寒い冬に動悸が・・・気温も下がり寒い冬の季節に
気を付けなければいけないことの1つに、ヒートショックがあります。

寒い冬になって、トイレや入浴中に急死というニュースを
もうご覧になった方もいると思います。
実はこの原因が、ヒートショックなのです。

ここではヒートショックによる動悸の原因と予防方法について紹介していきます!

<Sponsored Link>

 ヒートショックで動悸がする?

heat

ヒートショックとは、急激な室温などの変化により、
血圧が急上昇したり急下降したり、脈拍が速くなったりして
動悸がする状態のことをいいます。

例えば、冬に暖房のかかった部屋から外に出ると、ゾクゾクとするのも
ヒートショックの1つです。
ゾクゾクした瞬間に、体は体温を一定に保つために血管が急激に収縮させます。
それによって血圧や脈拍が急に変動し、心臓に思っている以上の負担をかけているのです。
よって心筋梗塞脳血管障害などにつながりやすく、かなり危険な状態をひきおこす場合があります。

国の統計によると、交通事故による年間死亡者数が約7~8千人に対し、
ヒートショックによる死亡者数は推定1万人を超えているとも言われています。

ヒートショックをおこしやすい人とは?

ゾクゾクしたからといって、すべての人がヒートショックを起こすわけではなく、
以下のような人が起こしやすくなります。

  • 65歳以上の人
  • 高血圧、動脈硬化、糖尿病などの病気がある人
  • 肥満気味で、睡眠時無呼吸症候群など呼吸に問題のある人
  • 不整脈がある人
  • 自宅の浴槽に暖房設備がない人
  • 1番にお風呂に入ることが多い人
  • 熱いお風呂が好きな人
  • お酒を飲んでから、お風呂に入る人

以上のような人が起こしやすいのですが、高血圧糖尿病
動脈硬化などの持病がある人はヒートショックの影響を多く受けやすいので要注意です。

特に高齢者は、血管が弱くなっているうえ、血圧の上昇幅が大きいので、
脳出血を起こしやすく、家庭内で死亡する原因の4分の1を占めているぐらいなのです。

ヒートショックの原因とは?

heatshock

ヒートショックの原因とは、ズバリ温度差です。
真冬に暖房をかけている部屋と全く暖房していない場所の温度差は10度以上あります。
この温度差が血圧や脈拍の急変動を起こしてしまうのです。

特に日本の家はトイレや浴室、洗面所に暖房設備がない場合が多く、
また水回りは北側に設置するのが標準的になっているので、
なかなか室温も上がらないのです。

さらに浴室などはタイル貼りなので、
タイルからの冷気でさらに温度が低くなって
しまうのです。

また、ヒートショックは寒い冬だけのものと思われているのですが、
夏の冷房激しい運動が原因で起こることもあるので気を付けましょう。

ヒートショックで要注意なケースとは?

ヒートショックを起こしやすいのは、やはり冬の入浴です。
寒い浴室や脱衣所に入り血圧の急激な変化と心拍数の増加で、
動悸や立ちくらみなどで転倒してしまい、浴槽で溺死することもあります。
また、熱いお湯に長く浸かると血圧が急激に下がり、脳梗塞心筋梗塞を起こしやすくなります。

実際にお風呂に入ったとき、どのように血圧が変動するのかを見てみましょう。

  • 寒い脱衣所や浴室に入る⇒血管が収縮し、血圧が上昇する
  • 服を脱いだり、体を洗う⇒体を動かすので、血圧がさらに上昇する
  • 湯船に入る⇒入った瞬間は、熱の刺激で血圧は上昇するが、
    体が温まり、しばらくすると血管の拡張と血流が改善されるため、血圧が急下降する
  • 湯船から出て、脱衣所へ出る⇒体を動かすため、血圧が上昇する
  • 服を着る⇒体温が保たれるので、血圧が下降する

以上のように、血圧が小刻みに変化します。血圧の上昇する幅が大きいほど、
下がるときも急降下するので、ヒートショックのリスクがさらに増します。
そして、急降下するスピードが短時間だと、動悸めまい
眠気失神意識障害が起こると言われています。

また、血圧の変化と同じく心臓にかかる負担も大きいので、
熱いお風呂に入ることにより不整脈心停止の状態になってしまう恐れもあります。
したがって、寒い季節の1番風呂は、浴室が温まっていないのでヒートショックを起こしやすいのです。

話は少し変わるのですが、1番風呂の弊害としては、水道水に含まれる塩素は
ビタミンCと結びつく性質があるので皮膚から塩素が吸収されてしまい、
体内で酸化作用
がおきて、体内からビタミンが失われるのであまりよくないという説もあります。

これを防ぐためには、みかんやレモン、お茶の葉などをお風呂に入れましょう。
れらが塩素と結びついて酸化作用をおこしてくれるので、お湯もまろやかになり、
体にも良いという一石二鳥の効果を期待できます。

ヒートショックを防ぐためにはどうすればよいの?

6e65e4992aa0cea32a5b1f87c8f37061-500x424

ヒートショックを防ぐために浴室暖房があればそれを使えばよいのですが、
浴室暖房がない場合は以下のことに注意しましょう。

  • シャワーを高い位置から浴槽に入れて、お湯を溜める
  • 脱衣所に暖房器具を置く
  • お風呂に入る前に浴槽のふたを開けておく
  • お風呂の温度を38~40度ぐらいに設定する
  • 高齢者や高血圧の人の一番風呂は避ける
  • 食後すぐの入浴は避ける
  • 入浴前に、アルコールや降圧剤など薬を飲まないようにする
  • いきなり湯船に入らず、心臓に遠い部分からかけ湯をして体を慣らしてから入る
  • 湯船から出るときは、急に立ち上がらない
  • トイレにも小型でよいので暖房機を置く

以上のことを実践して温度変化がなるべく少なくなるように注意して、
ヒートショック
を未然に防ぐようにしましょう。

浴室の床にスノコやマットを引くのもオススメです。

スノコよりも、こちらの素材のようなマットの方が足元が少し温かく感じますよ。
大きさやデザインも様々なものがありますので、楽天やamazonでチェックしてみると良いですね(*^^*)

まとめ

最後になりますが、ヒートショックを起こしやすい寒い冬の季節、
あなたの家庭は大丈夫でしょうか?

ヒートショックを起こしてしまう原因を理解して取り除くだけで、
ヒートショックを起こす確立は格段に下がるので、ぜひ参考にしてみてください。