歯茎痩せる原因として、歯周病や加齢、歯磨き、
噛み合わせなどが考えられるようです。
痩せてしまった歯茎にはどのような対策を行えばよいのでしょうか?
そして、歯茎が痩せないためのはどうすればよいのでしょうか?

ここでは歯茎が痩せる原因と痩せてしまった歯茎の対策や
歯茎が痩せないための予防について詳しく紹介していきます!

<Sponsored Link>

歯茎が痩せる原因とは?

255gf1420432724l

歯茎が痩せる下がるという症状は、正式には歯肉退縮と言われています。

毎日しっかりと歯磨きをして、ケアをしていれば歯茎が痩せるのを
遅らすことはできるようなのですが、それでもはっきりと歯茎が痩せたり
下がってしまうという場合、以下のような原因の可能性が考えられます。

歯周病

歯茎が痩せるや下がるという原因として最も考えられることは、
日本の80%以上もの人がかかっているといわれる歯周病です。
歯周病になってしまうと、歯茎に歯肉炎が起こり歯と歯茎の間に歯垢が溜まります。

そして、歯茎の炎症が進み、最終的には歯を支えている骨が溶けてしまうこともあるようです。
歯周病はほとんど場合自覚症状がないので気づきにくいので、
やはり毎日しっかりと歯を磨くこと大切になってきます。

間違った歯磨き

歯茎が痩せるや下がる原因として、実は歯磨き要注意なのです。
歯の磨きすぎや間違った力の入れ方によって歯茎が痩せることがあるようです。

虫歯を防ぐためにと思いゴシゴシと強く磨く方も多いと思うのですが、
強く力を入れて磨くことによってやわらかい歯茎が削れてしまい、
それが歯茎の老化へとつながってしまうのです。

この他にも、歯ブラシを大きく動かしすぎるや歯間ブラシを無理に通そうとする
なども歯茎を傷めてしあい、歯茎が痩せる原因になってしまうのです。
強く力を入れなくても、正しく歯磨きを行うことで歯垢はキレイに落ちるので、
ゴシゴシと力強く磨くのではなく、マッサージをするような感じで優しく歯を磨くようにしましょう。

加齢

年齢がまだ若いうちは歯茎の手入れをしていなかったとしても、
目に見える大きな影響はあらわれないでしょう。

しかし、歯茎は一般的に10年で2ミリ痩せたり下がったりすると言われていて、
20代の歯茎に比べると50代の歯茎は6ミリも下がってしまうということになるのです。

噛み合わせ

歯茎が痩せるや下がる主な原因の1つとして、噛み合わせも考えられます。
一部の歯が強く噛み合わさっている場合、その歯の歯茎だけが
痩せてしまい歯根が見えてくることがあります。

また、歯ぎしりなども同じく極度な力が加わった場合に歯茎に影響があらわれるのです。
歯の矯正をしたことがある方は、歯を人工的に動かしたことが原因で
歯茎が痩せるや下がることもあるようです。

口腔トラブルについてはこちらの記事もご参考に!

痩せてしまった歯茎の対策や治療法は?

正しく歯磨きをしていたとしても、やはり歯茎が痩せたり下がってしまうことはあり、
一度痩せたり下がってしまった歯茎を元の状態に戻すことは簡単なことではありません

ただし、絶対に戻らないというわけではないので、痩せてしまって歯茎が気になるという方は、
一度歯科医に相談してみることをおススメします。

痩せたり下がってしまった歯茎の対策や治療法としては、
遊離歯肉移植」と「結合組織移植」という代表的な2つの治療法があるそうです。
これらは他の部位からとってきた歯肉や結合組織を痩せて歯茎に貼りつける
というもので、移植してから数ヶ月後にはしっかりとした歯肉となるようです。

また、歯茎が痩せるや下がるという原因が噛み合わせの悪さだと考えられる場合には、
歯茎の治療だけでなく、まず噛み合わせの調整を対策として行われることがあるみたいです。
歯や詰め物をほんの少しだけ削って調整するのが一般的で、
噛み合わせを0.1mm変えるだけでも感覚は大きく変わるのです。

これらの他にも、歯と歯茎を引っ張りあげる「エクストルージョン
という方法や隣りの歯の歯茎を移動させる「歯肉弁側方移動術」といった方法があるようです。

これらの方法はいずれも医師の技術や患者さんの歯茎の状態に大きく関係してくるので、
信頼できる医師にきちんと診察してもらい、自分に合った対策や治療を行うようにしましょう。

歯茎が痩せるのを予防するための方法とは?

上では歯茎が痩せるや下がる原因と痩せてしまった下がってしまった歯茎の対策や
治療法について紹介したのですが、最も大きな原因は歯周病なのです。

ですから、歯茎が痩せるや下がるのを予防するための方法は、やはり今の歯磨きを見直すことです。
歯周病の進行を防ぐことが、歯茎が痩せてしまうや下がってしまうことを防ぐのに大きく関係してきます。

正しい歯磨きとして、まずは夜寝る前に必ず歯を磨くということです。

歯を磨かずに寝てしまうと、口の中は雑菌だらけなってしまいます。
すると、夜寝ている間に歯を守ってくれる唾液の分泌する量が大きく減ってしまうので、
寝ている間に菌の増殖を抑えるためにも寝る前に歯を磨くことはとても大切なのです。

ですから、夜寝る前朝起きた後、そしてできれば食後は歯を磨くという習慣を付けるようにしましょう。

歯を正しく磨くうえで歯ブラシも大事になってきます。
歯ブラシは自分が使いやすく、痛みや違和感のない歯ブラシを選ぶことが大切なのですが、
歯周病の進行を防ぐためには「軟らかいブラシ」で「小さなヘッド」のものをおススメします。

歯ブラシが傷んでくると磨いている歯も傷んでしまう恐れがあるので、
歯ブラシは1~2ヶ月を目安に新しい歯ブラシと交換するようにしましょう。

歯磨き粉は付けなくても大丈夫なのですが、何か付けないと違和感を感じるようであれば、
粒子がなるべく細かい薬用歯磨き粉を使うようにしましょう。
粒子の荒いものや研磨剤入りのものは、余計に歯茎を傷つけてしまい
歯茎が痩せる原因になってしまうので、避けるようにしましょう。

それから、歯ブラシはペンを持つように持ちましょう。
この持ち方が余計な力が入らず優しく磨ける方法で、
マッサージをするように力を入れず小刻みに動かすように歯を磨くようにしましょう。

また、歯槽骨に必要な栄養素を積極的に摂取することも
歯茎が痩せることを予防するのに役に立ちます。

カルシウムやミネラル、ビタミンCをはじめとしたビタミン類、
コラーゲンを意識的に摂取することで、歯茎が痩せるのを予防して健康に保つことができるでしょう。

これらはサプリでも摂取が可能なので食事で補えない場合は
毎日サプリを飲むことを習慣付けましょう。

マルチビタミンサプリの詳細はこちら

まとめ

最後になりますが、歯茎が痩せる原因として、歯周病加齢、
歯磨き、噛み合わせなどが考えられるようです。

痩せてしまって歯茎の対策や治療法としては、他の部位からとってきた歯肉や
結合組織を痩せて歯茎に貼りつけるという「遊離歯肉移植」と「結合組織植」、
噛み合わせの調整などがあります。

そして、歯茎が痩せるや下がるのを予防するためには、
歯周病を防ぐために正しく歯を磨くことが重要になってくるようなので、
ここで紹介したことをぜひ参考にしてみてください。