寒い冬の季節になると、日常生活を送る上で何かとやっかいな
手のひびやあかぎれが気になる人は多いと思います。

赤く、ひび割れてしまった患部は、思わず目をそむけたくなるもの・・・
このひびとあかぎれの違いとは、いったい何なのでしょうか?

今回は、ひびとあかぎれの違い、ケアや予防法について紹介していきたいと思います!

<Sponsored Link>

ひびとあかぎれの違いはいったい何?

nif_111114001054

寒い冬は、乾燥やかゆみなどいろいろな肌トラブルに悩まされる人が多いと思います。
その中でも、日常生活に大きく関係してくる肌トラブルに「ひびあかぎれ」があります。

「ひびやあかぎれ」と一緒にして呼ばれることが多いように、
どちらも肌に亀裂の入った状態なのですが、
症状に応じて程度の軽い方を「ひび」重い方を「あかぎれ」と呼びます。

冬になると手足の乾燥がひどくなり、カサつく状態になっているのを感じる方も多いことでしょう。
このような状態をそのまま放置しておくと、
角質層の脂質や水分が奪われてしまい、肌表面の溝(みぞ)に沿って亀裂を生じることがあります。
これが「ひび」です。

このひびの状態がさらに悪化し、肌表面だけではなく
真皮層まで深く亀裂が生じてしまったものが「あかぎれ」です。
真皮層には血管があるので、亀裂部位から血がにじんで出てくることがあります。
肌が割れてしまい出血している状態は、見た目にも痛々しいと思います。

「ひびやあかぎれ」がやっかいなのは、見た目だけではないのです。
「ひび」が生じると肌が赤くただれてしまい、激しいかゆみを感じます。
そして、「あかぎれ」になってしまうと、ピリピリとした痛みを伴うこともあるのです。

日常生活においては、家事や洗顔のたびに患部に水がしみたり、
ちょっと指を動かしただけで傷口が開いてしまい出血するなど、
「ひび・あかぎれ」は本当に辛くやっかいな症状なのです。

ひびやあかぎれの予防と対処法

af9920056635m-001

辛くやっかいなひびやあかぎれは、どのような予防ケアをすればよいのでしょうか?

ひびやあかぎれなどの手荒れを予防するには、以下のように
手を乾燥や寒さから守る」ことが大切になってきます。

  • なるべく水仕事など外部からの刺激を受けないようにする
  • 洗い物などをする場合は、ぬるま湯で行う
  • 洗剤には直接触れないよう、ゴム手袋を使う
  • ゴム手袋の装着が困難なときは、なるべく刺激の少ない洗剤を薄めて使う
  • こまめにハンドクリームで保湿のケアをする
  • 寒さに対しては、外出するときには手袋を着用する

すでにできてしまったひびやあかぎれの対処法は?

ひびやあかぎれがすでにできてしまった場合のケアとしては、
上記の予防ケアに加えて、保護するケアが必要になってきます。

保護するケアとして、ハンドクリームで油分や水分を補うケア
血行促進に働くビタミンEを含む軟膏も効果的です。
ハンドクリームは保湿成分(尿素やグリセリン)を含むものがオススメです。

この時にあると良いのがワセリンです。

ワセリンは、ひび割れた患部を保護したり、油分で蓋をして
乾燥を防ぐことはできるのですが、水分を補う効果はないので、
使うときは保湿成分を含むハンドクリームとあわせて使うワセリン効果もあり、保湿力が上がります。

また、手を洗った後は柔らかいタオルできちんと水分を拭き取り、
こまめにハンドクリームを塗るなどしてケアを続けるようにしましょう。

ひびやあかぎれのワンランク上のケア方法とは?

今回は、ひびやあかぎれに効果抜群のケアとして、
徹底的にケアしたい場合のワンランク上のケア方法を紹介します。

どんなにひびやあかぎれがひどくなったとしても、
全く水仕事をしないというわけにはいかないと思います。
痛みを我慢してゴム手袋をはめ、水仕事をした経験のある方も多いのではないでしょうか。
ゴム手袋をはめての水仕事は、直接水や洗剤に触れることがないので、とても良い方法です。

ただし、毎日繰り返してゴム手袋をはめていると、
今度はゴムにかぶれることがあるのです。
そのような場合は、ゴム手袋の下に木綿など天然素材の手袋をはめると良いでしょう。

しっかりとハンドクリームなどでケアした手に木綿の手袋をはめて、
その上からゴム手袋をはめるという3段構えのケア方法です。

そして、夜寝るときにもハンドクリームなどできちんとケアした手に木綿の手袋をはめ、
外出するときにも同じようにケアをするようにしましょう。
木綿はちょうど良い通気性があり、そのうえちゃんと保温効果もあるので、
手の乾燥によるひびやあかぎれのケアには最高なのです。

また、このケア方法は外部からの刺激も手を保護してくれるので、
ささくれのケアにも効果的なのです。

まとめ

最後になりますが、上記の予防や対処のケア方法を日々の習慣にすることで、
「ひびやあかぎれ」はもちろん、いろいろな肌トラブルを防ぐことができるでしょう。

冬だから仕方ないと決してあきらめず、冬だからこそ
健康で美しい肌を維持することを目標にし、いつもの生活の中でできることを実践しましょう。

ぜひ参考にしてください!