半身浴は体を芯から温める入浴方法として有名ですが、
実はアトピーにも効果が高いのです。

汗をたくさんかくためにダイエットやデトックス効果があるだけでない半身浴に、
更にアトピーにも効果があるのならば実践してみるほかありません。

半身浴の効果的な方法をお話しましょう。

<Sponsored Link>

体の外側からアトピーに有効な半身浴

2015-06-04b

アトピー性皮膚炎は皮膚が乾燥してしまい、
肌に粉が吹いたような状態になったり逆に湿疹ができてじくじくしたりします。

どちらにも言えることは肌が敏感な状態になっているということです。
この状態で熱いお湯に浸かってしまっては、熱さが皮膚に影響し、
入浴後には更にひどい乾燥状態になってしまう可能性もあるのです。

半身浴をするためのぬるめのお湯は、
肌が敏感になっているアトピーの皮膚にも影響を与えにくい入浴といえます。

ぬるめのお湯は肌から皮脂を必要以上に奪うことなく、
適度な潤いも与えてくれます。

アトピーによる強いかゆみにさらされていると、
心の中にはストレスが溜まってしまいます。

ゆったりとお湯につかることで、こうしたストレスから解消され
リラクゼーション効果を与えてくれるのです。

心の効果はアトピーにも有効なのです。


体の内側からアトピーに有効な半身浴

アトピーの人は汗を上手に書くことができないといわれています。
本来汗をかくという行為は体温を下げるものと同時に、
体の中の毒素を体外へ排出する行為でもあります。

汗を上手にかけないアトピーの人は、体の毒素を上手く排出できないため
体内に毒素が溜まっているといった状態なのです。

半身浴はこの毒素を排出する手助けをしてくれます。
たくさん汗をかくのがポイントになりますので、
水分をしっかりとって入ることが大切になるのです。

毒素をおおいに排出し、体の中からキレイになるようにしましょう。

アトピーに有効な正しい半身浴の方法

お湯の温度は37~40度といったぬるめの温度に設定してください。
みぞおちから下の部分だけお湯につかります。

心臓までつけてしまうと半身浴にはなりません。
ゆったりとした気分で長くつかるのがコツになります。

長くつかるので暇を持て余すということもありますが、
その場合にはお風呂に音楽を持ち込んで聞いたりすれば、
更にリラックス感も高まります。

たくさん汗をかきますので、水分は十分に摂るようにしましょう。
お湯につかりながら少しずつ飲むのも効果的です。

その際には飲み水の温度は冷たくせずに常温にしておきます。
入浴する前、入浴中、入浴後と水分を充分に摂るようにしましょう。

冬場は長く入ると温まるまでに時間がかかり、
お湯の外に出ている部分が冷えてしまう場合もあります。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

その場合は肩に乾いたタオルをのせたり、
お風呂の蓋を半分閉めて入ると寒くありません。
ケープを付けると蒸されるためサウナ効果があり、
より汗をかきやすくなります。
汗をかくまでに時間がかかる方にはオススメです!
サウナケープの詳細はこちら

入る時は食後のすぐ後は避けるようにしましょう。

まとめ

2015-06-04c

半身浴は皮膚に触れるお湯の温度がぬるいため、
敏感になっているアトピーの皮膚には悪い影響を与えません。

余分な皮脂を落とすことなく入浴することができます。
またお風呂でリラックスすることで、
普段から辛いアトピーの生活に一息入れることもできます。

汗をかくことが上手ではないアトピーの人にとって、
半身浴で汗をかくことは体の中に蓄積されていた毒素を体外へ排出する機会になります。

半身浴はたくさんの汗をかくので、水分摂取には気を使いましょう。
入浴前、入浴中、入浴後にそれぞれ水分を摂り、
脱水してしまうことを防いでください。

冬の半身浴は体が温まるまで時間がかかりますので、
体が冷えないように乾いたタオルを肩にかけたり、
お風呂の蓋を半分閉めたりする方が良いでしょう。