寝不足になってしまうと、体の機能が正常に働かなくなり、
その結果吐き気やめまいを引き起こしてしまいます。

そして、寝不足によって吐き気やめまいの症状が出ているということは、
体が強い負荷にさらされているというシグナルなのです。

ここでは寝不足と吐き気・めまいの原因と対策について紹介していきます!

寝不足と吐き気の関係性は?原因と対策とは?

Sick Young Woman Lying in Bed

寝不足吐き気には、いったいどのような関係があるのでしょうか。

もちろん個人差はあるのですが、寝不足ですぐに吐き気が起こる場合もありますし、
反対にやたらと空腹を感じる人もいるそうです。吐き気と同時にめまいを感じる人もいます。

寝不足が原因の吐き気の場合は、十分な睡眠をとることで解消されると思います。
しかしながら、寝不足が慢性的なことになってしまうと免疫力が低下してしまい、
いろいろな病気を引き起こす要因になるので注意しなくてはいけません。

吐き気を感じた場合、その原因が寝不足だけとは限らず、
何らかの病気の初期症状ということも考えられます。
まずは十分に睡眠をとることが重要なのですが、
それでも治らないときは病院へ行って診察を受けるようにしましょう。

病気になるときというのは、寝不足はもちろん、過労ストレスなども深く関係してきます。
これらの要素がいくつも重なりあって、深刻な病気を引き起こしてしまうリスクが高まるのです。
ですから、寝不足による吐き気は当たり前のことなどと甘く考えないようにして、
なるべく早く病院へ行くことをおススメします。

また、吐き癖がつくのを防ぐために、吐き気を感じてもなるべく我慢するようにしましょう。

寝不足の対策としては、寝る3時間前ぐらいから食事を控えること
カフェインを避けることテレビ・パソコンなどで神経を興奮させないことを心がけてみましょう。
このような簡単なことを守るだけで、短時間でも熟睡できるようになります。

夕食後のコーヒーをノンカフェインに変えてみましょう。

味もさほど変わりません(*^^*)

本人に自覚がなくても、睡眠の質が悪いと寝不足になることもあるので、気にかけてみましょう。

また、寝不足による吐き気と思っていたら、
実は熱中症だったという話もよく聞くので覚えておくとようにしましょう。

寝不足と吐き気について、詳しくはこちらを参考にしてください!

寝不足とめまいが関係性は?原因と予防とは?

p-41

寝不足によってめまいは、起こるのでしょうか。

めまいの原因としては低血圧や過労などが考えられるのですが、
寝不足によってめまいが起こることもあります。
この場合、たいていはクラクラするように感じると思います。

寝不足の人は低血圧になりやすいので、急に立ち上がったり
長時間立ち続けたりする
とめまいが起こりやすくなってしまうのです。
ですから、寝不足が原因のめまいは、座ったまま安静にしていればすぐに治まります。

めまいの原因としては過労も考えられるので、
これらの原因を取り除くことが最大の予防策と言えます。
とは言っても忙しくてなかなか休めない人も多いとおもいうので、
そのような場合はせめてゆっくりと立ち上がるとか
あまり長い時間立ち続けないようにするということを心がけるようにしましょう。

また、クラクラするめまいだからと言って寝不足と決め付けいては
危険な場合もあるので、長い間めまいが続くようであれば、
深刻な病気の恐れも疑ってみる必要が
あります。
ふわふわするようなめまいまわりがぐるぐると回るような
めまい
は特に危険なので、すぐに病院へ行くようにしましょう。

専門医については、どのタイプのめまいかによって受診すべき科が異なってくるので、
自分のめまいのタイプについて事前に調べておくことも大切で、
よくわからな
い場合はまず耳鼻科か神経内科で相談することをおススメします。

一般的なめまいの原因は、寝不足ストレス塩分・脂肪分の摂り過ぎなどが考えられます。
症状によっては体操で簡単に予防できる場合もあります。
特に女性
や年配の方に多くみられる症状なので、
普段から塩分などの摂取量に気をつけたり
、疲れを溜めないようにするなど
予防に努めるようにしましょう。

まとめ

最後になりますが、吐き気やめまいは寝不足が原因によって起こることもあるので、
まずは寝不足の改善に努めるようにしましょう。

そして、長い間症状が続く場合は何か病気の恐れもあるので病院へ行って診察してもらうようにしましょう。