飛蚊症は本当は何もないのに視界に虫や糸くずのような物が映り込む現象です。
飛蚊症はほとんどの場合病気ではありませんが、鬱陶しいのは確かです。

この飛蚊症を解消するのに効果的な物はないのでしょうか。
身体に良いと評判のアスタキサンチンプラセンタなどは
飛蚊症にも効果があるようなので具体的に調べてみました。

飛蚊症とは

2016-05-25b

飛蚊症は視野に存在しない影が映り込む症状で、
その原因はいくつかあるとされています。

多くの場合は病気とは関係しませんが、
時に網膜剥離網膜裂孔炎症出血などの
病気の症状の一端である事もあり、
症状が酷かったり続くようなら病院で診てもらった方が良いでしょう。

病気ではない場合の原因は目の中の硝子体と呼ばれる液状の組織にあります。
この組織が劣化して来ると液体部分が縮小してしまい組織の中に空洞が生まれる事があるのです。

また、新陳代謝が上手くいっていないと
剥がれた組織がこの硝子体の中を漂うようになる場合があり、
そのどちらでもそこに影が映り込む事になってしまいます。

そのような状態が飛蚊症の原因となるのです。
この硝子体はゼリーのようなドロリとした液状なので、
寝ている時には異物は拡散して
起き上がると重力に従って下に沈殿して行くので朝に影が多く見えて、
立って動く時間にはあまり見えなくなったりする事が多いとされています。

飛蚊症の原因と効果的な栄養素など

前述した通り飛蚊症の原因の多くは組織の劣化によるものです。
つまり老化ストレス疲労寝不足栄養不足などがその根源にあるのです。
中でも最も身体の老化に影響を及ぼしているのが酸化だと言われています。

身体の中が酸性に偏る事で細胞が劣化するのです。
それが目の硝子体に起こる事で飛蚊症となる訳です。

飛蚊症を改善するには抗酸化物質を摂取するのが良いとされています。
そんな抗酸化物質の中でも最近特に注目されているのがアスタキサンチンです。

アスタキサンチンとは自然の中に存在する赤い色素の成分で、
本来は海に生える藻の仲間が生成する物質ですが、
これを大量に摂取する生物がサケエビカニなどとされています。

これらの生物の赤い色素の元がこのアスタキサンチンなのです。
アスタキサンチンは特にに効果があるとされていて、
飛蚊症に対しての効果が期待される物質なのです。

食事からのみではなく、アスタキサンチン配合のサプリでも気軽に摂取できますよ(*^^*)
こちらは目の疲れやピント調整もにも役立ちます。

こちらの記事でもアスタキサンチンについて詳しく説明しています。

他に飛蚊症に良い成分は?

強力な抗酸化効果を持つ物質として注目されている物にプラセンタがあります。

プラセンタとは胎盤の事で、赤ちゃんを育む為の苗床となる臓器です。

胎盤は胎児を育む為の高性能な臓器であり、そこの含まれている栄養素も豊富で、
動物が赤ちゃんを産み落とした後に胎盤を食べるのは
出産後の衰弱から回復する為だとも言われているぐらいです。

摂取する事で細胞を活性化させ新陳代謝を活発にし、
強力な抗酸化効果をもたらすとされているのです。

そんな高性能な素材なのでプラセンタは医療用などに利用されていますが、
同時に様々な問題を持っています。

人間由来のプラセンタは医療用のみで一般には販売する事が出来ず、
厳重に管理されています。
それは感染症の危険が大きいからです。

また、一般に利用されていた物で牛由来のプラセンタは
狂牛病問題が発生して以来禁止となり、
現在は豚由来のプラセンタが主流となっているようです。

その他に植物の胚を利用した植物由来のプラセンタという物もあるようです。
これらは老化防止に強力な効果を持つとされ、
当然組織の劣化が原因である飛蚊症にも大きな効果が期待されます。

毎日の中で行える飛蚊症対策

2016-05-25c

毎日の生活の中で発生する飛蚊症の原因として
一番の問題なのが効果的な睡眠が取れていないのではないか?という事です。

人間は寝ている間に最も活発に新陳代謝を行います。
特に22時から午前2時の間に良質な睡眠を取る事が大切と言われています。

更に大切なのが身体を冷やさない事です。
身体の中のあらゆる活動は血流などの体液の流れによって行われています。

身体が冷えるとこの血流の流れが滞り、
身体のメンテナンスが上手くいかなくなってしまいます。

この睡眠と血流の両方を良い状態にするのが寝る前の入浴です。
寝る前に身体を暖めておくと、体温がゆっくりと下がって身体は眠る準備を始めます。

これが理想的な睡眠導入の状態です。
更に特に気になる部分である目を温めておく事で
血流を良くして目の組織の新陳代謝を活発にしておくのも良いですね。

何かと鬱陶しい飛蚊症ですが、
これを身体が衰えているサインと捉えて健康な身体作りのチャンスに変えて行きましょう。