ヒトメタニューモウイルスをご存知ですか?

最近毎年流行する感染症で、重症化する可能性もあります!
主に子どもが感染しやすいので、保育園や幼稚園にかよっているお子様は注意が必要です。

また、大人もかかりますのでしっかりと予防しましょう!
今日はヒトメタニューモウイルスについて、お話したいと思います。

<Sponsored Link>

ヒトメタニューモウイルスとは?

Child with cold
Child with cold

昔からいるウィルスで咳のひどい風邪として、
他の風邪と一緒にされていたのですが、
ここ数年でウィルス検査が簡単になったため、
ヒトメタニューモウイルスがわかり、原因がはっきりしました。

1歳~3歳くらいに多く発症し、大人も感染することがわかっています。
生後6ヶ月頃から感染し、2歳までに50%、10歳までには
おおよそ100%が感染すると言われています。

免疫ができないため、何度も感染する恐れがあります。
春に流行しやすく3月~6月がピークになっていますが、1年の間ではどの季節でも感染します。

どんな病気になるの?

  • 咳が続く
  • 熱が続く
  • 鼻水が出る

が主な症状で、咳がひどくなると喘息になることもあるので、注意が必要です。

熱も高熱が多く、38度~40度が5日前後続きます。
風邪の中でもひどい風邪、といったように感じるのが特徴です。
重症化することもあるので、高齢者や1歳未満の乳幼児は注意が必要です。

重症化すると呼吸困難になったり、脱水症状になったりするので
少しでもおかしいと感じたらすぐに受診するようにしましょう。


何科を受診したら良いの?

主に風邪の症状なので、最初は内科や小児科で診てもらいましょう。
もしも症状がひどい場合は、内科等を受診した後に
耳鼻科など専門科に診察を勧められますのできちんと受診しましょう。

耳鼻科に行くのはどんな場合?

ヒトメタニューモウイルスに感染する人の中でも耳鼻科を勧められる人がいます。
どのような症状になれば耳鼻科に行くことになるのでしょうか?

咳や熱があるヒトメタニューモウイルスですが初期症状から鼻水が挙げられます。
子どもの場合、特に鼻水がひどかったり、
咳がひどいと中耳炎や副鼻腔炎になることがあるので、
しっかりと様子を見てあげましょう。

  • 耳を痛がる
  • ひどい頭痛
  • 歯痛

など、症状があると中耳炎や副鼻腔炎の可能性があるので耳鼻科を受診しましょう。

子どもの場合、鼻水で寝苦しかったり、
しんどそうにしている時には耳鼻科で鼻水を吸ってくれますよ。

除菌方法や予防方法

感染力が強いヒトメタニューモウイルス。
感染しないためにもどのように予防したり除菌することが大切です。

【予防方法】

  • 感染者には密接には接触しないようにする
  • ウィルスがつきやすい場所は、小まめに消毒しましょう。
  • 手洗いうがいをしましょう。
  • タオル、食器の共用は控えましょう。
  • マスクをしましょう。

基本的には、人がたくさん触るドアノブや手すりなどは
しっかりと消毒用アルコールなどで除菌することが大切です。


参照:http://item.rakuten.co.jp/

また、食器やタオルを使いまわしすることも避けましょう。
後はしっかりと手洗いうがいやマスクを着用するといった予防で大丈夫です。

サージカルマスクのお求めはこちら

まとめ

2016-07-05c

ヒトメタニューモウイルスですが、
免疫がつかないことで
心配になるかもしれませんが、
ほとんどは安静にしていれば何事も無く
治るので過度に心配しないようにしましょう。
大人も感染するので、
一人が感染すると家族皆が感染する可能性があります。
手洗いうがいなど、予防をしっかりとして感染しないようにしましょう!