ヘルパンギーナ溶連菌感染症
お子さんを持つ方なら一度は聞いたことがある病気だと思います。

どちらもよく似た症状が現れますが、
実は根本的なところで大きな違いがあるのをご存知ですか?

その違いとは、ヘルパンギーナはウィルス性の病気で、
溶連菌感染症はウィルス性ではない、ということです。

よく似た症状なのですが、対処法はだいぶ異なるため注意が必要です。
具体的にどのような症状・対処法をとるべきなのでしょうか?

<Sponsored Link>

ヘルパンギーナとその症状

2015-06-07b

ヘルパンギーナは冒頭でも述べた通り、ウィルス性の病気です。
子供を中心に夏に流行するため、夏には特に注意が必要です。

症状としては発熱と喉の痛みなどですが、
口腔粘膜に水疱性の発疹ができることが特徴的です。

そのためこの病気を疑う際には、
口の中を確認するのが一番早くて確実でしょう。

喉の奥や上あごに水疱ができていれば、ヘルパンギーナの可能性が高いです。

症状としてはかなりの発熱を伴い、ひどいときは40℃にもなります。
熱により全身の関節痛がでますし、
喉の水疱により食事が困難になるため、非常に注意が必要と言えます。

そして一番やっかいなのは、ワクチンがないということ!
そのため病気になっても対症療法で治療するしかなく、また予防も難しいのです。

もしかかってしまったら、熱がひどいようなら解熱剤、
痛みがひどいなら鎮痛剤といったように、症状を抑えて自分の体力で治すしかないのです。

基本的には生死にかかわる病気ではありませんが、
体力が落ちているときは注意しましょう。

脱水症状などがひどいようでしたら、入院して治療するのもひとつの手です。


溶連菌感染症とその症状

それに対して、溶連菌感染症はどのような症状なのでしょうか?

こちらも子供を中心に、夏に流行します。
そして発熱と喉の痛みという、ヘルパンギーナと同じような症状がでます。
お子さんがこれらの症状を訴えたら、
ヘルパンギーナと合わせて溶連菌感染症も疑いましょう。

溶連菌感染症は体や手足、また舌などに赤い発疹がでます。
ヘルパンギーナが水疱であったのに対してこちらは発疹のため、
そこで病気を判断することができますね。

そして溶連菌感染症は抗生物質での治療ができます。
抗生物質のお薬はとてもよく効くため、
大抵の場合は熱も2~3日で下がり喉の痛みもとれます。

そのため対処さえきちんと行えば、
ヘルパンギーナよりも重症化することは少ないと言えます。

ただし抗生物質はしっかりと飲まなければいけません。
症状が落ち着いても10日程度はしっかり飲み続けましょう。

また症状が収まっても他人にうつしてしまう可能性があるため、
登校や出社などは医師の指示に従って判断するよう心がけてください。



どちらの病気もきちんと予防・対処を!

2015-06-07c

ヘルパンギーナ溶連菌感染症も、
きちんと対処をすればそこまで怖い病気ではありません。

ただし体力が落ちているときは、
予想以上に重症化することもありますので、きちんと医師の指示を仰ぎましょう。

またどちらも他人にうつす可能性があり、
逆に言えばうつされる可能性もあります。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

特に夏に流行するため、うがいや手洗い、
マスクの着用などをしっかりと行い、予防に努めましょう。
イソジンのお探しはこちら

子供を中心に流行しますが、
保育園や幼稚園などでは集団生活せざるをえません。

園内の子供で病気にかかった子がいないか、
流行していないかなどは先生としっかりとコミュニケーションをとって予防に努めるのがよいでしょう。

そしてヘルパンギーナも溶連菌感染症も、
大人にもうつるという点を忘れてはいけません。

大人になってから病気になると重症化するケースが多く、
特に完治するまでも時間がかかったりします。

子供から大人、大人から子供への感染も十分に考えられますので、
お子さんだけでなく親であるご自身もしっかりと予防をしましょうね。