとする、これらの弱さを守ろうとして、
皮膚が厚くなる、肌のターンオーバーが遅くなる、シミや毛穴が目立つようになってくるのです。

このように、洗いすぎるだけでも肌はいろいろな影響を受けるのです。
油っぽい肌だからといって、朝晩しっかりと洗顔をしていても、
人によっては洗いすぎとなってしまう恐れがあるので気を付けましょう。

朝は洗顔をしなくてもいいの?したほうがよいの?

「朝は洗顔しなくていいらしい!」という意見をネット上ではよく見かけるのですが、
この言葉の本当の意味は「洗顔料を使った洗顔はしなくても大丈夫!」ということです。

昼間程ではないとはいっても、寝ている間にも多少なりとも肌に
ホコリやダニが付着して汚れてしまいます。
そんな肌にそのままファンデーションなどを塗ってしまうと、
汚れがどんどん溜まっていく一方なので、朝は必ず洗顔をするようにしましょう。
(ぬるま湯でもきちんと汚れは落ちます)

いくら洗顔料を使わない洗顔がいいといっても
やっぱり気持ち悪い!という方は、できるだけ刺激のない洗顔料を選びましょう。

こちらは泡で洗うのではなく、気になる汚れをジェルで優しく落とします。

美容成分でうるおいを与えるなど水洗顔とはそれてしまいますが、
何もつけない洗顔で物足りない場合は優しい成分のものを選ぶといいですよ。

まとめ

最後になりますが、肌荒れは水洗顔をすることで毛穴の開きや角栓の詰まり、
肌のバリア機能を改善することができるようです。

肌荒れに対しての水洗顔はあくまでも最終的な手段で、
毛穴の開きやいちご鼻はスキンケア方法を見直すだけで改善させることができます。