朝起きたときにパジャマやシーツがびっしょりと濡れて
寝汗をかいていたという経験はないでしょうか?
冬の寝汗は夏場とはまた違う感じの寝汗・・・特に女性は気になる人も多いのではないでしょうか?

冬の寝汗で女性がかきやすい原因と対策について紹介していきます。

<Sponsored Link>

 寝汗とはいったい何?

2014-12-01a

寝汗とは、体温を調整をするための大切な機能であり、
ごく当たり前の生理現象であり、人間は夜寝ている間に
コップ1杯分の汗をかくと言われています。

また、風邪をひいてしまい高熱が出た時も熱が下がると共に同じく大量の汗をかきます。

この他の原因として、特に女性の寝汗の場合は、ホルモンバランスの乱れということがあります 。
女性は、生理や妊娠といった要因でホルモンバランスが変化しやすく、
どうしても寝汗をかきやすいのです。

ただし、大量の寝汗が続くとなるとやはり心配になると 思います。
汗をかく場所によってもいろいろな原因が考えられるのです。
首や上半身に寝汗をかくという人は、甲状腺に何かしらの異常が起きているかもしれません。
このような場合は、内分泌系の病院で診察してもらいましょう。


甲状腺ホルモンの働きの中に、体温調節という働きがあります。
甲状腺ホルモンのバランスが乱れることで、寝汗がひどくなったり
自律神経にも悪い影響が与えることもあります。
自律神経のバランスが乱れると、汗をかく中枢機能が過敏になり、
やはり寝汗の原因となってしまいます。

また、女性の下半身の寝汗の原因は、生理妊娠によるものが大半のようです。
こちらも汗の量が気になる場合は、婦人科へ行って相談してみましょう。
ストレスによる精神的なことから、自律神経失調症という
神経に支障が出るようなことが起こってしまった場合も、
ホルモンバランスに影響が出て、寝汗をかくことになります。

以上のことから、冬の寝汗がひどい原因は女性の場合、
ホルモンバランスとかなり密接な関係があると考えることができます。

冬場に寝汗がひどい女性は、病気が原因?

2014-12-01b

冬場に寝汗がひどくなりやすいのは、ホルモンバランスが乱れやすい女性特有のものなのです。
では、具体的にどのような原因によるものなのか代表的なものを3つ紹介していきます。

更年期

年齢的には個人差があるのですが、40代後半ぐらいから卵巣機能が終わりに近づき、
エストロゲンというホルモンが不足し始めます。
そのまま閉経に向かう女性も多いのですが、そのとき体内では
衰え始めた卵巣を再び活動させようという働きが生じるのです。

それによって脳が興奮状態になったりイライラしたり、情緒不安定になったりします。

また、自律神経にも悪い影響を与えるといったことになると、
発汗が多くなり寝汗の原因になってしまうのです。
このような女性の身体にとってホルモンバランスに
大きな変化を起こしてしまう症状を「更年期障害」と呼びます。

生理

女性で生理が始まる前は、黄体ホルモンというプロゲステロンの分泌量が増えます。
この時期を高温期と呼び、体温が普段よりも高くなるので寝汗をかきやすくなるのです。


しかしながら、寝汗の量が多く、それ以外の生理による症状
(眠気、下腹部痛、頭痛など)がほぼ決まった時期に出る場合は、
月経前症候群」の可能性があります。

このようなサプリで改善することもできるようです。

不安定な生理前からの症状を整えてくれるサプリメントです。
病院でも利用されているそうなので、効果に期待できそうですね。

それでも寝汗も含め、症状が毎回辛いようなことが続くようであれば、
婦人科や産婦人科へ行って診察してもらいましょう。
妊娠

妊娠中はどうしてもホルモンバランスが乱れやすくなるうえ、
身体的にも精神的にも変化が生じやすいのです。
特に妊娠初期の頃は基礎体温が上がり、寝汗もかきやすいのです。

体温が上がるのは、赤ちゃんを守るためのごく自然なことで、
安定期になれば寝汗の量も自然と減ってくるのでしょう。

妊娠後期になっても大量の寝汗をかくようであれば、
ごく稀に甲状腺異常を起こしている場合があるので
産婦人科へ行って必ず症状の報告と相談をしましょう。

冬場に寝汗がひどい女性の対策とは?

shutterstock_150643214

冬場の寝汗の原因が上記の場合、いったいどのような対策をすればよいのかを紹介していきます。

更年期の場合

更年期障害の場合、女性ホルモンが体内で不足気味になることが原因なので、
補うことで症状を和らげることができます。

この場合、サプリメント投薬漢方薬などが考えられるのですが、
過剰に摂取すると乳がんになるリスクもあるので、
必ず婦人科へ行って医師の指導のもと用法容量は守るようにしましょう。

生理の場合

自分自身の月経周期リズムをきちんと把握しておけば、
高温期もわかるので突然の寝汗に驚かずにすむと思います。
高温期を知るため、毎日毎朝決まった時間にちゃんと基礎体温を測って確認することをおススメします。

基礎体温計は薬局などに売られていますし、基礎体温は女性にとって
体調のバロメーターにもなります。
基礎体温計を枕元に置いておけば、毎朝測るのも忘れることもないでしょう。

妊娠の場合

気を付けなければいけないことは、寝汗が原因で体が冷えて風邪をひいてしまうことです。
寝汗を多くかいてしまったことを考えて、枕元に着替えタオルを置いておきましょう。
そして、脱水症状にも気を付けて水分補給を忘れないようにしましょう。

まとめ

最後になりますが、冬のひどい寝汗は女性の体調の変化を知らせていることもあります。

あまり気にしすぎるのも良くないのですが、一人で悩み続けていると
それが逆にストレスになることもあるので、気になる症状がある場合は、
早めに病院へ行って相談するようにしましょう。

何でもないとわかれば安心できますし、何が原因かわかればそれに越したことはないので。