不眠に悩んでいる人は多いと思うのですが、冷え性が不眠の原因になってしまうことは知っていますか?
実は、冷え性による手や足の冷たさが眠気を妨げてしまい、その結果不眠になってしまうようなのです。

ここでは冷え性と不眠の関係性、そして冷え性を改善するための方法として
食べ物による対策について詳しく紹介していきます!

<Sponsored Link>

冷え性と不眠の関係性とは?

duNr9PFIBSwbau0DupJqVOPXInfoLvhB

冷え性で悩んでいる人の中には、手や足が冷えてしまい寝付きが悪くなり
不眠になっている人や手足の冷えで夜中に目が覚めて起きてしまい不眠という人もいると思います。

いつも血行が良い人は、手足の体温は眠くなるにつれて高くなり、
体の深部の体温は内臓機能などが休息状態になるにつれて低くなっていきます。
しかしながら、冷え性の人は血行が悪くなってしまっているので、
心臓から遠くに位置する手や足の体温が下がりやすくなってしまうのです。

よって、身体は体温を少しでも高く維持しようと働き、
身体本来のいろいろな機能が覚醒した状態となってしまうので、
寝ようとしてもリラックスできず、寝付きが悪くなり不眠になってしまうのです。

冷え性による血行の悪い状態が長い間続いてしまうと、
低体温状態になってしまうこともあります。
低体温は不眠などいろいろな病気の原因になるとも言われているので、気を付けるようにしましょう。

また、冷え性と不眠には、女性特有のホルモンバランスの乱れとも関係があります。
精神的なストレスや妊娠、生理などの影響によって
女性ホルモンのバランスが崩れてしまうと、体温調節を行う自律神経にも悪い影響を与えてしまいます。
自律神経が乱れることで血行も悪くなり、冷えもより悪くなってしまうので、
さらに不眠になってしまうのです。

身体が冷えて不眠になる、そして体力が低下してホルモンバランスが乱れる、
その影響で自律神経が乱れてしまいさらに冷えが悪化して
不眠になるという悪循環に陥る恐れもあるのです。
この悪循環が続くと、何か他の深刻な病気を患ってしまう恐れもあるので、
まずは身体を温めることを意識するようにしましょう。

例えば、夕食のメニュー、入浴方法を工夫するとともに、
寝室の環境やパジャマを見直すことをおススメします。

冷え性を改善するための食べ物による対策とは?

冷え性を改善するためにはまず体を温めて血行を良くすることは欠かせないのですが、
体を温める上で効果的なのが食べ物です。

食べ物には、体を冷やす食べ物と温める食べ物があります。
体を温めるためには体の中から温めることもとても効果があるのです。
食べ物で体の冷えを改善するためには、まずどの食べ物が冷えに良いのかをきちんと理解することが大切です。

調理や食事をするたびに、どの食べ物が体を温めるのかを調べるのは大変だと思いますし、
面倒なことはやはり続かないので、まずは簡単に判断ができるポイントを覚えておくことをおススメします。

体を温める食べ物かどうか最もわかりやすいポイントとして、色や匂いです。
色で言うと、赤や黒の食べ物が体を温める食べ物だと言われています。

例えば、野菜の場合はにんじんやかぼちゃなど、
肉類で言うと赤身の肉が体を温める食べ物です。

また、にんにくやしょうがなど匂いの強い食べ物も体を温める効果があります。

生姜紅茶などでしたら飲みやすくオススメです。

色や匂い以外では、硬さも判断するポイントになります。
調理してない状態で硬い食べ物は、体を冷えから守ってくれます。
例えば、くるみやアーモンドなどの木の実です。

また、産地で判断するのも分かりやすいと言えます。
例えば、寒い土地で取れる食べ物には体を温める効果があり、
逆に暑い土地で取れる食べ物には体を冷やす効果があります。
りんごなどは寒い土地で取れる果物なので体を温める効果があり、
南国の果物であるキウイやパイナップルには体を冷やす効果があります。

そして、もう1つ覚えておきたいことがビタミンEという栄養素です。
ビタミンEは冷え性対策にも効果的なのですが、病気の予防にも効果があるようです。
動脈硬化などの血管の病気や心臓の病気を予防する効果があるので、
体を温める食べ物と一緒に積極的に摂取するようにしましょう。

まとめ

最後になりますが、冷え性は不眠につながり、不眠によって体力が低下して
ホルモンバランスが乱れ、その影響で自律神経が乱れてしまい、
さらに冷えが悪化して不眠になるという悪循環に陥ってしまうようです。

ですから、ここで紹介した体を温める食べ物のポイントを頭の中に入れておき、
積極的に食べるようにして冷え性の改善にぜひ役立ててください。
冷えは万病の元と言われているので、なるべく早く改善するようにしましょう。