あなたは、食事の後にコーヒーを飲んでいませんか?
食事の後のコーヒーは、落ち着きますしとてもおいしいものですよね。

しかし、そのコーヒーが貧血の原因になってしまうことがあるようなので、
貧血気味の人は気を付けなくてはいけないのです。

今回は貧血とコーヒーの関係性と貧血とはどのようなものなのかなどについて詳しく紹介していきます!

<Sponsored Link>

貧血とコーヒーの関係性

2015-03-12-02b

貧血は、コーヒーが鉄の吸収を妨げることによって起こってしまうことがあるようです。

外食して食後にコーヒーが出てくる店は多いですし、家でも食事のあと
ゆっくりコーヒーを飲むという人はたくさんいると思います。
実は、この食事の後のコーヒーが鉄の吸収を妨げてしまっているのです。

コーヒーにはカフェインが含まれていることが有名なのですが、
カフェイン以外にコーヒーにはタンニンという成分が含まれています。
このタンニンというのは、貧血の大敵なのです。
タンニンは、鉄イオンと結び付くことで難溶性の物質に変化するので、
鉄の吸収を妨げてしまうことがあるのです。

食事をしてせっかく摂取した鉄がコーヒーを飲んでしまうことで
タンニンと結びついてしまい、体には吸収されないなんて本当にもったいないと思いませんか?

したがって、貧血気味の方は、食事の後30分はコーヒーを飲まないようにすることをおススメします。

また、紅茶緑茶にもタンニンは含まれているので、貧血気味の方は注意してください。

貧血とは?

貧血というのは、ほとんどの場合が「鉄欠乏性貧血」と言われているものでで、
名前の通り体の中で鉄が不足してしまうことで起こります。
貧血の症状としては、立ちくらみ息切れなど頭痛も貧血によって起こる症状です。

鉄が不足するというのは特に女性に多く見られ、生理妊娠中
授乳中はさらに鉄が不足しまうので注意しなくてはいけません。

鉄は、血液の赤血球の中の「ヘモグロビン」の生成に必要不可欠なもので、
全身へ酸素を運ぶ働きをしています。
なので、鉄が不足してしまうとへモグロビンが生成されなくなり、
酸素が運ばれる量が減ってしまうので、
体は酸欠状態になり立ちくらみや息切れなど不快な症状があらわれるのです。

体が酸欠状態になってしまうと、少し体を動かしただけで息切れや動悸がしたり、疲れやだるさを感じます。


鉄とは?

2015-03-12-02c

人間の体の中には3~4gがあるとされています。
ヘモグロビンの中に半分以上の鉄があり、残りは肝臓や筋肉組織などに溜められています。
鉄というのは、尿髪の毛などに1日約1㎎ずつ使われて体の外へと排出されていきます。

よって、自然に失われていく1mgの鉄を毎日補給することが目安になるのですが、
人間の体は食べ物から摂取した鉄の10%ぐらいしか吸収することができないのです。
ですから、毎日の目安として男性の場合は10mg、女性の場合は12mgを摂取するようにしましょう。

女性の場合は生理など鉄が排出される量がいつもより多い場合は、
さらに多くの鉄を摂る必要があるのです。
ですから、貧血気味という女性は、普段から積極的に鉄の多い食べ物を食べるようにして、
鉄が不足しないようにすることが重要になります。

貧血に良い鉄を豊富に含んでいる食べ物とは?

貧血の中でも多いと言われている「鉄欠乏性貧血」を予防・改善するために
鉄分がたくさん含まれている食べ物について紹介します。

また、貧血は「鉄欠乏性貧血」以外にも何か病気が原因であったり、
他にいろいろな要因が混ざり合って起こっている場合もあります。
この場合はどれだけ鉄を摂取したとしても貧血は改善されず、
病気が原因の場合は逆効果になる恐れがあるので、
貧血があまりにもひどく長引くという人は一度病院へ行くことをおススメします。

レバー

レバーというのは、鉄をたくさん含んでいることでとても有名な食べ物ではないでしょうか?

野菜に含まれている鉄の吸収率は5%ぐらいなのですが、
肉類では15~30%ととても吸収率がよいのです。
(野菜に含まれている鉄も動物性タンパク質など鉄の吸収を
助けてくれる栄養と一緒に摂取すれば吸収率は高くなります)

肉類は比較的鉄をたくさん含んでいるのですが、中でも特にレバーには多く含まれていて、
牛のレバーは100g中4mg、鶏のレバーは100g中9mg
豚のレバーは100g中13mgの鉄が含まれているのです。

しかしながら、レバーはコレステロールが多いので、高血圧動脈硬化などある方は
摂りすぎには注意するようにしましょう。

ホウレンソウ

ホウレンソウは鉄がたくさん含まれている野菜として有名ではないでしょうか?

しかし、上で紹介したように、野菜に含まれている鉄の吸収率はあまり良くないのです。
ですから、野菜に含まれている鉄を効率よく摂取するためには、
レバーや肉類と一緒に調理して食べることをおススメします。

サプリ

食事から鉄分の摂取が難しい場合はサプリで補うこともできます。

毎日2粒飲めばいいだけなので負担なく続けられますね。

まとめ

最後になりますが、貧血とコーヒーは関係しているようなので、
食事をした後の30分はコーヒーは飲まないようにしましょう。

そして、貧血の多くは鉄が不足してしまう「鉄欠乏性貧血」が多いようなので、
特に女性の方は普段から積極的に鉄が多く含まれている食べ物を食べるように心がけましょう。