二日酔いになった時、頭痛や吐き気、
嘔吐の症状が出るのは分かりますが
肩こり腰痛が起きるのはなぜなのでしょうか。

それは、アルコールや一緒に食べる脂っこい物の摂り過ぎによって
肝臓や胃が疲労しているからなのだそうです。

楽しくお酒を飲んだ翌日も快適に過ごすために、
二日酔いの予防や対処法をご紹介していきます。

<Sponsored Link>

二日酔いはどうして起こるのか

まず始めに、なぜ二日酔いは起こるのかを知っていきましょう。

飲酒によって体内に入ったアルコールは、
アセトアルデヒドという物質に変わります。

このアセトアルデヒドが分解されずに残ってしまうと
頭痛や吐き気、体のだるさ、睡眠障害などの症状を引き起こします。

つまり、有害なアセトアルデヒドを残さないような飲み方をすれば
二日酔いになることはないのです。

そのために、は、お酒を飲んでから寝るまでの間にアルコールを
消化しきらなければいけません。

飲む前にアセトアルデヒドの分解を助けるドリンクや錠剤を飲んだり
空腹の状態で飲まずにチェイサーを利用したり、
しっかりと水分補給をしてから寝るなど
できる範囲で行うようにするだけで二日酔いを防ぐことができます。

こちらの動画も参考にしてください。


二日酔いで起こる肩こりや腰痛について

肩こりや腰痛が二日酔いの症状だということを知っている人は
あまりいないと思います。


そして、肩こりや腰痛を引き起こす二日酔いと
アセトアルデヒドで起こる二日酔いではその仕組みが少し違います。

肩こりや腰痛はお酒の飲み過ぎやお酒と一緒に食べた脂っこい食事による
血行不良と胃や肝臓・膵臓の疲労から来るものになります。

肩こりの場合、適量飲めば血行が促進されるアルコールを
多量に摂取したことで、逆に血行不良になってしまい
体が冷えることや寝ている間もほとんど動かないことから
筋肉が硬直して肩こりに繋がります。

一方腰痛は、アルコールを分解したりお酒を飲んでいる時に
食べる脂っこいものを消化するために胃や肝臓、膵臓に負担がかかり
疲れることで筋肉が硬直し、同時に腹筋も硬くなることから
腰に痛みが出てしまいます。


肩にも腰にも痛みがあるなら、
相当胃や肝臓に負担がかかっているということになりますね。

解消法は?

二日酔いでの肩こりや腰痛を防ぐには、
とにかく飲み過ぎないことが大切です。

ストレス発散に楽しく飲むのは良いことなのですが、
普段飲み過ぎてしまうという人はきちんとお酒の適量を
守って飲むように心掛けましょう。

また、お酒とセットで食べる物も脂っこいものは避けるようにして
ナッツ類やチーズ、珍味系のおつまみを選ぶようにしましょう。

これで、お酒やおつまみから得るカロリーを少なくできるので
肥満予防にもなり、体型の維持やダイエットをしている場合には
一石二鳥の効果を得ることができます。

もし、この肩こりや腰痛が一日で治まらないような
ひどい痛みがあるなら肝硬変や膵炎などの病気の可能性もあるので
体の健康のためにも飲み過ぎ・食べ過ぎに注意してください。

まとめ

2015-11-11c

私も何度か二日酔いを経験したことがありますが、
肩こりや腰痛だけでなく、全身に痛みやだるさがあり
とにかく気持ち悪くて一日中家に引きこもっていた苦い思い出が残っています。

それ以来、お酒の量に注意したり、飲み方を変えてみたり
絶対に二日酔いにならないように気を付けながら
以前のように楽しくお酒を味わうようになりました。

日本人はもともとお酒に弱い体質なので、
私だけでなくお酒が好きなほとんどの人が
この辛い二日酔いを経験していると思います。

お酒は、適量飲めば心臓病や脳梗塞などの
大きな病気を予防できますが飲み過ぎればただの毒にしかなりません。

お酒を飲んだ次の日に、
肩こりや腰痛といった痛みに襲われたなら
お酒との付き合い方を少し考えてみる必要があるのかもしれませんね。