ヘルパンギーナで苦しんでいるとき、どんな対応をするべきでしょうか?
痛み止めで対処できるのでしょうか?

喉の痛みがかなりつらく、ご飯を食べるのもつらいと思います。
喉の通りがいいもの、例えばゼリーや水分を多く含むものでしたらまだマシですが
固形物を食べるのはかなりつらいんですよね(T-T)。

結局のところ、ヘルパンギーナの特効薬はありません。
したがって対処療法として鎮痛剤や解熱剤などを処方してもらうしかないんです。
つらいかもしれませんが、お医者さんに処方されたお薬を飲んで
数日は身体をゆっくり休めるしかありません。

そもそもヘルパンギーナって??

2015-05-19b

ヘルパンギーナは、ヘルペスアンギーナという言葉が合わさってできた言葉です。
ヘルペスは水泡を意味しています。

これは喉に限らず口回りや目にもできたりしますよね。
そしてアンギーナは喉の炎症を意味しています。

つまりヘルパンギーナとは、
喉に水泡ができて炎症を起こしているという病状と言えます。

喉を目視しても水泡ができているのがわかるので、
もし病気自体を知っているのであれば比較的判断しやすいと言えるでしょう。

ヘルパンギーナは大人よりも子供がかかりやすい病気です。
ウィルス性のため他人からもらってくることが多い病気のため、
幼稚園児などが特にかかりやすいと言われています。

お子さんがもし喉の急激な痛みを訴えたのなら、喉をみてあげてください。
口内炎のような水泡がびっしりできている場合もあり、かなりつらいはずです。

急激な高熱も併発するため、すぐにお医者さんにみてもらうようにしましょう。


実は特効薬がないんです!

ヘルパンギーナには専用の特効薬といわれるものが存在しません。
つまり、発熱には解熱剤、痛みには鎮痛剤などを処方するしかなく、
自然療法ないし対処療法になってしまうんです。

とにかく身体をゆっくり休めること。
そして水分をしっかりととるようにしてください。

食べ物は無理して食べず、ヨーグルトやアイス、
またはゼリーなどの食べやすいものを中心に食べましょう。

無理して固形物を食べようとしても、消化するにも体力が必要となるため、
かえって逆効果になってしまう場合もあります。

しばらく安静にしていると、4〜5日程度で症状はやわらいでくるはずです。
そうしたら少しずつ食事をとるようにしましょう。

とにかく特効薬といわれるものがないため、喉の痛みをやわらげるためには
一般的な鎮痛剤を痛み止めとして処方するくらいしかありません。

つらいかもしれませんが、そこはお医者さんの指示に従って回復を待ちましょうね。

痛みを和らげるコツとは?

特効薬はないとはいえ、いくつか痛みを和らげるためのコツはあります。

まず、身体のリンパ(わきの下、首の両脇、足の付け根)を冷やすことです。
これによって痛みが若干やわらぐこともあります。

冷えピタや氷枕などで冷やしてあげると少し楽になるようです。
ただし冷やしすぎは逆効果なので、様子をみながら適度に冷やすようにしましょう。

また飲み薬の鎮痛剤が効かない場合は、座薬なども効果的です。
座薬は即効性があるため、効果のある場合はすぐに痛みを和らげることができます。

ただしこれもお医者さんの指示に従ってください。
効果がない場合もありますし、
別の病気だった場合には逆に悪化してしまう可能性もあります。

最近はネットでもロキソニンを購入することができて便利です。
大人であればこれを服用するのも一つの手かもしれませんね。

飲みすぎると胃に負担がかかるため、服用の際はその点もご注意ください。

医師に指示に従って自然療法するしかないのが現状

2015-05-19c

このように、ヘルパンギーナは対処療法・自然療法で治癒するのを待つしかありません。

もしヘルパンギーナの疑いがある場合は、すぐにお医者さんに診てもらいましょう。

ちなみに幼稚園児などを中心に流行しますが、
大人になってからもかかる可能性があります。

その場合は子供のときよりも症状が重い場合が多く、
絶対安静にするようにしましょう・・・。

なによりも、うつされないようにするのが一番肝心です。
ヘルパンギーナは飛沫感染するため、
流行りの時期には手洗いやうがいをこまめに行い、未然に防ぐようにしましょう。

そしてもしうつされてしまった場合はゆっくり休養をとり、
安静にするようにしましょう。

速攻性のある痛み止めがないため
痛みはつらいかもしれませんが、上記の対処法を試してみて、
可能な限り痛みを抑えてください。

病気自体はそんなに怖いものではありませんので、心配しないでくださいね。