いつも笑顔の女性はとても素敵ですよね 。
でも、そんな素敵な女性にしてくれる笑顔が笑い方次第で、
ほうれい線ができてしまう原因になるようのです。

では、ほうれい線を予防する笑い方とは、どんな笑い方なのでしょうか?

ここではほうれい線を予防する笑い方、
そしてほうれい線ができやすい人はどんな人なのかについて詳しく紹介していきます!

<Sponsored Link>

ほうれい線を予防する笑い方はどんな笑い方?

8431592119_845c24a776

ほうれい線ができにくい笑い方は、ズバリ上品な笑い方です。

「おほほ」と上品な笑い方を心がけていてほうれい線といえば、
口のまわりにカタカナのハの字のようにできるシワのことを言うのですが、
笑いジワとして笑ったときにできるシワでもあるのです。

そんなほうれい線なのですが、笑い方によってもシワが深くなりやすい、
なりにくいということがあるようです。

面白いときなどはお腹から思いっきり笑いたいと思うのですが、
これからは笑い方にも気を付けて、ほうれい線を予防してみませんか?

「ほうれい線ができやすい」、「シワが深くなりやすい」という笑い方は、
いわゆる下品な笑い方なのです。
口を大きく開けて、「あはは」と笑う笑い方です。

見た目はとても楽しく笑っているような印象を与えて、
心の底から笑っているように見える笑い方なのですが、
一度鏡を見ながら「あはは」と思いっきり笑ってみてください。
ほうれい線ができるところにシワができていると思います。

つまり、シワができやすい「あはは」という笑い方を続けていれば、
その分ほうれい線としてシワが深くなりやすい
ということなのです。

そこで、ほうれい線が深くなりにくい笑い方というのが、上品な笑い方なのです。

テレビに出ている女優さんなどを見ていてもわかると思うのですが、
口を大きく思いっきり開けて笑っている姿はあまり見ないですよね?

少し微笑む感じで「おほほ」という感じの笑い方ではないですか?

一度鏡を見ながら「おほほ」と笑ってみてください。
「あはは」と笑ったときとは違って、口のまわりにシワができていないことがわかるかと思います。
よって、この「おほほ」という笑い方であれば、ほうれい線ができにくい、
つまり予防することができる笑い方
と言えるのです。

さすがにいきなり笑い方を変えるには抵抗があると思うので、
慣れるまではあまり笑った感じがしないかもしれません。
しかし、笑い方を意識することでほうれい線を予防することができるので、
ぜひこれを機会に、自分の笑い方も見直してみてはいかがでしょうか?

ほうれい線ができやすい人はどんな人?

ほうれい線は痩せている人よりも、ぽっちゃりとしている人の方が
目立ちにくい一度できてしまうとなかなか消えないやっかいなシワなのですが、
実はほうれい線が「できやすい人」と「できにくい人」がいることをいうことを知っていますか?

もちろん、自分がほうれい線ができやすい人だからといって決して諦めてはいけません。

まずは、ほうれい線ができやすい人というのはどんな人なのか・・・
これをきちんと理解しておくことが重要なのです。

このほうれい線ができやすい人というのは、「乾燥肌」の人に多く見られます。
乾燥肌の場合、ほうれい線だけではなく、他のシワもできやすくなってしまうのです。
乾燥肌の人は特に水分や油分のバランスに気をつけなくてはいけないのです。

また、生まれつきの「骨格」や「筋肉」のつき方によっても、
ほうれい線ができやすい人もいます。
さすがに骨格は生まれつきのものなので、改善することは難しいと思うのですが、
筋肉はきちんと鍛えることで頬のたるみを抑えることができるので、
ほうれい線をできにくく、そして目立ちにくくすることはできるのです。

ちなみに、体系によってもほうれい線ができやすい人、
できにくい人に分けることができます。
やはり痩せている人の方が、どうしてもほうれい線やシワが目立ちやすくなります

逆にぽっちゃりとしている人は、脂肪の分だけ肌の内側から張っているように見えます。
当たり前のことなのですが、ぽっちゃりとしている人でも年を重ねるにつれて、
頬の肉などが重力に逆らえずに垂れてしまいほうれい線が
目立つようになってしまうこともあるので気をつけましょう。

まとめ

最後になりますが、ほうれい線は笑い方を少し気をつけて意識するだけで
予防することができるので、ぜひこの機会に一度自分自身の笑い方を見直してみてはいかがでしょうか?

先日、れんげを使ったほうれい線の消し方が紹介されていました。

柄の部分でほうれい線をクルクルとなぞるだけで薄くなるとのことでした。
すごく簡単なので一度試してみるといいですよ。

また、ほうれい線ができやすい人というのは「乾燥肌」の人なので、
毎日の保湿ケアをきちんとしていつまでも若く美しく過ごすように心がけましょう。