いくらお肌のケアをしても、ニキビが減らない、肌荒れが治らない、カサカサしている。
もしかしたら、お化粧やスキンケアのしすぎで、逆にお肌が疲れているのかもしれませんよ?

一度、肌断食を行ってみてはいかがでしょうか?
驚くほど、肌のトラブルが落ち着きます!

今回は、その肌断食の効果やり方について紹介します!

肌断食って何?

肌断食とは、ずばりお肌にクレンジングやスキンケア化粧品をつけないで肌を休めることです。

それは普段、肌につけているメイクや、スキンケアに使っている化粧品類は
お肌にとってだという考え方がもとになっています。

そして、肌にとって害になるメイクやスキンケアを辞めれば、
肌が元々持っている自活力が目覚めて自然に美肌になってゆくという考え方です。

「スキンケアが原因で肌荒れなんてあり得ないでしょ?」
「スキンケアのおかげ、今の肌を維持してるんだから、
スキンケアを辞めたら、もっと肌荒れしてしまうのでは?」
そうお考えの方もいるかもしれませんね。

けれど、こんな実験結果があります。

日本人とフランス人、それぞれに日本人にはフランス式のクレンジングと保湿を、
フランス人には日本式のスキンケアを、それぞれ1ヶ月行って貰う実験をしたところ、
日本式のスキンケアを行ったフランス人は、みな敏感肌になってしまい、
フランス式のケアを行った日本人の肌は、敏感肌が治ったそうです。

それだけ、日本人はスキンケアの為に沢山の化粧品を使うという行為は、
肌にそれだけ負担をかけている、という事です。

そんな、過剰スキンケアによって起こっている荒れを解消する方法の1つとして
肌断食という方法が注目を集めているのです。

そんな肌断食の方法はいくかありますが、そのうちの2つをご紹介します。

宇津式肌断食

これは、今後一切のスキンケア化粧品とメイクを辞めてしまう方法です。
この方法は、肌を休ませるとか、お肌をリセットするという意味合いではなく、
今後一切、辞めてしまうという点がポイントになっています。

この方法では、スキンケアは水での洗顔と純石けん、時々保湿用にワセリンを使うにとどめます。

肌断食

宇津式肌断食に対してもう1つは一般的な肌断食と言われているものです。
週末、あるいは数日間、メイクやスキンケアの化粧品を使うのを辞めるという方法です。

これによってお肌を休め、お肌をリセットする働きがあります。

どちらの方法も、クレンジングやスキンケア、化粧品は「」で、
これらの多用で疲れたお肌を休めて、リセットするという考え方なのです。

この肌断食、実際に長期にわたって行うと、お肌に様々な変化が現れます。
まず表に現れるのは、一時的にお肌の状態が驚くほど悪化します。

乾燥はもちろん、粉を吹いたり小じわが増えたり、肌の表面がカサカサになり、肌色のムラも増えます。

こうなってしまうと、お肌をきれいにするために肌断食をしていた人達は本当に焦ります。
そして、「肌断食は私には合わなかったのかも!」と思ってしまい肌断食を辞めてしまいます。

けれど、この肌状態は、化粧品やスキンケアで見えないようにしていた本来の肌状態なのです。
そして、これはお肌の好転反応で、肌が今までとは違う新しい健康なバリア機能が回復するまでの我慢です。

この時期を乗り越えれば、お肌の状態も落ち着いて、本来の健康なお肌に生まれ変わるのです。

本当に肌断食って効果があるの?


実際、肌断食で、お肌の調子が整った方もいらっしゃいます。

中には…


https://twitter.com/monaco_bar/status/878997535645286401
良くならなかったり、良くも悪くもならない方もいらっしゃいます。
お肌が肌断食に合う、合わない、というのもあるみたいです。
けれど…


こういうことなのかもしれませんね。

肌断食を行うときに、気を付けることの1つがここにあります。
肌断食が、すべてのお肌に合う方法とは言い切れません。

けれど、お肌トラブルの原因が、化粧品によるトラブルだったら、
化粧品を辞めたらお肌のトラブルがなくなるでしょう。

気を付けることのもう一つは、「効果が出るまでに時間がかかる」ことです。
その時間は、今まで一生懸命化粧やスキンケアを行っていた人ほど、効果が出るまで時間がかかります。

お肌のトラブルの原因が化粧品を使っていたから…そう考えると思わず頷いてしまいますね。

長く続くであろう肌断食。
効果が出るまでには時間がかかるのでゴールが見えません。

その上、結果が出るまでの間には、好転反応によって乾燥肌やお肌のトラブルは続きます。
それによって心が折れそうになったり、「もう辞めた!」と肌断食を辞めたくなるかもしれません。

