高齢者がよくかかってしまう病として認識も高い肺炎
テレビCMでも予防のためのサプリ等も見かけますね。

では、どのような病なのでしょうか。
周囲の人間が肺炎患者を見分けられるのかどうか気になる方もいらっしゃると思います。

どのように予防すれば良いか、どのような食事を摂れば良いのか、ご紹介していきたいと思います。

<Sponsored Link>

肺炎の原因と症状

肺の中にある肺胞に炎症が起きると肺炎となるそうです。
原因は主に細菌ウイルス

死亡率は65歳以上の高齢者が多く免疫力の低い子供も発症することがあり、
日本人は特に肺炎が死因になることも多く高齢者に限れば肺炎で亡くなる人はがんよりも多いそうです。

症状としては、
発熱や激しい咳、息切れや呼吸困難が主で倦怠感や胸や喉の痛み、
声枯れ、耳の痛み、吐き気、下痢発疹、関節の痛み、鼻水や痰、喘鳴、意識障害と様々な症状も出るようです。

時には咳が出ず、高熱だけが出たりする場合もあるので息苦しそうにしていたり、
意識が朦朧としていたら躊躇わずに受診するのがいいと思います。

老人性肺炎

肺炎には多数の種類があり
中でも誤嚥性肺炎という肺炎は発症する高齢者が多いため、老人性肺炎とも呼ばれます。

気管に誤って食べ物を入れてしまうと、
肺に細菌が入り込み炎症を起こして老人性肺炎の原因になってしまいます。

また、寝ている間に胃液が逆流して気管に入り込み原因となる場合もあり、
なかなか注意しきれないのも厄介なところです。
乾いた咳が出たり、息切れや発熱といった症状や
食事中の咳が増えた、食事をする時間が長くなった、唾液がうまく飲み込めない、
喉がゴロゴロと鳴るといった症状も注意が必要です。

治療法と薬の種類

肺炎の治療はまず、何が原因なのかを探る必要があります。
原因によって治療法が異なり、薬の種類も変わってきます。
重症化していれば入院の可能性もありますが原因菌が特定できれば
抗菌薬の服用で治療できるため外来診察ですむ場合も多いそうです。

肺炎の原因で一番多い肺炎球菌連鎖球菌
菌を死滅させる、βラクタム系抗菌薬が処方されるそうです。

この抗菌薬が効かない場合は
マクロライド系テトラサイクリン系、キノロン系などの抗菌薬が用いられ、
重症度などによっても治療期間は変わってきます。

明らかに重症であれば医療機関の受診は免れませんが
軽い症状の場合は外来診察でお薬をもらい自宅でゆっくりと療養することも可能です。
免疫力の低下も肺炎の原因のひとつなので無理に通院して悪化するよりは、しっかり休むことも必要です。

肺炎については、こちらの記事もご参考に♪

肺炎に良い食事

体力を回復させるために、高カロリー高たんぱくな食事が良いそうです。
ただし油分を抑え、消化に良いものを摂るのがポイントです。

そして、発熱を伴う場合には、しっかりと水分補給を心がけましょう。
水分補給にはカフェインの入っていないものを選びます。
高熱の場合には流動食で胃腸に負担をかけず、喉を通りやすいおじやなどを食べましょう。

発熱や咳、呼吸困難に効果のある食材は
おろし生姜、レンコン、大根ですので、積極的に取りれることをオススメします。

こちらは誤嚥性肺炎の食事介護についての動画ですが、参考になると思います。

肺炎予防

肺炎の予防は風邪の予防とよく似ています。

うがいや手洗い、マスクの着用などを普段から徹底し口の中を清潔にすること、
食事の際の誤嚥を防ぐことが大切です。
うがいは、うがい薬を使うと、より効果的です。

もちろん禁煙をすること、
そして規則正しい生活をして体の免疫力を気にかけておくことも大事です。
ワクチン接種も出来ますので、肺炎予防について是非一度医師に相談してみましょう。


ツイッターでも肺炎予防について提唱があります。


予防接種はとても大切なようです。


歯磨き専用スペースはとても良いと思います。

まとめ

高齢者の病と受け流してしまうことも多いかと思いますが
免疫力が落ちた人なら誰でも発症する病、肺炎

働き盛りでも、体力のある子共でも注意は必要です。
普段から正しい予防を心がけ、健康に過ごすよう努めましょう。

発症してから後悔しても遅いのです。
症状は苦しいものばかりですので、できればかかりたくないですよね。

しかし、それでも突然発症してしまう場合もあります。
周囲で肺炎を発症してしまった人がいる場合は出来る範囲で手助けしてあげましょう。