ほうれい線が片方だけ目立ってしまう・・・
こんな悩みを抱えている方は意外に多いのではないでしょうか?

ほうれい線が片側だけ目立ってしまう原因は、
日々の生活の中での癖や噛み合わせにあるようなのです。

ここではほうれい線が片側だけ目立つ原因、
そしてほうれい線を体の内側から予防するための食事について詳しく紹介していきます!

<Sponsored Link>

ほうれい線が片側だけ目立ってしまう原因とは?

lgf01a201401200900

ほうれい線片側だけ目立ってしまう原因は、
生活習慣の中で無意識にしている体の癖と噛み合わせです。

人間の顔は、本来左右が少しアンバランスなもので、
完璧に左右対称ということはないのですが、極端にアンバランスになってしまうと、
顔の筋力も左右で大きく変わってきてしまうので、
顔が歪んで片側だけほうれい線ができてしまうのです。

この左右がアンバランスになる原因の1つとして、姿勢があります。
姿勢が悪く、いつも同じ脚に体重がかかっている人は骨盤が歪んでしまうので、
顔の筋力も左右均等ではなくなってしまうのです。

そして、このような人は座ったときにも頬杖をつく癖のある人が多いようです。
頬杖は、顔の筋肉の片側だけに強く圧力がかかるので、
これも顔の筋肉が左右均等ではなくなってしまう原因になるのです。

また、寝ているときの姿勢でも同じことが言えます。
仰向けで寝ている場合には問題ないのですが、
どちらか片方を下にして横向きで寝ている場合は、
頬杖と同じような状態
になってしまうのです。

ですから、ほうれい線が片側だけ目立つという方は、
一度自分の立っているときや寝ているときの姿勢を見直し、
頬杖はやめるようにしましょう。

さらに、歯の噛み合わせが問題で片側だけほうれい線が目立ってしまうこともあるようです。
噛み合わせというのは、体全体のバランスを整えるためにとても大事なもので、
噛み合わせが狂ってしまっていると、正しい姿勢で立つことができなくなって体が歪んでしまうのです。

また、虫歯があったりするとつい片側だけで噛んでしまう癖がついてしまいます。
虫歯の場合は意識的に片側ばかりで噛んでしまうので、虫歯が治ればその癖が直るでしょう。

しかし、噛み合わせが問題の場合には、無意識のうちに噛みやすいほうで噛む癖
がついてしまっているので、自分では気がつかないうちに
あごや口の周りの筋肉がアンバランスになってしまい、
ほうれい線が片側だけ目立ってしまうことになります。

歯のかみ合わせは自分ではどうすることもできないので、
ほうれい線が片側だけ目立ってきたと感じるようであれば、
歯科へ行って診察してもらうことをおススメします。

ほうれい線を予防するための食事とは?

Model with beautiful hair

ほうれい線を予防するためには、外側からだけではなく
やはり体の内側からの予防も大事になってくるので、
食事の内容にも気を付けるようにしましょう。

では、いったいどのような食事がほうれい線の予防になるのでしょうか?

ほうれい線を予防するための食事として、
肌のターンオーバーを健康的にする食事を心がけるようにしましょう。

ほうれい線は肌のハリが失われてしまい、たるみ、
しわになってしまうことが原因なので、肌をいつまでも若く美しく保つには、
ターンオーバーが正常に行われることが大切なのです。

栄養バランスの良い食事が肌を若く美しく保つ食事なのでが、
特に積極的に摂りたい栄養素を紹介します。

ビタミンB群

ビタミンB群は、脂質や糖質、たんぱく質の代謝に関与します。
特にたんぱく質の代謝では、アミノ酸に分解し、このアミノ酸は肌にハリやつやを作り出す、
コラーゲンとエラスチンの原料となるので、皮膚を若く美しく保つためには欠かせない栄養素なのです。

ビタミンB群を多く含む食品は、乳製品、卵、肉類、魚介類、大豆などです。

ビタミンC

ビタミンCは、コラーゲンを合成するために必要なビタミンです。
抗酸化作用もあるので、肌に発生した活性酸素を取り除いてくれるのです。
また、美白効果もあります。ビタミンCは体の中に蓄積されないので、
毎日欠かさず摂取することがポイントになってきます。

ビタミンCを多く含む食品は、アセロラ、グアバなどの果物、
キャベツ、ジャガイモなどの野菜、緑茶などです。

必須脂肪酸

必須脂肪酸は肌に潤いやハリを与えて、肌の乾燥を防いでくれます
脂肪の中でも、必須脂肪酸は体の中では作ることができないので、
食品から摂らなくてはいけないのです。

必須脂肪酸が不足してしまうと、皮膚炎などを起こしたり、
体力低下、不妊、免疫力低下、アレルギー症状、発育障害も起こしてしまいます。
脂質抜きのダイエットなどをしていると、この必須脂肪酸が不足してしまうのでますので要注意なのです。

n-6系(リノール酸、γーリノレン酸など)と
n―3系(EPA,DHA、α―リノレン酸など)を
4:1の割合で摂取することが理想と言われています。

必須脂肪酸を多く含む食品は、植物油、魚介類、ナッツ類などです。

オイルブームな今、えごま油なども必須脂肪酸が豊富に含まれています。

えごま油は熱に弱い為、お椀に入れたお味噌汁に
少さじ加えるだけで十分なEPA,DHA、α―リノレン酸などを摂取できるのでオススメです。

まとめ

最後になりますが、ほうれい線が片側だけ目立ってしまう原因は
無意識にしている頬杖や噛み合わせにあるようです。
ですから、意識的にこのような癖を直すことでほうれい線はできにくくなるでしょう。

また、ほうれい線は体の内側から予防することも大切になってくるので、
ここで紹介した食品を積極的に食べて肌をいつまでも若く美しく保つようにしましょう。