けれど、それを乗り越えれば我慢した分の効果は得られます。

  • 乾燥肌が改善される
  • ニキビが減る
  • シミが小さくなる
  • 毛穴が小さくなる

肌断食を行うと、肌が化粧品の効果を頼らずに、自分の力で保湿しようとする働きが復活します。
それによって乾燥肌の人は、その症状が改善されます。

また、お肌の水分と油分のバランスが正常になりますので、
ニキビが減ったり、あるいはニキビが出来にくい肌になります。

お肌にあるシミをなくすことは出来ませんが、そのシミは小さくなります。
シミは、化粧品による肌の刺激によってメラニン色素を増やしてしまっているから発生するのですが、
化粧をしないことによって、お肌のメラニン色素が増えるのを抑えることができます。

また、同じ事はシワにも言えるようです。
もう出来てしまっているシワは治りませんが、肌断食によってお肌のハリが戻りますので、
シワは薄くなったり、新しいシワが出来にくくなるそうです。

肌断食についてはこちらの記事もご参考に!

肌断食で皮膚炎になるの?

せっかく、お肌をきれいにするために行っている肌断食。
それなのに、肌断食をつづけているうちに皮膚炎になってしまった…そんな話を聞きます。

確かに、肌断食を続けると、好転反応で乾燥肌や肌荒れにはなります。
けれど、それ以外に脂漏性皮膚炎になってしまうこともあります。

これは、急にお肌のケアを辞めたことによって起こることです。
普段から、お肌の保湿や保護を化粧品任せにしてしまうと、
お肌が本来持っている保湿効果保護効果少なくなってしまいます。

そこでさらに肌断食を行って化粧品を使わなくなるので、
肌自身が保湿や保護をすることが出来ず、肌が乾燥し、皮脂が大量に分泌されてしまったり、
肌の乾燥によって雑菌ウイルスが発生して肌荒れを起こしたりといった事が起こるのです。

「それじゃあ、脂漏性皮膚炎にならない肌断食の方法はあるの?」
…あります!

まずは、いきなり化粧品やスキンケアを辞めるのではなく、
少しずつ、化粧品を減らしていき、肌をならしていく方法です。

それと、もしもビニール肌のように、肌の角質がなくなってしまって、
ツルツルテカテカしているお肌の場合は、肌を守るバリア効果が低下しています。
肌断食を始める前に、そのお肌をある程度改善することをお勧めします。

そして、肌断食中はもしも皮脂が多いなど必要だと思ったら、水洗いにこだわらず、
お肌に優しい洗顔料石鹸で洗顔する事をお勧めします。
そして、お顔の乾燥が気になったら、その乾燥している箇所にワセリンを塗って、保湿しましょう。

ワセリンはべた付くのが難点ですが、
お肌の活動を邪魔しないので肌断食中の保湿にはとても効果的です。
ワセリンは、なるべく精製度の高い「白色ワセリン」を使ってください。

使うコツは乾燥している箇所にだけ少量のワセリンを使うことと、無理に洗い流さないことです。

悪化してしまったら我慢せずに、皮膚科へ行って診察を受けて下さい。

肌断食をすると、インナードライになりやすくなるの?

お肌の調子を整えることが目的の肌断食ですが、インナードライの人や脂性肌の人は、
特に気を付けて肌断食しないと、脂漏性皮膚炎や皮脂の出すぎが原因の炎症を起こすことがあります。

痛んでいる肌を正常にするために行っている肌断食です。
そして、肌断食中は、傷んだお肌がむき出しになってしまいます。

そうなってしまうと、今まで化粧品によって保湿されていた肌がむき出しになってしまい、
お肌の水分は蒸発して乾燥肌になり、
それを補うために皮脂がどんどん出てきて・・インナードライになってしまいます。

インナードライを引き起こさずに肌断食を行うには、
まずお肌の皮脂角質を、落としすぎない様にケアしましょう。

皮脂や角質は、お肌を乾燥から守ってくれるので、落としすぎてしまうと余計にお肌が乾燥してしまいます。

そして、お肌の乾燥が気になるようでしたら、ワセリンを使って保湿対策をしてください。

何も付けないのが良いというよりも、必要最低限の保湿は大切という考え方で、
少し緩く肌断食の事を考える事をお勧めします。

まとめ

  • 化粧品やスキンケアで肌トラブル肌荒れが起きるときもある
  • 肌断食によって脂漏性皮膚炎が起きることもある
  • 肌断食を行うときは、化粧品の量を少しずつ少なくする等の対処が必要
  • 肌断食によってインナードライになることもある
  • 必要最低限の軽い保湿は肌断食中のインナードライを防ぐ

いかがでしたでしょうか?

誰しも、少なからず持っているお肌の悩みやお肌のトラブルは、
もしかしたら化粧品や日頃のスキンケアが原因かもしれません。

肌断食が、すべてのお肌に効果的とは限りません。
けれど、化粧品によって負担がかかっているお肌なら、ある程度は効果があるのかもしれませんね。

あるいは、肌断食は無理でも、
お肌に負担をかけないケアの方法を見直してみるのもいいです。

そして、肌のトラブルが見つかったら早い内にケアが出来ると良いですね。