この季節、気になるのが汗ですよね。
よく聞く「発汗」と「冷汗」、
どちらも汗をかくことですが、どう違うのでしょう?

今回は発汗と冷汗の違い
夏の発汗は抑えるべきか、たくさんかくべきか?
冷汗の場合のリスクについて説明していきます。

<Sponsored Link>

発汗と冷汗の違いとは?

2016-07-20b

まずは冷汗について。
あなたも怖い思いをした時や、驚いたとき、恥ずかしい思いをした時に
体がサーっと冷たくなりながら、
汗が出てきた経験が1度はあるのではないでしょうか?

このように皮膚の血管収縮や鳥肌など、
体温が下がる時に出やすいものを冷汗と言います。

そして発汗(脂汗)について。
こちらは皮脂分泌の多い顔(特にTゾーン)をはじめ、
体の中央のラインを中心に分泌される、ややベタつきのある汗のことを言います。

腹痛や下痢、発熱などの時に体の異常を知らせるサインとして
手の平や足の裏にかく汗もそうですが、
気温が暑く、体温が上昇するために出る汗や、
極度の緊張や興奮状態にある時に噴き出す汗もあり、
発汗と一言で言ってもいろんな種類があるのです。

夏の汗は抑えるべき?発汗を良くするべき?

何かと嫌われがちな汗。
特に女性だと匂いやベタつきが気になってしまうものですよね。
ですがこの汗、私達の体にとってとても重要な役割を果たしているのです!

その1つ目は体温調節。
汗をかくことによって体内の熱を外に逃がして体温を下げてくれるので、
とても重要なものなのです。

そして2つ目は疲労・不要物質の排出。
筋肉が疲労すると乳酸や二酸化炭素が体内に溜まり、
体がだるくなってしまいます。
汗をかくとこれらの老廃物が排出され、
デトックス効果でお肌もツルツルになります。

もちろん汗をかくとベタつくし、匂いが気になるし、
お化粧が崩れてしまったりと、まさに女性の敵ですが、
健康のことを考えたら汗をかいた方がいいのです。

汗が気になる方は、
エチケットとして制汗剤を使って汗を抑えることもいいですが、
定期的に思いっきり汗をかける日も設けましょう!

汗をかいた後のベタつきが気になる場合は
デオドラントシートで拭き取るのがオススメ。

拭いた後にサラっとするのが気持ちいですね(*^^*)

逆に汗をかいてすっきりしたい方はこちらをどうぞ。

運動が苦手な方はこんなものもオススメです。

冷や汗は危険!?何かのサインかも?

体調が悪いわけでもなく、
緊張しているわけでもないのに出る冷や汗。
それは体からのSOSかもしれません。

熱中症の初期症状かも?

今の季節、気をつけたいのが熱中症です。
熱中症にかかると体は体温を下げようと汗を出し、熱を外に放出します。

その結果、血圧や脳の血流が低下し、冷や汗が出るのです。
冷や汗と一緒に気分が悪くなるなどの症状が出たら、熱中症を疑ってみましょう。

空腹時の冷や汗は低血糖のサインかも?

空腹で血糖値が下がり過ぎると集中力がなくなりますが、
更に低血糖が進むと、冷や汗が出てくることがあります。
できるだけ症状が進まないうちに糖分を摂取するようにしましょう。

心臓に負担がかかっているのかも?

血液を送り出すポンプのような役割を担っている心臓。
この機能が低下すると、冷や汗が出るのです。
顔面が蒼白になっている時は、心不全や狭心症、
心筋梗塞などの大きな病気のサインかもしれないので、
このような症状があった場合は1度、病院に行ってみましょう。

まとめ

2016-07-20c

これからの季節、何かと悩まされる汗問題。
しかし、汗をかくからこそ、私達は健康でいられるのです。

汗といっても体調が悪い時に出る冷や汗や、
運動した時に出る汗などいい汗や悪い汗がありますが、
それも体が教えてくれるサインの1つ。
ただの汗と考えずに、自分の体調としっかり向き合ってみましょう!