ヒアルロン酸はお肌にとても良いということはよく耳にするのですが、
実はにも良いということはご存知ですか?
つまり、ヒアルロン酸は女性にとって美しくなるために一石二鳥の成分なのです。

今回はヒアルロン酸とはどのようなものか、その働きや年齢との関係性、
ヒアルロン酸の髪への効果について紹介していきます!

ヒアルロン酸とは?

ヒアルロン酸は、本来人の体内に存在する成分で、ムコ多糖類(ねばねばした物質)の1つです。
このムコ多糖類の中でもヒアルロン酸は特に保水力(水分を保持する能力)に
優れている物質で、とても多くの水分を蓄えることができると言われています。

保水力はヒアルロン酸自身の重量の6000倍ぐらい(1gで水6リットル)といわれています。
人の体の約60%は水分で構成されているので、
ヒアルロン酸がいかに私たちの体に必要でなくてはならない大切な存在であるかがわかると思います。

ヒアルロン酸の働きは?

  • 肌の保湿性や粘弾性の維持
  • 肌のシワやたるみの予防
  • 肌や関節軟骨機能維持
  • 老眼や眼精疲労の改善
  • 体内の細胞を活性化し、各種栄養素の運搬機能
  • 卵巣の働きを助け、生理痛の緩和や更年期障害の改善にも期待

ヒアルロン酸と年齢の関係性

ヒアルロン酸は年を重ねるにつれて減っていきます。
赤ちゃんのときは潤っていた肌も、年を重ねるにつれて
体内のヒアルロン酸の量が少なくなっていきます。

ヒアルロン酸は赤ちゃんのときが最も多く、20代まではあまり影響はないのですが、
30代から急激に減り始め、40代では赤ちゃんのときと比べると約半分の50%ぐらいまで減り、
60代になるとヒアルロン酸の量はさらに減ってしまい
赤ちゃんのときと比べると約4分の1の25%ぐらいまで減ってしまいます。

このように年を重ねることによるヒアルロン酸の減少は、
肌の潤いを著しく低下させるだけではなく、
肌のハリも低下させてしまい乾燥肌シワ・シミの原因になってしまうのです。

肌以外にも体のいろいろな器官で水分調整ができなくなって老化現象が始まり、
関節痛動脈硬化といった病気を引き起こしやすくなってしまいます。

ヒアルロン酸は髪にも効果的なの?

ヒアルロン酸は一般的に美しい肌をつくるために必要な成分として知られているのですが、
実は髪の「保水力」にも効果があります。

髪は、肌と一緒で外部から受けるダメージはもちろん、
ストレスからもダメージを受けてしまいます。
どんなに毎日髪を丁寧に扱っていたとしても、
一度痛んでしまった髪はなかなか修復することができません。

特に水分不足で髪の内部がスカスカになってしまっている場合、
どんなに保湿をしても吸収されません。

ヒアルロン酸は、人間の体の結合組織に存在し、たんぱく質と一体化されることで
細胞同士の間にできた隙間を埋めてくれる働きをしてくれます。
よって、どんなにスカスカになっている髪でもしっかりと隙間に入りこんで
髪のたんぱく質と結合し、潤いを保つことができるのです。

ですから、ヒアルロン酸入りの髪の美容液を使えば、すぐには効果は実感できなくても
少しずつ髪の芯がしっかりしてきて丈夫な手触りを実感できるようになってくると思います。

また、美容液以外でも飲料タイプのヒアルロン酸サプリ
美容整形外科でのヒアルロン酸注射など直接体内に摂取できるものを取り入れれば、
肌のキメはキレイに整い、髪にはツヤができて体全身の潤いを持続させることが期待できるのです。

やはりサプリメントが値段も始めやすさも手軽ですよね(*^^*)

ヒアルロン酸の効果についてはこちらの記事もご参考に!

ヒアルロン酸の効果UPさせるための方法は?

ヒアルロン酸は、コラーゲンエラスチンと一緒に摂取することで、
さらに肌や髪を整える働きをします。

ヒアルロン酸の効果をきちんと発揮させるために、
ビタミンなどと一緒に摂ることも良いでしょう。

ビタミンCやビタミンB群と一緒に摂ることをおススメします。
特にビタミンB2は、ヒアルロン酸の持つ保水力を高めてくれる働きがあります。

この他にもヒアルロン酸の保水力を高め、長時間効果的に作用を働かせる成分として、
ムコ多糖類の仲間であるコンドロイチンなどと一緒に摂取すると良いでしょう。

ヒアルロン酸と一緒に摂ると効果的な成分

  • コラーゲン
  • ビタミンC
  • コンドロイチン
  • エラスチン
  • ビタミンB2
  • N-アセチルグルコサミン

まとめ

最後になりますが、ヒアルロン酸はお肌だけではなく美しく健康的な髪には欠かせない成分です。
水分をたくさん保持してくれるヒアルロン酸は、
美容効果がとても高いので、積極的に摂取するように心がけましょう。