実年齢より老けてみられることで、悩んでいたりしませんか?
老け顔であることを気にして、どうにか改善させようと努力をしているという方もいるでしょう。

しかし、老け顔にならないように美顔器を使って
日々頑張っているという人もいると思うのですが、
美顔器が老け顔の原因になっている可能性があることを知っていましたか?

今回は、美顔器を使うとなぜ老け顔になってしまうのかということや、
老けない美顔器の使い方について紹介していきたいと思います。

美顔ローラーを使いすぎると老け顔になる?

美顔ローラーというのは、リンパの流れを良くすることによって、
小顔効果リフトアップ効果が期待できるものですが、
使いすぎるとハリや弾力が失われることになってしまいます。

使いすぎると、コラーゲンエラスチン繊維が乱れます
これらは、肌のハリや弾力のもとになっているものなので、壊れることによって、
肌がたるんでしまったり、シワができやすくなってしまったりして、老け顔になってしまうのです。

しかも、これらの繊維はいったん伸びてしまうと、元に戻すのはなかなか難しいです。

また、それだけでなく、肌のバリア機能まで壊してしまう可能性もあるので、
老け顔になってしまうだけでなく、ニキビ肌荒れの原因にもなるのです。

老け顔防止にはイオン導入タイプの美顔器がオススメ

美顔器の中でも、老け顔防止に効果が期待できるのがイオン導入タイプの美顔器です。
このタイプの美顔器は、ビタミンC誘導体を角質の奥まで届けてくれるので、
肌のターンオーバー促進して、老け顔改善に効果があるとされています。

また、超音波機能も付いている美顔器を使うことで、たるみを予防したり、
緩みかけている筋肉を引き締めたりする効果が期待できます。

このタイプの美顔器の使い方は簡単で、化粧水や美容液を美顔器に付けて、
顔の下から上に肌を引き上げるように使うだけです。

10分程度のお手入れで済むので、手軽に老け顔対策をすることができます。

こちらの記事でも老け顔について詳しく説明しています。

老け顔になってしまう原因って何?

老け顔に見えてしまう原因は…

  • メイクによる乾燥
  • ホルモンバランスの乱れ
  • たばこ

他にもいろいろ原因はありますが、これらが代表的な原因です。

女性はメイクすることが多く、そのために肌が乾燥しがちになってしまいます。
乾燥した部分に化粧が入り込んでしまって、
シワを強調したりすることが老け顔に見える原因となってしまいます。

また、生理や出産によるホルモンバランスの乱れによって、
ストレスを感じたりすることも原因の1つとされています。

自分で気をつけることができる原因としては、たばこが挙げられます。
たばこを吸うと、体の中に活性酸素が増えてしまいます。
活性酸素というのは、酸素が酸化して錆びてしまったものです。
この活性酸素が増えると、肌のハリや弾力がなくなり、目尻や口周辺にシワができてきます。

また、たばこに含まれるニコチンが影響して、
目の下にクマもできやすくなるために顔が老けて見えるのです。

たばこの影響で老け顔になってしまうことについて、詳しく知りたい方は、
こちらをご覧ください。

エラが張っていたり、つり目だったりすると肌がたるみにくくて老けにくい

エラが張っていたり、つり目だったりする方は、顔が大きく見えたり、
キツく見えてしまうことで悩んでいたりすると思いますが、
実はそのような顔の方の方が老け顔になりにくいのです。

エラが張っている人というのは、年をとっても顔がたるみにくく
たるんだとしても、あごが細い人よりは目立ちにくいのです。

なぜかというと、エラが張っている方というのは、咀嚼筋が発達している方が多く、
その筋肉が支えになって、顔がたるみにくく、老けた感じに見えないのです。

また、つり目の方は、顔の皮膚がたるんできても
目尻が垂れ下がって見えにくいために、老け顔に見られにくいと言われています。

紫外線に強い肌だと老けにくい?

老け顔になりやすい人となりにくい人がいると思いますが、その違いは肌の質です。
肌の老化の原因は、紫外線による肌老化が大半を占めています。

そのため、紫外線に対して強い肌か弱い肌かによって、老け顔になりやすいかどうかがきまります。
一般的に、色白の人よりも色黒の人の方が、紫外線の影響を受けにくいと言われているので、
色黒の人の方が老け顔になりにくいと考えられています。

また、肌のバリア機能が低いという方も、活性酸素によるダメージを受けやすいので、
老け顔になりやすくなってしまいます。

老け顔を改善するための美顔グッズはあるの?

頬のたるみ二重あごほうれい線が目立つと老け顔に見られがちになってしまいますが、
そんな老け顔を改善するための美容グッズはあります。

例えば、揉まれるフェイスマスクです。

これは、フェイスマスクを付けるだけで、マッサージをしてもらっているような効果が得られるものです。
これを付けることによって、たるみやほうれい線、二重あごを改善することができます。

  • 本当に変わりました。輪郭も、今まで垂れていた頬の肉も全体的に上がったことがすごく嬉しいです。今までで、1番効果がありました。
  • マッサージをしなくても十分に小顔になりました。
  • これだけのモノで、私は最初の時から超音波美顔器くらい顔のたるみ上がりました!

実際に使ってみたという方は、リフトアップに効果を感じているようです。

これ以外の商品では、アユーラ ビカッサプレートというものがあります。

こちらは、この商品を顔の気になる部分に当てて、マッサージをすることで
顔の筋肉を鍛えて、たるみを落として老け顔を解消するというものです。


アユーラビカッサを使っているという方は、顔がすっきりしたり、顔がシャープになってきたりしているようです。

老け顔にならないようにするには寝方を治すといい?

老け顔を改善するためには、日頃から寝方に気をつけることが大切です。
寝ている間というのは、全身の筋肉が緩んでいるので、シワなどができやすいのです。

例えば、ほうれい線が目立つという方は、うつぶせ寝をしていたり、
二重あごが目立つ方は枕が高すぎたりする可能性があります。
そのため、顔のたるみを防ぐために、仰向け寝をしたり、
高さの合った枕を使って眠ったりすることが大事になってきます。

他には、表情筋を鍛えるということも、老け顔改善に繋がります。
表情筋は、口を大きく開いて発音するようにしたり、
笑顔を意識して作ったりすることで鍛えることができます。

日頃から意識的に表情筋を使ってみるのはどうでしょうか。

まとめ

  • 美顔ローラーを使いすぎると老け顔になる
  • 老け顔にならないためには、イオン導入式超音波式の美顔器を使うといい
  • 老け顔になる原因は、メイクストレスたばこである
  • エラが張っていたり、つり目だったりすると老けにくい
  • 紫外線の影響を受けやすい人は、シワができやすく老け顔になりやすい
  • 老け顔を解消するためには、寝方に気をつけたり、表情筋を鍛えたりするといい

今回は、このようなことについて紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。
老け顔に悩んでいるという方は、今回紹介した改善方法を試してみてください。