副鼻腔炎になって鼻が辛い!鼻の症状だけでなく他の症状も
この副鼻腔炎からなっているのかと思うことがありませんか?

蕁麻疹が出たり結膜炎のようにもなるのはどうしてなのでしょうか?
副鼻腔炎の原因を知れば対策ができるかもしれません。

鼻が詰まって寝つきも悪い・・・
そんな時はどうすれば楽に寝られるのでしょうか?

<Sponsored Link>

副鼻腔炎とはどんな病気でしょうか?

2016-07-23b

副鼻腔炎は鼻の中の副鼻腔が何らかの原因で細菌が入り、
炎症を起こして鼻詰まりや鼻汁などの症状を起こします。
副鼻腔は顔の広範囲に及ぶ箇所にある鼻の穴の中にある4つの空洞のことです。

急性副鼻腔炎と慢性副鼻腔炎があり、
風邪が長引いている程度で軽度で自然に治癒する場合や
放置していたために急性副鼻腔炎が慢性副鼻腔炎になり
膿状の鼻汁がたまった蓄膿症の症状になる場合もあります。

アレルギー性鼻炎や気管支喘息を併発しやすかったり、
慢性副鼻腔炎には非常に完治しにくい種類もあることもあります。

副鼻腔炎の他の病気が原因に?

副鼻腔炎の多くは風邪やインフルエンザなどのウイルスや細菌によって感染します。

急性副鼻腔炎の症状の進み方としては風邪になった場合に鼻の穴の粘膜が剥がれ、
その奥にある副鼻腔の入口が塞がれることで
副鼻腔内に圧力がかかり痛みになります。

そこに細菌感染をしてしまうとドロッとした鼻汁や発熱しさらに痛み始めます。

その時に4つの副鼻腔のうち目に近いところが炎症を起こすと
視覚異常になる場合があります。

慢性の副鼻腔炎は痛みはほとんどなく鼻が出る・詰まるなどの症状と
そのために、体がダルくなることがあり風邪との見分けがつきにくいです。

アレルギー性鼻炎の症状とも似ているために原因が細菌なのか
アレルギーなのかを病因で判断してもらうことが必要になります。

細菌の原因になるのが風邪・花粉症・ハウスダストや
虫歯からも起きると言われています。

慢性副鼻腔炎は放置すると鼻茸といわれる良性のポリープができることがあります。

軽症の間に抗生物質の服用や適した処置をしてもらうことで3ヶ月程度で治るようです。

目や蕁麻疹などの症状が出たら・・・

鼻の症状が出ていて目が痒いとか痛いということになる場合があります。
副鼻腔炎の原因が花粉か他の何かのアレルギーだった場合には
アレルギー性結膜炎かもしれません。

直接関係はしていませんが、
同じ原因から同時に症状が出ている場合があります。
目の症状は眼科で鼻の症状もあることを伝えて診察してもらうほうが治りが早いです。

また、目に不快な症状があっても目ではなく、
目に近い副鼻腔が炎症を起こしているために症状がでている場合もあります。
この場合は耳鼻科へ相談してください。

副鼻腔炎の時に蕁麻疹が出た場合、病巣感染による蕁麻疹かもしれません。
病巣感染による蕁麻疹は病巣にある細菌の毒素や
死んだ組織によって発症するもので皮膚が赤くなり痒みや腫れを伴います。

副鼻腔炎の他に風邪や虫歯などからも病巣感染により
蕁麻疹が出ることがあります。
病気の元が治れば悪化することなく自然治癒する場合がほとんどです。

寝ると鼻が喉に入ってきて寝苦しい時は・・・

鼻が大量に出て仰向けに寝るとそれが喉に落ちてきて苦しいということがあります。

そんな時はできるだけうつ伏せになって喉に落ちないようにするか、
布団の下にクッションなどを置いて椅子のようにして
すこし座った感じになって寝ると少しだけ楽になるかもしれません。

疲れが取れないかもしれませんが、全く眠れないよりはマシなので
鼻をかみすぎてさらに炎症を起こさないためにも薬が効くのを待つしかないようです。

副鼻腔炎の治療についての動画はこちら

まとめ

2016-07-23c

風邪やアレルギーなど他の病気によって起きる副鼻腔炎なので
日頃の予防がまずは大事になってきます。

そして、鼻が出ていたら鼻洗浄を早めにするなどして
長引かせないように注意してください。
原因となるアレルギーがある方は体調をよく観察してください。

私は引っ越しをした時に埃でなりました。
急激に埃のある時はマスクをして防いでください。
マスクは使い回しではなく、常に清潔なものを使いましょう。